Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

「エネルギーをめぐる旅」を読みました

「エネルギーをめぐる旅 文明の歴史と私たちの未来」

古舘恒介 著

英治出版

 

を読みました。

一体どういうきっかけでこの本を買って読もうと思ったかすら忘れてしまいました。多分、時事問題系~世の中のことがわかる系の本、特にエネルギー関係とか資源とか、そういう枯渇しかけている分野をどうするのかなあというのがわかる感じのものを漁ってネットサーフィンしているうちに目に入ってきたので読んでみようと思ったのではないかと思います。

偶然見つけて買って読んで見た割には、これ、とても良い本でした。途中、読んでも読んでも終わらないので、どうしたのかと思ったら、400ページ越えの本だとわかって、そういう点、電子書籍だと、本の厚さとか、全貌がよくわからず読み始めてしまうので後からびっくりという感じです。

一見、「サピエンス全史」を下敷きにして書いているのかな、とも思ったりもしましたが、理系の立場から書かれているので、「サピエンス全史」よりこの「エネルギーをめぐる旅」の方が、親自然的な視点で書かれているため、より明晰な感じがして好感度は高かったです。理系の方、あるいは高校で理系の人とか、理科で生物学を選択している人とか、高校生でもわかるようなことも書いてあるように思います。

最初、火の話から始まって、その時点ではあまりピンと来なくて『???』という感じだったんですが、第2章農耕のエネルギー、のところの中見出し「農耕により人類は太陽エネルギーを占有した」という一文によって、農耕は太陽エネルギーを利用したものであるという事実に、私は突如としてハッと気づき(全くもって当たり前のことに気がつかずに生きていた!)、びっくりして最後まで読み進んで行きました。

内容は盛り沢山でしたが、結論はシンプルでよくわかったので、その通り、心かげて暮らしたいと思いました。

読んでいて思い出したのは、昔から常々思っていたこととして、エネルギーって、何か回転させたり動かさないと取り出すことができないものばかりで、すごく不便なものにしか思えなくて、どうしてそのまま取り出せないんだろう、という疑問がずっと心の中にありました。そういう点で、太陽のエネルギーと植物の関係は、すごくよくできていて素晴らしいのだなあと思ったりしました。

個人的には、この著者の方にとって、戦争って、エネルギーの観点から言って、どのような位置付けになるのか、という辺りも知りたいな~と読みながら頭に浮かんで来ました。もし続編が出たりするなら、その辺も語って頂きたいな~と思いました。

あと、環境活動家のグレタちゃんとか、こういうの読んだ方がいいかもと思いました。というか、グレタちゃん自身がこの本に匹敵するくらいの論文を書いたらいいんじゃないかな~と思いながら読んでました。

ちょうど今、ガソリンも食べ物も物価上昇が激しいですが、そういう意味でも、エネルギーに関する問題ですので、読むのにちょうどタイムリーな内容となっていると思います。

「サピエンス全史」について今更ですが感想を挙げます(どちらかというとディスってます) - Qu'en pensez-vous?

可能態、現実態、の取り扱いについて その1 - Qu'en pensez-vous?

悪夢のようなスタートレックディスカバリー - Qu'en pensez-vous?

『世界は「関係」でできている』を読みました

『世界は「関係」でできている 美しくも過激な量子論

 

カルロ・ロヴェッリ

NHK出版

を読みました。

 

飛行機に乗ったりなどの長距離移動の最中に、わざわざ紙の本で買っておいた『世界は「関係」でできている』を読んでいたら、面白くてめちゃくちゃ早く読み終えてしまった。前作の、『時間は存在しない』の方は、移動中でなく在宅中に読んだにも関わらず読むのにかなり時間がかかったし理解するのにすごく頭を酷使した感じがしたけれど、今回の『世界は「関係」でできている』は割と容易な感じがしました。しかも中盤辺りからはただの哲学の話になってた。

