Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

スタートレック全シリーズの中から好きなキャラクター10選

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選

ちょっと書きたい話題は幾つかあるのだけど、書くのに少し時間がかかりそうなので、はてなブログの方から書き易そうなお題が出ていたので、それなら10分くらいの作業で素早く記事が挙がりそうと思ったので、そちらをちょっと書いてとりあえずの更新にしておこうかと思います。

前々回くらいから、スタートレックの話を書いているので、引き続きスタートレックについてならすごく自分で書き易いことが分かったので調子に乗ってまた書きます。

はてなブログの方のお題が10上げろってことなので、スタートレック全シリーズのキャラクターの中から個人的に好きなキャラクターを10名、コメントと共に挙げて行こうと思います。これは絶対、異論、抗議、出そうに思いますけど、本当に、完全に管理人の好みで勝手に選んじゃいますので、コアなトレッキーの方々にはご容赦願います。
シリーズ名をカッコに入れます。
前にも説明してますが、TOSオリジナルトレック、TNG新スタートレックDS9ディープスペースナイン、VOYヴォイジャー、ENTエンタープライズ、DISディスカバリー、です。
ENTとDISはこの表記でいいのか不明。特にディスカバリーは最近のシリーズなので。

それでは、10位から。

10位 ガイナン(from TNG
ウーピー・ゴールドバーグ演じる、超長命な異星人。神秘的なキャラ設定で出てくるため印象的。2話連続のタイムトラベル物の話でマーク・トウェインが出てくる話にガイナンが出て来てますけど、そのエピソードが凄く好き。映画版にも出てきてます。

9位 サルー(from DIS)
宇宙大作戦のスールーではありません。ディスカバリーのサルー。私としても新シリーズは見始めたばかりなので良く知っているわけではないのだけれど、一瞬で興味が湧くくらいの存在感。特殊メイクの愛されキャラ。貫禄たっぷり。秋と言えばの、11月に恒例のシリーズ一挙放送、楽しみです。

8位 ドクター フロックス(from ENT)
ヒルを使った治療をする。パートナーがいても男女両方共に自由恋愛可というセリフがあったと思う。非常に変わった文化を持つ異星人。この星の文化の詳細が知りたいと思う。

7位 ラクサナ・トロイ(from TNG
カウンセラー ディアナ・トロイの母。高貴な身分。いつもお騒がせキャラで登場する。派手に振舞い、引っ搔き回して帰って行く。面白い。綺麗な高齢女性。こんな風に年が取れたら良い人生かも。

6位 クワーク(from DS9
基地のバーテン。商才に長けたフェレンギ人。べらんめえ口調が憎めない面白さのムードメーカー。随所で活躍。

5位 トゥヴォック(from VOY)
ジェインウェイの下僕のバルカン人。ちょうどスポックのキャラと被っている。VOYにはこの人がいなければ。

4位 ドクター ビバリー・クラッシャー(from TNG
豪華客船!?エンタープライズ号のドクター。とてもお美しい。新スタートレックと言えば、私としては、データ少佐よりもピカード艦長よりも、ビバリー・クラッシャーがまず出てくるかもしれない。それ程印象強い。

3位 ジョーディー・ラフォージ(from TNG
目が見えない設定なのでバイザーをつけている。この俳優さんは、プロデュースとか監督業を始めたりして、俳優としてだけでなく多方面からスタートレックの制作に当たっているのですごいと思う。

2位 ドクター ジュリアン・ベシア(from DS9
以前は、別に好き度は普通だったのだけど、最近妙に気になるようになった。ドクターベシアを見るのが最近の管理人の生き甲斐になりつつある!?帯放送やってるので。ドクターベシアのスマイルがとっても素敵。

1位 キャスリン・ジェインウェイ(from VOY)
遭難船ヴォイジャーの艦長。部下の話を良く聞く。部下を大事にする。理想の上司像が描かれている。

こんな感じです。
データ少佐がいないとか、ピカード艦長は?とか、はたまたレジナルド・バークレーと言えとか、Qは?スポックでしょ?とかいろいろマニアなご意見あるとは思いますが、管理人的な好みとしてはこんな感じです。言っておきますが管理人は女性です。

縁起でもない、スタートレック/ヴォイジャーの舞台はデルタ宇宙域 - Qu'en pensez-vous?

