Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

YouTubeの方で第3派への警告を見ました

私はYouTubeで見ましたが、再び作家の本田健さんが、新型コロナウイルスについて第3派に備えるように、とお話しされてました。
災害と同じで本当は逃げるべき時なのに逃げないで助からなくなる、正常性バイアスが働く、というお話など、ハッとさせられました。
歴史に学んでのことらしいですが、他の動画で、本田健さんとワクチン開発で知られる大阪大学の森下先生との対談の動画も3本挙がってましたので、いろいろ根拠があっての警告だろうと思います。
前もって知らせて頂けるのでとても有難いな~、などと思いました。

確かに今のうちに、少しずつ食品の備蓄や、品薄になりそうな物品は購入しておいた方が良いのかもしれない。
もう1、2ヶ月前のことになるでしょうか、イソジンうがい薬が無くなるということがありました。今は店頭にあるのでしょうか。ぜんぜん確認してないのでわかりません。今度ドラッグストア行ったら見てみます。
というか、うちは元々、手洗いうがいは習慣化されていたために、洗面台には必ずイソジンうがい薬は置いてあるのだけれど、いつも買い置きしないので今使っているのが無くなって店頭にまだ入荷が無いのなら切らしてしまいます。なので、チビチビ使って、とは言っていますが、一体いつまで持つか。

最近になって、紙マスクでなくやっぱり繰り返し洗える布マスクの方が良いのかな~などと思って買ったりもしましたが、本当にいろんな材質の抗ウイルス加工されたマスクが出ていて驚きました。布の方が絶対に息がしやすいだろうと思ってましたが、そうでなく、紙の方があれでも息が楽みたいです。
本当にだんだん嫌になって来るというか、マスクをしない普通の暮らしに戻りたい感じがします。密にならないようにとかいろいろ、やっぱり人間として不自然なことは長続きが難しいように感じます。しかしながら、本当によくうつる感染症なのは確かだから、そんなこと言っていられないというのが実情。

何年もこの状況が続くかもしれないなどと思ってしまう。すぐに解決するとはとても思えない。10年経てばさすがに何らかの対処法は出来ているのではないかと思うけれど。名古屋大学が人工抗体についての研究を発表したようですし、いろんな研究者たちの成果や進展を期待するしかないですね~。

物資の不足 最も困っているのはハンドソープの不足 - Qu'en pensez-vous?

iPadを子供に買い与えておいて良かった オンライン授業に難なく対応できる - Qu'en pensez-vous?

影響が大きくなりそう 三浦春馬さんの件 - Qu'en pensez-vous?

急激な変化に適応する(2)オカルト&スタートレック編 - Qu'en pensez-vous?

リモートワーク/オンライン授業は、均質空間からの退避

新型コロナウイルスの影響で、地方への移住をされる方も多いと思いますし、リモートワークやオンライン授業の方も多いのではと思います。

ひょんなことから突如として、超高層建築オフィス群という均質空間から、住宅、住居というプライベート空間の方が力を持つようになったとも言えるかもしれません。

「住居に都市を埋蔵する」 原広司 著 - Qu'en pensez-vous?

『住居に都市を埋蔵する』という書籍もありましたが、都市が優勢だった時代が感染症の流行によって終焉に向かいつつあるとは意外過ぎます。住居に都市を埋蔵して個のパワーを死守しなくても、とうとう何も主義主張をすることなく個人の住宅、住居の方が力を持つようになって来ているその過渡期に今あるのだろうと思う。しかしまだ過渡期のため、住宅、住居の新たなモデルが示されたとは言えない状態にあるのではないだろうかとも思う。

せいぜい現時点で住居に変更・改修が入った点と言えば、リモートワーク/オンライン授業の際、映りの良い背景のあるコーナーを作る、選ぶ、くらいのものでしかないのだから。 

今までは、内と外の境界を曖昧にするくらいだったのが、今度は本当に外に出て行く感じの方向性になるという内容だったと思う。箱の外に出ること、箱の外側、ストリートも含めて、都市や国土についてもう1回デザインし直すくらいの感覚で考えていく、といったお話だったと思います。 あと、リモートワークする人のための空間デザインについて「そういうブースとかせせこましい話じゃなくて」というお話

アフターコロナの空間デザインについてのお話がありました - Qu'en pensez-vous?