これを読み終わった後、ちょうど、ネットニュースの方で広島大学の二重スリット実験の研究結果が出ていて、その実験結果に対して5ちゃんねらー達がスレッド挙げてる5ちゃんねるまとめ、みたいのを見たのだけど、ねらーの人たちのスレッド見てて非常に勉強になった。なんかすごく量子論について詳しい人たちがいるというか、いろんな意見が出てて、確かにわかってない人もいるのだけど、ポツリポツリとハッとするスレッドがあり、なるほどと思った。『世界は「関係」でできている』の良い復習になった感じで、ネット民って意外とすごいんだな~と感心したりもした。(聞くところによると、知り合いの知り合いの知識ある感じの人が、5ちゃんねるに出没していて書き込みをしている、のだそうだから、意外とそういう所にはその昔勉強しました的な人達が集っている場合があるのかも)私的には、量子論ってのは、お化けみたいな話だという第一印象なのだけど。

この本の中で最もびっくりしたのは、153ページくらいからのナーガールジュナの著作についての話ですね。仏教哲学でサンスクリットと書いてあるから、インド哲学の書籍だろうと思うんだけど、なんと、あれが出てきてます。「非ず非ず」が登場となりました。155ページの註に、「非ず非ず」の構造が説明されてます。建築家の原広司さんの書籍にもよく登場してくる「非ず非ず」ですが、量子力学の分野でも仏教哲学の原理が引用されるのですね。で、カルロ・ロヴェッリさんの書いてあることを読むと、出会った時のみ存在となるって感じで書かれていたと思う。それ以外の状態の時は無であり空であると。

機内読書では、本に付いている紐一本だけでは足りず、とにかく、付箋の持ち合わせも無かったので、重要と思った箇所に、辛うじてあった紙を切って挟んでおいたので、もう一回読んで考えてみたいと思います。

「時間は存在しない」を読んだ - Qu'en pensez-vous?

カルロ・ロヴェッリ著『時間は存在しない』2周目の感想 - Qu'en pensez-vous?

シソンヌに始まりアンガールズで終わる話

ユニバーサルホームのCMやWOWOWのCMをやっているシソンヌっていうお笑い芸人のお二人、完全にCMの影響ですけど私としては本当に面白いと思って去年辺りから見てますけど、そう言われてみればWOWOWの方では、シソンヌのライブって放送されてたはずで、WOWOWの放送予定のパンフレットをめくるとシソンヌっていうのはよく目にしていたけど、その放送自体は一度も見たことなかったです。もし次回放送されるようなら、必ず見たいと思ってるところです。地上波では最近、シソンヌの長谷川さんの方は結構見かけるようになったかな?最近テレビ見てて、あれっ、シソンヌの人じゃない?ってことが多くなってる。

YouTubeの方で色々シソンヌのコント見たりもしてますけど、お笑い芸人というよりかは、本当に俳優さんのようなレベルで、びっくり仰天。完成度が高くて、すごく楽しめます。ライブDVDとか買っちゃってもいいかもしれないとまで思ってます。ライブDVDの番号が、フランス語の数詞で表記されているのも好印象。

シソンヌのじろうさん単体のYouTube動画で、お米の広告をやってるのをこの間見たんですが、「青天の霹靂」っていうお米のCM動画。青森のお米だったんですね、青天の霹靂って。この銘柄のお米のパッケージは確かに見かけるけど、名称がちょっと恐いので敬遠して一度も買おうとしたことが無かったし、津軽のお米ともずっと知らなかったけど、今度からお米売り場で見かけたら、シソンヌのじろうさんがやってるお米だって思うことにします。じろうさんの津軽弁は本当に何言ってるか全然わからない。言葉不明過ぎて引くレベル。しかしやっぱり青天の霹靂って、お米に付けるネーミングとしてはちょっと恐いな~。食べるとびっくりするようなことが起こりそう。私としては、近年めちゃくちゃ美味しいと思ったお米があって、それを上回るおいしさのお米でなければ、わざわざ改めて買ってみようとは思わないかな~という気はしてます。私がおいしいと思ったのは、新潟の「新之助」っていうお米なんですけどね。赤白のパッケージで遠くからでもすぐ新之助だって見分けがつく。でも少々高めではあるので、新之助はたまにしか食べないのだけどね。日常的にはもうちょっとお買い得なお米にしてますけど。青森の青天の霹靂の価格帯は把握していないな~。北海道のお米は私はダメなことが多いかも。好みでなく、良くない感じ。