ビバヒル再び!懐かしい気持ちに浸りながら見た「ビバリーヒルズ再会白書」 - Qu'en pensez-vous?

年末と言えば、これを見ないと年を越せない『ビートたけしの超常現象Xファイル』を若干見逃した - Qu'en pensez-vous?

建築家の川西康之さんによる建築的「空白」についてのお話

先日、停車中にカーラジオから偶然聞こえて来たのが、建築家の川西康之さんのお話でした。話の前半部分しか私は聞けなかったのだけど、鉄道のデザインに至るまでの経緯などからお話が始まっていましたが、川西さんがデンマークに留学した時の経験として、ヨーロッパの空間の作り方に関して、キリスト教の影響が強く、教会の前には必ず広場がありそこに市が立ったりして人々が集うようになっている、広場、そういうvoid、空白が用意されているのが西洋の空間の特徴としてある、ということを仰ってました。ちょっとその後の話の後半部分は、運転中でもう周囲がうるさくなって聞こえなくなってしまったのでここまでしか聞けませんでした。

広場などの空間については、建築家の原広司さんをはじめとしてこれまでに盛んに言われてきたことだけれど、改めてこうしてラジオを通して若手の建築家の方からそういうお話を聞くと、頭の中に、建築空間に対する興味に対して改めて刺激が加わるので非常に良いですね。
キリスト教由来の西洋の空間は求心的空間である、ということで、「空間<機能から様相へ>」の均質空間論の六、七、辺りに空き地、広場、空間概念について出てきています。
「集落の教え100」でも、[96]広場[97]あき地、の項目があります。巻末の補注10空間概念のところにも求心的空間出てきます。

以下、当ブログの、広場や、空白、空き地、について言及しているリンク一覧です。

とてもきれいな広場空間です

アオーレ長岡 ナカドマ ③ - Qu'en pensez-vous?

気軽でオープンな広場的施設だと思いました

隈研吾さんによる、浅草文化観光センター ① - Qu'en pensez-vous?

自ずと広場的な場所と成り得ている

隈研吾さん設計、日本平夢テラス (2) - Qu'en pensez-vous?

西洋的な広場ではなく、日本に昔からあったような、それを私たちは広場とは認識してこなかったけれども実はそれは「広場だった!」的な

「広場」淡交社 隈研吾さん監修の「広場」論 - Qu'en pensez-vous?

庶民が日常的に往来する活気ある通りそのものが広場同様の意味を持つ空間だったのではないか、そんな気が私はしていますが、この考え方は間違えているでしょうか? 広場は、必ずしも、西欧的な大きな見渡せるような空間である必要はないのではないか。道のように細長くたって、それが実際に持つ意味内容として、人々が行進することによって共同体としての全体性を示唆できる場所であるならば、そこを広場と呼んでも良いのではないか、そのように考えました。 返って広場のような大きな空間があると停滞を引き起こすのではないか、とも思いました。停滞は良くないことで、絶えず人波が流れ動いている状態が良いことである、という日本人の感性的なものもあるのではないのだろうか、とも思いました。

「見えがくれする都市」を読みました - Qu'en pensez-vous?

丹下健三さん以降の世代の建築家たちというのは、丹下健三さんのようには開発に対して激しい姿勢は示していないように私は見えています。そう見える、ソフトに見せかけているだけなのかもしれませんが、それほど暴力的には映りません。 例えば最近原広司さんのお話で良く目にするのは、「とっておく」という言い方で、この「とっておく」という表現については、新国立競技場問題の時にも、「あの敷地を防災拠点としてとっておきべきだ」というお話が朝日新聞誌上に掲載されていたのも読んだことがあります。 原広司さんに限らず、現代の建築家たちというのは、ある程度そうした「とっておく」ということができる人たちではないかと私は思っています。つまり、ありとあらゆる開発を行えば良いというものではなく、地理学的・地形的にとっておかなければならない土地あるいは大切な何物かというものがあって、不可侵な場所というものがあり得るということを、現代の建築家は認識しているのではないかと思います。「親自然的」と言ってみたり、ポストモダンの建築家たちというのは(丹下シューレの方々も含めて)、環境に対してある一定のリスペクトを持ち合わせていると思います。環境・自然に配慮し、地理学的・地形的ポテンシャルを大切に取り扱うことが、最良の建築につながるという考えがあるかと思います。

「丹下健三 戦後日本の構想者」豊川斎赫 著、を読みました - Qu'en pensez-vous?

