Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

従来のプロデューサー陣が苦心惨憺して作ったとみられるアリアナ・グランデの新作「thank u, next」

アリアナ・グランデ、早くもニューアルバム「thank u, next」をリリース - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデのニューアルバム「thank u, next」が2月8日に発売されました。

アリアナ・グランデ、早くもニューアルバム「thank u, next」をリリース - Qu'en pensez-vous?

上記の記事からの続きで、アリアナ・グランデのニューアルバム「thank u, next」について補足したいと思います。

今回こうして新作「thank u, next」が出てみると、前作「sweetener」が『2000年代の音楽』だったのに対して、「thank u, next」がきちんと『2010年代の音楽』になっているように聴こえました。

あんなに好きだと言ったファレル・ウィリアムスプロデュースのアルバム「sweetener」を『2000年代の音楽』と呼んでしまうのも何ですが、以前も記事中で書いたように、かなりファレル・ウィリアムスの作り出すものが古典的になってきているのは隠しようが無くなってきている気はします。

ファレル・ウィリアムスって、メロディ重視で、何度も言いますが、涙が出るような、ハートがとろけるような名曲を作る人だと私は思ってます。このハートのとろけ具合といったら、どんな言葉で言い表していいかわからないほど。

今週末発売アリアナ・グランデのニューアルバムが出ます - Qu'en pensez-vous?

本当に、ファレル・ウィリアムスの曲って、私としては、いつも涙が出るくらい名曲ばかりだと思っているんですけど、でもよくよく考えてみると、もうファレルくらいの年代になってくるとその業界では年を取っている方で、音楽としてはかなり古典的は方なんじゃないかと最近は思い始めてます。

今週末発売アリアナ・グランデのニューアルバムが出ます - Qu'en pensez-vous?

 今回「thank u, next」は正真正銘の『2010年代の音楽』だし、現代の感覚で、2020年代の音楽の先駆となるもののように思いました。

2014年くらいのことではなかったかと思いますが、
Iggy Azalea     Fancy ft.Charli XCX
という曲がありました。
私にとっては、この曲が音的にかなり革命的に聴こえたんですが、今回アリアナ・グランデ「thank u, next」中の「7rings」にも、それに匹敵するくらいの革命的なものを感じます。
サウンド面だけでなく、引用面でもそう思うことがあります。
「7rings」は、「サウンドオブミュージック」のうちの1曲の引用から始まっていますよね。

「7rings」は私が知る限りでは2パターンビデオがある模様で、オリジナルと、ニッキー・ミナージュが客演してるのがあるようですね。

アリアナ・グランデ、早くもニューアルバム「thank u, next」をリリース - Qu'en pensez-vous?

 最近洋楽シーンでは、有名な楽曲のサンプリングがかなりあからさまな曲が増えてきている気がしないでもないですけど、これも革命の内の出来事なのかと思ってますが不明です。
2018年にヒットしたJuice WRLDの「Lucid Dreams」なんて、本当に大丈夫なの?と思うくらいのサンプリングなんですけど、これ本当にOKというかこれで音楽として成り立つの?くらいに思いました。映画「レオン」のエンディングテーマ曲そっくりそのままであきれ返るレベル。事前に許可取ってるのだと思いますが、これからこういうサンプリングとパクリの区別すらつかない曲がどんどん増えてくるのかもしれません。
というわけで、アリアナ・グランデ「7rings」は、音楽史的に見て革命的な要素を幾つか含んでいると言えるのかもしれない、と少し思いました。

個人的に、「thank u, next」中、私が最も気に入った曲は「NASA」で、この曲ばかりリピート再生してました。
アルバム「thank u, next」は、Social HouseとかTBHitsとかのプロデュースが多いみたいです。彼らすごく良いです。私は好みです。
あとやはり数曲Max Martin&ILYAが書いてます。やはりMax Martin強いですね。(というか、世の中の曲、ほぼ全部Max Martinという悲劇!?)

この名前を聞くたびに本当に絶望的に感じる。というのは、マックス・マーティンプロデュースの音楽ばかり聴いてるという事実を突きつけられてしまうから。

マックス・マーティンの音楽とともに一生を過ごす - Qu'en pensez-vous?

 最終曲「break up with your girlfriend, i'm bored」はMax Martin&ILYAプロデュースと、ネット情報にありました。
TBHits、Max Martin&ILYA、Happy Perez&Andrew"Pop"が主に曲を作ってるみたいです。
ということは、前作「sweetener」からファレル・ウィリアムスを締め出した残りの面々によるプロデュースアルバムが「thank u, next」ということになりますね。

アリアナ・グランデのアルバム「thank u, next」、すごく良いと思います。やはり初期の頃より曲がずっと良くなっているし、未来的な雰囲気でまとまっていると思う。耳障りが良く聴きやすく、タイトでアーバンな雰囲気。イージーリスニングにも向いていると思います。

ただもし欠点があるとしたら、それはTygaのアルバム「Kyoto」とかでも思ったことなんだけれども、(歌詞はともかくとして)曲がものすごく綺麗にまとまり過ぎちゃって、なんとなく生命力を感じられないこと。同じことがアリアナ・グランデのアルバム「thank u, next」にも言えるかもしれないと思う。
綺麗にまとまり過ぎてしまって、遊びが無いというか人工的過ぎるというか、強いパンチとか強く伝わるようなものってどうなんだろうとは思った。
こういう人たちのライブってかなり人工的な感じなのかなと思ってしまう。
アリアナ・グランデ幕張メッセにライブで来た時、知人が行ったので、知人からライブの話は聞きましたが、人工的とは言ってはいなかった。

以前、ジョン・レジェンドのアルバム「Darkness and Light」についてプロの評論家の方が書いてる文をネットで見た時、「オーガニックでアーシー」と書いてありました。その通りと思って、『プロの人ってさすが上手に書くんだな~』と感心したことがありました。その、「オーガニックでアーシー」なものって、やっぱり曲のパワーとかハートが伝わるんだけれど、綺麗すぎる音楽って人工的過ぎて、聴き心地はすごく良いんだけど何か伝わるものが弱いのかも、っていうのはちょっと思いました。

映像と一緒に視聴しないと刺激が足りないというか、まずミュージックビデオでインパクトを与えられてそれから音楽、という順序で、人工的過ぎる音楽も考え物かもしれない、という気は少し芽生えました。すごく良いんですけどね。好きですよ、今回のアルバム「thank u, next」。なのに、何か(それが何かがわからない)が足りないような気がしないでもない、とりあえず映像はマスト、という不思議なアルバム。

アリアナ・グランデ、早くもニューアルバム「thank u, next」をリリース - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ、タイガ、セレーナ・ゴメスMVが同じ住宅建築を使用し撮影されている~フィリップ・ジョンソン風建築~ - Qu'en pensez-vous?

新曲ラッシュのアリアナ・グランデ、曲がどんどん良くなっている - Qu'en pensez-vous?

〈引退回避を願う〉アリアナ・グランデの行く末を案じながら聴く何気ない3曲 - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデに再び衝撃的な悲報がもたらされる - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ「get well soon」の作曲者本人(ファレル・ウィリアムス)が歌うバージョンが聴きたい - Qu'en pensez-vous?

実力派歌姫アリアナ・グランデが試みるラップ「the light is coming」 - Qu'en pensez-vous?

今週末発売アリアナ・グランデのニューアルバムが出ます - Qu'en pensez-vous?