いえいえ、そんなことを書こうとしていたのではない。私のところはヘーベルハウスなのだが、でも確かに、ユニバーサルホームも悪くないと思い、ユニバーサルホームを考えていた一時期は確かにあった。シソンヌさんがやってるCMにもあるように、床暖房ですよね~。ユニバーサルホームは床下の構造に特徴がある。あと、CMではあまり出て来ていないけど、外壁ね。悪くないと思う。

しかし、ヘーベルハウスでも床暖房はバッチリできるし、ヘーベルハウスのあの外壁は比類なき壁なのであった。

というわけで、一体何を書いているかわからなくなったが、CMの影響というのは大きい。テレビを見る種の人たちにとっては。というのは、10代~20代の若者たちは本当にテレビを見ないし、見ないどころがテレビを持っていない若者がたくさんいるとこのことなので、テレビCM、特に地上波のCMに反応して喜んでいるのは、ある一定年齢以上の人たちということは確定だ!

私としては他にも続編を楽しみにしているCMがあって、それは家庭教師のトライのCMですかね。シャレが効いてて面白くて新作をいつも楽しみにしている。若者はテレビをあまり見なくなっているということは、あれを見て申し込もうとか思うのは、子の親世代ということになるでしょうか???

と、ここまで書いておいて、シソンヌが面白いとか言いながら、こんなこと書くのもなんですが、アンガールズとかもWOWOWで放送があったりもしてたみたいなので、もしリピートがあれば見て見たいと思いますけど。アンガールズのライブ見たいです。アンガールズの方が昔からずっと馴染みがあるし、それに最近田中さんが脂が乗ってきているせいもあり、見たいと思いますね。アンガールズの田中さんが出るテレビ番組はよく見てますけどね。

床暖房で暖か - Qu'en pensez-vous?

屋上でコートの天日干しをする - Qu'en pensez-vous?

なぜかセブンイレブンでアルポルト

コンビニで食べ物を買わざるを得ない時、普段なら私はローソンかファミマかミニストップで買うのが良いと思っていて、極力セブンイレブンでは食べ物は買いたくないと思っている(しかし実際のところ、そういうわけにも行かずセブンイレブンで購入ということは多々あるのだが・・・気に入った商品についてはリピート買いしているかもしれない。なのでセブンはピンポイント買いな部分が大きい)。ところが、アルポルト片岡護シェフが監修した商品が発売されるというセブンイレブンCMを見かけたとたん、これは買って食べてみようという気になり、早速ゲットし食べてみたのだった。片岡護シェフのレシピ本を私は2冊所有しているため、コンビニ飯といえども興味を持ったのだった。フォカッチャサンドではなくパスタが食べたいと思い、温製(カルボナーラ)と冷製(バジルソース)どちらにしようかと迷ったが、バジルの方に魅力を感じたため「海老とあさりの冷製バジルソースパスタ」というものを選んだ。ちょうど天候が雨模様でジメジメしていたこともあり、バジルソースの清涼感が美味しく感じられた。しかも、非常に良いオイルを使っているように思われた。オリーブオイルがかなり上質ものを使っているのではないのだろうか。冷製パスタだと、食後体が冷えるかな、などと思ったりもしたが、こっくりと乳化した風のオリーブオイルが体を温めてくれるようで、冷製パスタなのに、オリーブオイルのおかげてホカホカするような感覚が食後数時間継続した。この麺は多分カッペリーニだと思う。最近自分ではカッペリーニも茹でなくなってしまったので、判別ができない。もう10年くらいカッペリーニを茹でていない。片岡護シェフのレシピでカッペリーニの冷製トマトソースを作ったのはいつのことだったか。フェデリーニにしては細すぎるからカッペリーニだろうと思う。この商品は600円したので、コンビニパスタとしては非常に高めだがとても美味しかった。特に、オリーブオイルが美味しかった。うちで、贈答品で人からとても高級なイタリア産オリーブオイルを頂いたことがあり、そのオリーブオイルが美味し過ぎて、常用したいと思ったものの、後から値段を知ってこれは常用はできないと悟ったオリーブオイルがあったのだが、その味に似ていた。そのとても美味しいオリーブオイルの瓶は、銘柄を忘れないためにも、使用後も捨てずに瓶ごと保管してあるのだった。