「広場」淡交社 隈研吾さん監修の「広場」論 - Qu'en pensez-vous?

「見えがくれする都市」を読みました - Qu'en pensez-vous?

「集落の教え100」原広司 著 彰国社 - Qu'en pensez-vous?

『ディスクリート・シティ』 原広司 - Qu'en pensez-vous?

「空間<機能から様相へ>」 - Qu'en pensez-vous?

JR京都駅ビル - Qu'en pensez-vous?

「丹下健三 戦後日本の構想者」豊川斎赫 著、を読みました - Qu'en pensez-vous?

栗原はるみさんの季刊誌が最終号&パンナコッタも変わった

今週のお題「肉」

料理研究家栗原はるみさんの季刊誌『haru-mi』が最終号となったそうですので、ここ何年かその雑誌は購入していなかったのですが、最後ということだし、付録でカレンダーも付いているということで、雑誌を購入しました。

見てみると、何と、ご馳走が次から次へと、パーティーメニューだらけで、見ているだけでお腹一杯、というか、最終号ということでいつにも増して力の入れようが伝わって来ました。渾身の力を振り絞って出しきりました的な内容になってました。

ポークのパーティーメニューの次に、これでもかと、ビーフのパーティーメニューでガッツリ肉料理の紹介があります。全部ビュッフェスタイルですが、巻頭のゲストのミュージシャンの佐野元春さんの所で出てくるお料理が普段過ぎて地味過ぎると思うくらい、誌面中程の肉料理のボリュームが凄かったです。牛、豚、鶏、と肉料理がガッツリ。鶏肉料理は韓国料理の所で出て来てます。

一見、パーティーメニューに見えるのだけれど、一品一品良く見てみると、普段どこの家庭でも食べているような普通のお惣菜だったりするところが不思議なところ。普段の食事がなぜかビュッフェスタイルで供するとご馳走風に激変し、人を呼べるおもてなしメニューに変身しちゃう。本当に、目を凝らして良く見てみれば、いつものお料理のはずなのだけど、そこがマジック。

ただ、何というか、こういう時代、というか、栗原はるみさんをはじめとして数多くの料理研究家達が活躍した過去20~30年間くらいが文明の黄金期で、今後は人類の文明は衰退して行くのかもしれない、ということをこの雑誌を見ながらなぜか思ってしまった。
これだけのご馳走を当たり前のように作れるほどの食糧に溢れた世の中であって、潤沢なエネルギーを駆使して食材を調理して食べられる世の中、こういうのは、もう今後、ひょっとしたら無くなって行くのかもしれないという風には思った。少なくともサスティナブルかどうか。地球は限界に来ている。エネルギー危機だけではなく、気候変動その他の影響による深刻な食糧危機、そういうことも起こりうる。
良い時代の最後の記録、文明華やかなりし頃の記録として、この雑誌の存在意義はあるのかもしれない。

『haru-mi』最終号を購入する少し前、前回のブログ更新時にパンナコッタを作った話を記事にしていたこともあり、

レアチーズケーキ&パンナコッタ - Qu'en pensez-vous?

ふと思い出して、雪印メグミルクから出ている『栗原さんちのおすそわけ パンナコッタ』という商品があったことを思い出し、最近食べていないな~と思いながら、買おうとした時に、以前と変わって商品がリニューアルしていることに気が付きました。いつリニューアルしたのか不明です。もう何年も買っていなかったのでわかりません。ひょっとして随分前から変わっていたのでしょうか。私が知っているのは、ソースが付いている蓋付きの物ですが、リニューアルした栗原はるみさんのパンナコッタは、ソース無しのプリン風の剝くパッケージに変わっていて、強い洋酒入りになっていました。アルコール度数1%以下と書いてありましたが、心配なので車の運転前は食べません。これが、以前のソース付きのパンナコッタよりも断然おいしなっていてびっくりしました。リニューアル後のこっちの方がいいです。前は、ソースをかけるのが面倒で買う気にならないほどでした。しかしこのリニューアル品は、パンチがあってとてもおいしいので驚きました。また買います。
ピンボケ↓