突然、プライベート空間の中にカメラを通して視覚情報として外部に拡散されて行ってしまう空間とは何なのだろう。
他人に見られ体験される空間と言ってみて、単純に思いついてしまったのは昭和の住宅に付き物だった応接間。

一体何のためにこんな部屋があるんだろうといつも不思議に思っていました。ハッキリ言って使いません。無用の長物です。

林望さんの「思想する住宅」を読みました - Qu'en pensez-vous?

その後、画一的間取りのマンションが普及し「応接間」なるものが消え失せたこと、その点だけは良かったのではないかと私は思います。

林望さんの「思想する住宅」を読みました - Qu'en pensez-vous?

リモートワークスペースとは、来訪者を迎える空間である応接間に該当する空間概念の復活なのだろうか?などと思ってしまったけれども、きっとそこまでダサイものでなく、どちらかというと、この頃良く言われるワーケーションの自宅バージョンの方に属する空間なのだと思う。寛ぎ空間の中で仕事/勉強をする、均質空間ではない自由度の高い空間において仕事/勉強をする、そういうことを意味しているのだと思う。
これほどまでに、一挙に、強制的に、均質空間からの退避が起こったことがこれまであったでしょうか。

管理人宅では、上記の通り、カメラに対してせいぜい背景に注意するくらいのことしかできていません。背景に乱雑な中身が飛び出しているようなファイルボックス群が映らないように、アクセントクロスの方が背景になるようにセットするようにするなどの工夫をするくらいです。
少なくとも、小綺麗なアクセントクロスを選んでおいて良かった~などと現時点では思っています。迷っていたもう一方のアクセントクロスにしていたら、ちょっと恥ずかしかったわ~、などと思いながら。
これにもしプラスできるとしたら、観葉植物でしょうか。奥行き感がプラスできる。絵画だとアクセントクロスとの兼ね合いでちょっとうるさくなるかも。
たまに、男子とかだと、リモート画面には上半身しか映らないから下は穿かないとか、上はスーツ下は部屋着とかいう人がたまにいたりしますけど、それヤバイんじゃないの?と思ったりはします。例えば、急に地震が来たとかでとっさに立ち上がったら大変なことになる。救急車の音も入ると良くないので、防音ルームだとより良いようにも思いますが、それはミーティング内容にもよりますね。

アフターコロナの空間デザインについてのお話がありました - Qu'en pensez-vous?

「住居に都市を埋蔵する」 原広司 著 - Qu'en pensez-vous?

HIROSHI HARA:WALLPAPERS の補論2「情景図式と記号場」後半部分を再読してみました - Qu'en pensez-vous?

iPadを子供に買い与えておいて良かった オンライン授業に難なく対応できる - Qu'en pensez-vous?

林望さんの「思想する住宅」を読みました - Qu'en pensez-vous?

急激な変化に適応する(3)建築理論編 - Qu'en pensez-vous?

『情熱』の大坂なおみ選手

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

少々忙しかったので、書くのが遅れてしまいましたが、大坂なおみ選手が全米オープン優勝しましたね!本当に良かった。
試合はその日のうちに何度もリピート放送していたので、都合に合わせて全部で3回位に分けて途切れ途切れで全部見ました。
アザレンカが第2セットで崩れたのをきっかけに大坂選手の調子が上向いたように見えたけど、でも全米オープン全体通して大坂なおみはすごい調子良かったように見えた。球に伸びがあったし、良い所に球は決まるし。脚はテーピングしてましたけど。ボーイフレンドと上手く行っているんじゃないですか。きっとそういうこともあるんじゃないかと思う。Black Lives Matterのマスクの抗議も良かったと思う。

Black Lives Matterについては、音楽プロデューサーの松尾潔さんがラジオ番組『松尾潔のメロウな夜』の中で、先月か先々月くらいだったか、Black Lives Matterについてコメントを求められるけどお断りしている、みたいなことを語ってらっしゃったと思うんだけれど、なぜ断るかについても、あまりハッキリとは語らずかなり言葉を濁されていたように聞こえました。松尾さんの立場としては控え目にされたかったのかな、と思いました。

でも、大坂なおみ選手はその点、ご自身が当事者なわけだから、行動を起こして、しかもチャンピオンになったのだからカッコイイし、情熱的です。
シチズン情熱コレクションの広告も大坂なおみ選手がやってて、思わず目を奪われて、情熱コレクションの時計、欲しくなってしまいました。

それ以上に気になるのは、大坂なおみ選手の北海道のおじいさまの豪邸のお庭ですね。ひょっとして変わりました?以前は、豪華な日本庭園だったように思うんですが、今回大坂なおみ選手が優勝してコメントを求められてテレビに映っていたおじいさまのお庭が、現代的な芝生のあるお庭になっていました。何から何までセレブだわ~。

大坂なおみ時代の幕開けか - Qu'en pensez-vous?