期間限定商品なのかな?とは思うけれど、このイタリア気分のフェアが一体いつまでやっているのかわからないので、出ている間にこのイタリア気分フェアのその他の商品も試してみようかなと思っている。そして、次回は、コンビニの容器から、ちょっと高額なお皿に移し替えて食べてみるとより良いかもしれないとも考えている。

春、烏龍茶 - Qu'en pensez-vous?

もう3人揃っての芸が見れない

ダチョウ倶楽部上島竜兵さんが亡くなられたこと、ショックでした。

昔、若い頃、友達同士の会話の最中とかで、ダチョウ倶楽部好きだよ、って言うと、えっ、そ~いうのが好きなの!?と周りの人から結構引かれたりしてました。(なんか、私は他人から見てシャレオツ系のイメージらしかったのだが、かなりの「汚」なイメージの芸人を好きと言うので面喰らったらしい)ダチョウ倶楽部はかなり自虐的な芸風で出てきてたから、出始めの頃はああいうのはきっと大衆への衝撃があったのかもしれない。現在だともう芸人って、もうああいうのが普通で、芸人って公衆の面前で虐待されるために存在する、くらいな勢いだと思うんですが、彼らがそういう道筋を切り開いたのでしょうか。3人揃っての「ヤー」がもう見れなくなるなんて信じられません。いろんな記憶に残るフレーズあったのに、すごく残念。好きだったのにな~、ダチョウ倶楽部。上島さんいてこそだったのにな~。それに竜兵ってお名前がかわいい感じで好きだったな~。でも俳優志望だったとはテレビで見てて初めて知りましたが。先輩の志村けんさんがコロナで亡くなってそれでずっと立ち直れなかったのかもね。残ったお2人の胸中とかコメントが知りたい。

それにしても芸能人の人達って大丈夫なんだろうか。人、亡くなり過ぎでどうなってるのと思う。


グローバルゲート

名古屋にありますグローバルゲート。

今年撮影したものではありません。この時はコロナの状況が悪かったはずなので、人がほとんどいません。

美しい中庭。

冬だったので、突風が吹いてました。ショップの植木鉢とか植物がなぎ倒されていました。すご~く寒かった。

綺麗な空中庭園。でも寒い。誰もいない。

要・急の用事でこの施設に来たのだけど、今となっては、この施設にも名古屋にもとうとう私は用は無くなったので(!!!やった~、嬉しい)再訪の予定は直近では無いと思う。しかし、何らかの機会があれば上の方のホテルには泊まってみたいな~、と思う。

竹中工務店設計施工の建築を訪れることが多くなってます - Qu'en pensez-vous?

竹中工務店による、名古屋市営金城ふ頭駐車場 - Qu'en pensez-vous?

タルト・オ・フレーズ2回目

こちらは、3月に作ったものですが、記録程度に挙げておきます。1回目といちごを違うように並べてみようと思い2回目に取り組んだ。

またカスタードクリームがもったりして失敗している。

タルト・オ・フレーズ - Qu'en pensez-vous?