f:id:jaunecitron:20210920120345j:plain

他にも、栗原はるみさん監修のシリーズで、S&Bから出ているクリームシチューの粉状のルーが絶品です。これ、すごく気に入っています。普段は、基本、クリームシチューとかでも私はルーは使わないことの方が多いですし、最近は土井善晴さんのクリームシチューのレシピが簡単なので専らそれで作ったりしていますが、たまにそういう市販のルーを使ったシチューも試したくなって使ってみます。変な匂いのするルーも結構多い中、栗原はるみさんのクリームシチューのルーは変な匂いもせずに、本当に手作り風の家庭の味がしておいしいです。気に入って、もったいなくてなかなか使えないくらいです。今2箱買い置きしてあります。同じシリーズでビーフシチューの箱も出ていて、そちらはまだ買っていませんが、多分、家庭の味がしておいしいと思います。
またピンボケ↓

f:id:jaunecitron:20210920120408j:plain
雑誌『haru-mi』について予てから思っていたこととしては、栗原はるみさんが主役であるにしても、実際には周囲に多くのスタッフが関わっているはずで、例えば料理研究家の有元葉子さんの料理本の巻末にはスタッフの紹介一覧が載っている料理本もあったりするので、そういう陰で支えている人たちの様子も知りたいな、とずっと思っていました。最終号の巻末に、あとがきに代える形でスタッフさんたちのスナップ写真と紹介が少し載っていたので、ようやく安心して雑誌を閉じることができました。

というわけで肉料理のレシピが知りたい方にはうってつけの『haru-mi』最終号となっていました。

タルトタタン風ケーキ2018年バージョン - Qu'en pensez-vous?

レアチーズケーキ&パンナコッタ - Qu'en pensez-vous?

2層構造のチョコレートケーキ - Qu'en pensez-vous?

電子レンジで作るホワイトソースを使ったほうれん草入り『ナポリのラザーニャ』で祝うクリスマス - Qu'en pensez-vous?

学ランのイメージが強い松下洸平さんの『つよがり』が意外過ぎる

NHKのラジオ番組『松尾潔のメロウな夜』で、夏くらいから毎週毎週、松下洸平さんの『つよがり』という曲が流れて、もうめちゃくちゃ流れて、「もう5回位も聴いた!一体どうなってるの。」と思っていたら、遂に松下洸平さんがゲストで2週に亘り番組に出るってなって、その時点では、全く松下洸平って誰かも私はわからなかったんだけれど、1回目のゲスト出演の時に、やっとわかりました、というか気が付きました。『ぐるナイ』に出てると一言言ってくれればすぐにわかったし、もっと最初から興味を持って聴いていたかも、などと思い、本当にびっくり。松下洸平って、俳優さんとしか思ってなかった。『ぐるナイ』のゴチに出ているあの俳優さんが歌手デビューしたなんて、しかも松尾潔さんのプロデュースで『つよがり』でデビューとは。ゴチの学ランのイメージが強過ぎて、バラエティに出ている俳優さんとしか思えず、歌手なんて全く想像もつかない。しかも、Mステにも松下洸平さんは出ていたらしいんだけどその週は私はMステを見逃してしまった。しかし、NHKのうたコンの方で、松下洸平さんが歌ってるのが偶然見れました。ゴチの時とは別人みたいでした。同一人物とは思えない~。常に、びっくり、という感想しかない。『つよがり』って結構古めかしい感じのバラードだと思うけど、歌っている様子が、格闘技っぽい動きをしながら歌っていたように見えて、それもびっくりした。
コロナ後からの『松尾潔のメロウな夜』のリスナーとしては、松下洸平さんがゲストで、R&Bについていろいろお話されてたり松下洸平さんセレクトの曲とか、すごいお洒落だったので松下洸平さんの音楽センスを完全に信用してしまいました。1回目のゲスト週の番組の最終曲が凄いお洒落な洋楽だった。で、同じくその回の最後から2番目くらいで紹介された松下洸平さんの『つよがり』のカップリング収録曲『STEP!』という曲がすごく良くて私は気に入ったので、なんと勢いでiTunesで『STEP!』を単品購入してしまいました。

ということは、『ぐるナイ』で、NEWSの増田貴久と松下洸平は同業同士になっちゃったってことなんですね~、びっくり。俳優兼歌手が並んでいるんだ。すごい仲良さそうですけどね~。

洗練のアリアナ・グランデ『POSITIONS』 - Qu'en pensez-vous?