錦織圭の調子が良さそうです - Qu'en pensez-vous?

ラジオでも紹介されていたジョン・レジェンドのアルバム『Bigger Love』 - Qu'en pensez-vous?

アリシア・キーズからタイガまで、初秋の洋楽注目曲

音楽プロデューサー松尾潔さんのラジオ番組『松尾潔のメロウな夜』で、紹介されていたので知りましたが、
Alicia Keys So Done ft. Khalid
アリシア・キーズ×カリードの『So Done』が出ている模様です。
YouTubeで見ましたが、アリシア・キーズの声の良さに完全に聴き入ってしまい、カリードの方はほんの添え物くらいにしか聴こえない程の、不思議なくらいいい曲。
アリシア・キーズのファッションが少々奇妙。もっと良い衣装にしても良かったのに。髪型はカッコイイ。

他、R&Bでは、ジョン・レジェンド『Wild』のMVが出てますが、クリッシーとの絡みのシーンなどもあり、ふっくらしたおなかが映っていることからもわかるように、クリッシーは第3子を妊娠中との報道が出ていました。今回は自然妊娠だそう。おめでとうございます!というわけで見所満載。
私は『Wild』の曲調が好きじゃなくてあまり好きな曲では無かったけれど、MVで見るとそんな風には感じません。ただただ美しい。

ジョン・レジェンドは最近では、コラボ曲が出ていて、今、私が気が付いたものでは以下の2曲が出ているみたいです。
Lecrae, John Legend Drown
Kane Brown, John Legend  Last Time I Say Sorry

Lecrae, John Legend Drown
↑これはラッパーとのコラボで、新型コロナウイルスや自然災害、深刻な社会問題など、MVがかなりの世紀末的な映像で繋いであるので、あまり見過ぎると精神衛生上悪いかもしれない。でもジョン・レジェンドのストレートな歌声が聴けるレア曲。ラッパーも綺麗目路線の人。この曲は好み。

Kane Brown, John Legend  Last Time I Say Sorry
↑こちらもいい曲だと思う。けれど『Drown』とは完全にジャンル違いの曲。MTVで良く流れてる。

他には、どうやらラッパーTygaがコラボ曲で出てきているみたいです。だいぶ売れているのではないでしょうか。
Kygo, Zara Larsson, Tyga Like It Is
当ブログでも以前1回記事にしたことがあるDJ Kygoがやってます。

ホイットニー・ヒューストンの『Higher Love』を、DJカイゴがアレンジし直した新しいバージョンKygo&WhitneyHouston Higher Love が出てて

蘇るホイットニー・ヒューストン『Higher Love』がいい曲だな~と思う - Qu'en pensez-vous?

最近このDJカイゴ良く出てきますね~。ちょっと懐かし目の音の感じがしますけど、この人が多分次世代のヒットメーカーになるんだろうな~。でもやっぱりちょっと音の感じがダサイような気がしないでもない。カイゴとタイガで紛らわしいですが、異色のコラボ。

R&BシンガーKHALIDのアルバム『FREE SPIRIT』が出ました - Qu'en pensez-vous?

ニューヨーク発エンパイア・ステート・オブ・マインドでお祭り気分の年越し! - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンドのニューアルバム『Bigger Love』に癒される - Qu'en pensez-vous?

ラジオでも紹介されていたジョン・レジェンドのアルバム『Bigger Love』 - Qu'en pensez-vous?

蘇るホイットニー・ヒューストン『Higher Love』がいい曲だな~と思う - Qu'en pensez-vous?

ラッパーTygaのバレンタインリリース「U Cry」が良い曲 - Qu'en pensez-vous?