久しぶりに洋楽を聴いてみたら、既に2021年を代表する名曲が出揃っていた - Qu'en pensez-vous?

WOWOWで放送されていたジョン・レジェンド、バロワーズセッションを見ました - Qu'en pensez-vous?

インテリアの色彩の比率に関してユーチューバーから学ぶ

山崎美津江さん著の「帰りたくなる家」の46頁に、インテリアデザイナー内田繁さんの言葉が引用されています。
ちょっとここにそのまま書いてしまっていいのかどうかわからないので、そっくりそのまま書くのは控えますが、床がインテリアにとってとても大切な要素であるということを伝える一節が出てきます。

これは本当にその通りだと思って、インテリアデザイナーの方が言うからにはそうなんだろうなあと思っていたところ、最近、ちょっとびっくりするような気付きを得ました。

大理石調のフロアタイルって、ものすごく劇的に空間の印象が変わるものなのだということ。こんなに凄いものだとは知らなかったので、かなり感動しました。しかし、どうしたって高額になってしまうんだろうな~ということは思いました。

私の所の床材は普通の木板のフローリングなので、極めて平凡でお洒落でも何でもなく庶民的な選択なんだということが良くわかりました。

大理石調の床材、驚くべき高級感で素晴らしいです。そんな豪邸に住んでみたいな~と思うし、やっぱりいろんな実例を雑誌上でも良いので沢山見て、今後に備える意味でも希望の住宅インテリアのイメージを沢山ストックしておくべきだろうな~と思いました。

そんな流れでお洒落なインテリアを作りたいとも思い、インテリアのコツやインテリアの色彩について知りたいと思い手っ取り早くYouTubeにヘルプを求めました。
インテリア関係のユーチューバーの方が色々いらっしゃるようで、最近急上昇のユーチューバーさんがいるらしく見てみたのは、「クリエイティブの裏側」というチャンネル。顔出し実演されていて、照明やインテリアの色彩について大変参考になりました。
他にはTommyさんとかも見て、私はTommyさんの方がより好みのように思いましたが、こちらは私の見た動画では顔出しはされていませんでした。
どちらにしても、インテリアの色彩に関して、ベースカラーとアクセントカラーの比率の問題に関しては、ハンバーグの牛肉と豚肉の配合比率と似たようなものだとわかりました!?両者とも一言もそんなことは語っていませんが、自分なりの勝手な理解というか覚え方では、インテリアの色彩はハンバーグと同じ感覚かな~という感じです。上記の2名のユーチューバー様の提示している色彩比率が異なるので、ハンバーグを作る時くらいの誤差があるという感覚で私は理解しました。

色彩は空間全体の問題だけれども、最初の話に戻ると、やはり床が最もインテリアにとって大事な要素なのではないかと思い、それは例えば、コンビニや、たまにドラッグストアなども、特に24時間営業のような店舗の床は鏡面のようにピカピカに磨いて明るさを出すとか、そういうことが良く言われているように、やはり床の影響力は大きくて、それは一般住宅にも当てはまることなのだろうと思う。建築家の永山祐子さんがヘリンボーン柄などの床をプロデュースされたりしているのを雑誌「モダンリビング」などで見たことがありますけれど、やはり、床は大事。床材にも様々な選択肢があるんだということを我々一般人も知っておくとためになるかもしれない。

しかし床はそう簡単に交換することはできないので、とにかく今ある物をピカピカに維持することで、空間を明るく、良く手入れされた印象をつけると、少なくとも空間の好感度は上がって物を大切にしている感は出そうには思うし、それが最もベーシックで無理のないインテリアなのかと思う。
色彩云々は、その次の段階にあるものなのかな~と思い、私には少しハードルが高そうに思いました。私にはインテリアをお洒落に保つ適性が無さそうなので、無理はしません。

最初の、婦人之友社刊、山崎美津江著「帰りたくなる家」に関連して、最も印象的なのは、実はアマゾンのレビューだったりする。「帰りたくなる家」のレビューにある殿堂入りベスト10レビュアーの人のレビューが切実たる内容で、これを上回るレビューを誰も書けなくて止まってる感じ。そのレビューが凄過ぎて思わずこの本を買ったという、一体どっちを評価して本を買ったのかわからない状態。どちらかというと私はそのレビューに出てくる片付けられないタイプの方なので、今後も気を付けて頑張ります。

フローリングの床を美しく保ちながら暮らしたい - Qu'en pensez-vous?

新津春子さんの『掃除は「ついで」にやりなさい!』を購入しました - Qu'en pensez-vous?

至れり尽くせりの住宅の実例が見られる1冊 - Qu'en pensez-vous?

「MODERNLIVING245」や「GA JAPAN164」で田根剛さんの建築を見かけ、時代の気分に合っていると感じた - Qu'en pensez-vous?

「MODERNLIVING250」40坪の邸宅、が盛り沢山の内容で面白かった - Qu'en pensez-vous?

縁起でもない、スタートレック/ヴォイジャーの舞台はデルタ宇宙域

ところで前々回のブログ更新時に、スタートレックヴォイジャーの話をちらっと書いたことが自分で頭の中にずっと残っていたので、追加でまたヴォイジャーについて書いておこうかなと思います。

花火の光が巡る様子が、スタートレックエンタープライズではなく、どちらかというとヴォイジャーの船体からフェイザー砲が発射される様子

ボーグスフィアとヴォイジャー艦(嘘、開会式の感想) - Qu'en pensez-vous?

宙に浮かんだドローンスフィアをボーグスフィアに見立てるとしたら、ボーグとヴォイジャー艦の対峙

ボーグスフィアとヴォイジャー艦(嘘、開会式の感想) - Qu'en pensez-vous?

私はスタートレックの全シリーズの中で、ヴォイジャーが一番面白いのではないかと思っている派なんですが、こんなことを書くとTNG派の方々からめちゃくちゃ怒られそうですけど、私はVOY派です。TNGは別にスタンダードに面白いですけど、VOYのあの最初の頃の悲愴感というか、大変な状況から物語が開始するところが、もう絶対に離れられなくなるほど面白いです。TOSTNGも、基本、宇宙ぶらぶら旅行で、別にどうしてもトレックしなくてもいいのに自分達で勝手に「宇宙、そこは最後のフロンティア」とか言い出して宇宙探査しているわけだけど、VOYの場合、どうしても航行しなければならない、そうじゃないと地球に帰還できない、しかも生きているうちには帰れないかも、というお話だから、もう悲愴感や絶望感や、そういうところから始まるから、特別な魅力があります。

ところで全然わからないで読んでる人たちはTOSとかTNGとか何なの?と思うかもしれないけれど、TOSは オリジナルトレックのことで(邦題は、宇宙大作戦だと思う)、TNGはザネクストジェネレーションで、邦題は新スタートレックで出ていたものです。VOYの他に、DS9(ディープスペースナイン)もあって、あとエンタープライズとか、新しいのは私は今ぜんぜん見てないのでわかりません。でも新シリーズちゃんとあります。(っていうか、新しいの見てないって、自分はトレッキーと名乗りながら何たる不届き者と今思った。)

さっき、飛ばないと帰還できない、と書きましたが、一番最初に、衝撃波でものすごく遠くの、本当に未踏の宇宙域にヴォイジャー号は飛ばされてしまいます。その宇宙域の名称は、デルタ宇宙域となります。

何と!デルタはいつも縁起が悪いですね~。でも、アメリカのアニメ、ザ・シンプソンズがいろいろ予言したとか言われてますけど、密かにスタートレックヴォイジャーも、デルタ宇宙域、と出てくるので、デルタ株の予言だったと言えばそうなるかもしれません。ちょっとこじつけかもしれませんけどね~。