CMに起用される俳優さんたちの印象

まったくどうでもいい話なのだけど、少し気になるので書いておこうかと思います。

最近テレビCMで、女優の長澤まさみさんをめちゃくちゃ良く見かけるんだけど、CM出まくりじゃない!?と思って何事かと思ってすごく気になります。
夏の間はカルピスのCMでよく見ましたが、最近になって衝撃を受けているのは、「エリクシール」のCMを長澤まさみさんがやっていること。
「エリクシール」は私は一度も買ったことも使ったことも無いけれど、そういう化粧品のCMに長澤まさみさんって、ちょっとイメージがかなり違う気がして、逆に目が行くというか。
「アサヒ ザ・リッチ」のCMは、それ程違和感無いですけど、それでもやっぱり長澤まさみさんがそういうアルコール類のCMって、全くイメージが無かったので、「へえ~」という感じでまた逆に目が行く。
他にも、数社のCMに出演されているのを何本も見ました。

とにかく、目につくCMがほとんど長澤まさみさんくらいな勢いになってる。

別に長澤まさみさんのことは好きでも嫌いでも何でもなく、ただ何となく見ている程度で特に何とも思わないのだけど、どちらかというとボーイッシュで素朴なイメージで、何というか、他の女優さんたちとちょっとイメージが違う気がします。
女優さんでCMというと、ちょっと昔だと菅野美穂とか、ここ1、2年だと石田ゆり子とか石原さとみとか檀れいとか橋本環奈とか、わりとそういう女の子らしい女優さんたちがよく起用されるイメージだったから、ここに来て、長澤まさみとなると、急に傾向変わった???という感じがして、一体何事かと少々驚いているところ。

きっとしばらくすれば慣れると思うけど、CMガン見しちゃう。

長澤まさみさんがやってるカルピスくらいならこの夏たくさん買いましたけどね~。

個人的には、CM界の別格俳優さんと言えば、現時点では綾瀬はるか遠藤憲一ではないだろうか、と思ったりしています。両者とも印象が素晴らしく良い。そして実際に、自分自身、商品の購入にまで至ったことがあるという点で、強力な宣伝効果があるな~、などと思ってます。

かき氷で熱中症予防 - Qu'en pensez-vous?

影響が大きくなりそう 三浦春馬さんの件 - Qu'en pensez-vous?

『情熱』の大坂なおみ選手 - Qu'en pensez-vous?

ラジオ番組に触発されて、過去10年間のベストチューンを選ぶとしたら自分はどんな曲を選ぶだろう?

もう1ヶ月くらい前のことになると思いますが、ラジオ番組『松尾潔のメロウな夜』が放送400回記念ということで、10年間の各年のR&Bのベストチューンと、10年間のR&B1位となる曲の発表を行っていました。
私は、新型コロナウイルスの影響で以前に比べて車を運転する機会が増えたために、今年になってからカーラジオで『松尾潔のメロウな夜』を聴くようになったばかりなので過去の放送のことは知らないのだけれど、この400回記念の回を楽しく拝聴しました。

で、10年間のナンバーワンソングは、皆さん一体何だったと思いますか?
各年のベストチューンを聴いている間に、直近の放送の松尾潔さんの発言など思い返しながら、ちょっと推測してみたりして、あれじゃないかな?とか考えながら聴いてました。私の想像はアーティスト名までは当たってました。曲名が外れてました。
10年間の1位は、
Ella Mai 『Boo'd Up』でした!

2018年に、Ella Mai 『Boo'd Up』を当ブログでも取り上げてました。

今年は、エラ・メイで決まりで良いんじゃないでしょうか。 今、貼り付ける時点で2.6億回再生超えてて大ヒット中です。

2018年の洋楽シーンを振り返る - Qu'en pensez-vous?

「boo'd up」はしっとり系のわりには強めのグルーヴ感で癖になるR&Bです。

2018年の洋楽シーンを振り返る - Qu'en pensez-vous?

400回記念放送の1、2週間前くらいに、番組中に「エラ・メイ」とチラッと松尾潔さんが仰ってたと思うんですよね。それでそうじゃないかと思ったら当たった。私は曲は『Trip』と言うんじゃないかと推測しましたが、外れました。

っていうか、何と言うか、可愛いです。『Boo'd Up』1位というのが、かなり乙女なチョイスでかわいい感じがする。大人の男性の方がこの曲を選ばれるなんて。
とてもいい曲で、本当に2018年はElla Maiの年で、本当に輝かしかったです。
Ella Maiっていつもスポーツブランドの衣装を身に着けていて、お約束は靴下。ルーズソックスばりの厚手の靴下をいつも身に着けてるイメージ。そして笑顔。UK出身だったと思うけど違ったかな?ライブみたいなのを何かで見たけど、結構バンドの人達に囲まれて想像以上にブルースっぽかった。