というわけで、スタートレックヴォイジャーは遭難した宇宙船の話で、地球に帰還するまでの苦難の旅の物語となります。
男の人が見るには良いかもしません。最初からは出て来ないけど、途中からセクシーキャラのセブンオブナインが出てきます。

他に、このシリーズの特徴としては、女性艦長である点とか、ドクターがホログラムである点、副長がレジスタンス出身でアメリカ先住民をルーツに持つ、クリンゴン人と地球人のハーフの女性が機関主任、異星人カップルのニ-リックスとケスが最初の頃から乗り合わせる、食事がレプリケーターではなくニーリックスが火を使って食堂の厨房で料理をする、セブンオブナインを途中で拾う、あんなに恐いボーグが出てきてもボーグが出て来ただけで地球に近付いたことを知りこっちは涙が出そうになる、などなど、特徴あり過ぎる設定満載で、めちゃくちゃ面白いです。
この女性艦長みたいな女性上司の下で働けたらきっと幸せだろうなあと思ったことがある。キャスリン・ジェインウェイ艦長。後に映画で、提督になってました。

急に思ったけど、スタートレックって各シリーズのドクターについて語るだけで、本1冊書けるくらいに思うんだけど、それくらいドクターに特色あり過ぎるという感じがする。

ともかく、デルタ宇宙域はヤバいです。

ボーグスフィアとヴォイジャー艦(嘘、開会式の感想) - Qu'en pensez-vous?

時間についての認識の変化は人生観にも影響を及ぼす - Qu'en pensez-vous?

悲し過ぎる「スター・トレック BEYOND」 - Qu'en pensez-vous?

急激な変化に適応する(2)オカルト&スタートレック編 - Qu'en pensez-vous?

春巻きの皮で作るアップルシュトゥルーデル

まだブルーベリーもギリギリ並んでいるようなまだ暑い時期です。せっかくのブルーベリーが傷まないように、とりあえず洗って冷凍保存したものの、またグルテンフリー生活を始めようかな~と思っていたりもしたので、ブルーベリーのタルトやブルーベリーのマフィンを作るのを躊躇して、ちょっとどうしようか考えていました。
で、結局グルテンフリー(小麦制限)生活開始は少し延期にすることにして、少し小麦の量を少なめに抑えるようにすることにして、ブルーベリーではなくりんごを使ったお菓子にすることにしました。

というわけで今回はちょっと時期的にフライング気味なので外国産のりんごを使い、更に生地を作る代わりに春巻きの皮を使って、簡易版のアップルシュトゥルーデルを作ってみました。

前回更新時のブログで、パンナコッタのレシピを参照した辻調の本多先生のお菓子のレシピを更に作ってみたくなったというだけのことだったのですが、「りんごのシュトゥルーデル風」という名称で「おしゃべりクッキング」の本に載っている春巻きの皮を使うレシピです。

今回少し変わり種で作りたいと思い、辻調の本多先生の、バジリコのパンナコッタ、というレシピで作りたいと思ってやってみました。

レアチーズケーキ&パンナコッタ - Qu'en pensez-vous?

オーブンに入れる前。見た目はまるでただの春巻きか、棒餃子みたいな感じ。

f:id:jaunecitron:20210920114828j:plain

粉糖で飾って完成。

f:id:jaunecitron:20210920114812j:plain
これがびっくり。すごくおいしい。フィリングがびっくりするほどのおいしさ。お酒入ってます。だから運転前は食べられない。
焼き時間も短いのに、ちゃんとりんごが甘いです。これ、ちょっと日本のりんごのふじとかではできないかもしれません。春巻きの皮がすぐ焼けてしまうので、中身が短時間で火が入らないとダメ。紅玉とかならOKかも。

全く、春巻きの皮で問題ありません。次回はもっと形を美しく焼き上げたいな~。

レアチーズケーキ&パンナコッタ - Qu'en pensez-vous?

今田美奈子先生のレシピでアップルシュトゥルーデルを2回試作してみました - Qu'en pensez-vous?

タルトタタン風ケーキ2018年バージョン - Qu'en pensez-vous?

ブルーベリーの旬は夏 - Qu'en pensez-vous?