あと、2013年にChrisette Micheleの曲が選ばれてたので、懐かしい気持ちになった。当時、確かChrisette Micheleのアルバムを私は持ってました。でも、片付け魔なので、しばらくしたら売りに出してしまったのでもう持ってないんだけど。でも当時は確かに私もChrisette Michele聴いてたので共感してしまった。しかし『A Couple Of Forevers』って曲は全く記憶に無くて、別の曲の方が私は心に残ってる。

後になってから、自分だったら過去10年間のベストチューンを選びなさいって言われたら何を選ぶだろうと考えてみていました。
でもそんなに専門家の方のようには詳しくないし、限りある知識の中から自分だったらどんな曲を1位として選ぶだろう?
R&B限定ってなるとちょっと苦しくなるかもしれない。もっと幅広く取っていいのならいろいろ思い当たりそうだけど。
すごく難しい。
というか、私の趣味としては、R&Bだけどヒップホップがかったものの方が好みなので、必ずラップ入りのR&Bを選んでしまうと思うし、やはり普段聴き慣れたもののうちから選ぶと思う。

Ariana Grande 『Side To Side』

↑これ良いと思う。ニッキー・ミナージュのラップもあるし。

↓すごく流行った曲と言えばこちら。超ロングヒットでした。2~3年間くらい?

Drake 『Hotline Bling』

もしもBlack Lives Matterのこともあり、もう少し影響力のある曲という趣旨なら、迷わずこちらの曲。カニエ・ウェストジョン・レジェンドもフィーチャリングしてるこの曲。ほぼ全編ラップ。終盤だけジョン・レジェンドの独り舞台。↓

Big Sean 『One Man Can Change The World』

2、3年くらい前にも、アリアナ・グランデの元カレの一人であるラッパーのビッグ・ショーンがメインを務める One Man Can Change The World feat.Kanye West&John Legend Big Sean という社会派の曲がありました。

事件後公開のミュージックビデオ - Qu'en pensez-vous?

う~ん、で、どれか1つ選んで、と言われたら、すごい難しいけど、う~ん、やっぱり最も広く親しまれた曲を選ぶ。としたら、Drake 『Hotline Bling』が多分、自分流では1位になるだろうな~と思います。

2018年の洋楽シーンを振り返る - Qu'en pensez-vous?

アリシア・キーズからタイガまで、初秋の洋楽注目曲 - Qu'en pensez-vous?

ラジオでも紹介されていたジョン・レジェンドのアルバム『Bigger Love』 - Qu'en pensez-vous?

アコーディオンカーテンの思い出

ところでアコーディオンカーテンというものがありますよね。
思い出話ですが、昔、親族の家に行くとリビングとダイニングの間にアコーディオンカーテンがあって、かなりそれに強いインパクトを受けたものでした。リビングとダイニングの間をアコーディオンカーテンで仕切る、ということをその頃に植え付けられたのか、それとも遺伝的なもので、考え方や好みとして遺伝したのか、世間ではLDKが一続きの空間として設計されるのが一般的となった現在において、私自身の好みとしてはどうしてもキッチンダイニングとリビングを仕切りたい、という強い希望があり、現在の私が住んでいる住まいではそのようになっています。アコーディオンカーテンで仕切っているわけではなく、扉で別々の空間に分けられています。

親族の所のアコーディオンカーテンは、高級そうな柄物の厚手の立派なもので、閉めると、リビングからの採光が完全に遮られてしまうので、ダイニングが真っ暗になってしまっていましたが、照明をつけてそこで過ごしていたようでした。
現在では、透明や半透明のアコーディオンカーテンなども出ているようで、採光性が確保できるようになっているみたいです。
でも、どうやら親族の所の場合は、採光性を望んでいる風ではなく、アコーディオンカーテンをわざわざ閉めて、そこで隠れてこっそりダイニングで食べたい、という謎の意図があったようです!?

ふとアコーディオンカーテンのことを思い出して、きっとあのお家をたまに訪れていたあの頃は自分にとって平和な時代だったんだな、などと思い出に浸っているところでした。

「MODERNLIVING245」や「GA JAPAN164」で田根剛さんの建築を見かけ、時代の気分に合っていると感じた - Qu'en pensez-vous?

「巨匠の残像」日経アーキテクチュア編 を見てみました - Qu'en pensez-vous?

「現代建築のトリセツ」松葉一清 - Qu'en pensez-vous?

「見えがくれする都市」を読みました - Qu'en pensez-vous?