Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

引退表明した小室哲哉の新曲「Be The One」が全盛期を彷彿とさせる名曲で心に響いた~TMネットワーク時代からのファンが語ります~

今回「Be The One」を記事にするにあたり、これまで忙しかった都合で見ていなかった小室さんの会見の模様をYou Tubeで初めてフルで見ました。事前知識としては、1月に文春砲の影響で引退するという事実と情報番組の抜粋で妻のKEIKOが小4の漢字ドリルをするという話を聞いて衝撃を受けていたくらいで、その程度のことしか知りませんでしたが、長時間に及ぶ会見と質疑応答をYou Tubeで見まして、本当に、小室さんが可哀想過ぎるし、いたたまれない、という気持ちでいっぱいになりました。悲痛で、まるでお通夜のような重苦しい会見、才能ある人をこんなに追い詰めてしまうマスコミって、とも思いました。最後、記者の方の質問あと2名となったところで、女性の記者の方が涙声で“小室さんの音楽を支えにしてきたファンの人たちがいる”ってことを話し始めて“ファンの人達は小室さんに幸せになってほしいと願うと思う”と質問の中で語っていましたが、本当にこの女性記者の方の仰る通りだと思いました。私も同感です。

でも耳鳴りは、比較的簡単に治るのではないでしょうかね。耳鼻科のお薬さえきちんと飲めば、数か月間~年単位で飲まなければいけないかもしれないけれど、治るには治るのではないかと思います。即座には治らなくてもいつかは必ず治ると思います。

まだ気が動転しているような状態ですが、以下、動揺する気持ちを抑えてなるべく平常心で記したいと思います。

仮面ライダービルド」主題歌で、小室哲哉浅倉大介のプロジェクト、パンドラft.Beverlyの「Be The One」って曲が出ています。
こちら公式と思われるショートMV↓

www.youtube.com

こちらは一般の方の投稿だと思いますがYou Tubeに挙がっていたイベントの模様↓

www.youtube.com

↑この動画大変気に入って、ここのところ毎日見ています。

小室さんも密かにノリノリで良い感じですね。
これを見たら、引退なんてしなくてもいいんじゃないの、と本当に思いました。

先日、NHK小室哲哉が出るというので見ました。というか見れないかもしれないと思いましたが出番が最後の方だったようで間に合って生放送で見れました。ボーガルのBeverlyが後半ミスってたみたいですが、でもいい曲だと思いました。
引退効果もあってか、「Be The One」が発売週のチャートで1位になっているという情報がありました。「Be The One」ヒットすると良いですね。

TMネットワーク時代からのファンで、特に小室哲哉個人が好きというわけでなく、TMネットワークの音楽とか世界観が好きで、TMネットワークTMNを聴いて育ったようなものですし、私と同世代の人たちは皆同様にして子供時代~思春期を送ったはずです。その後の小室ファミリー全盛期もちょうど青春時代に重なります。
小室哲哉個人のファンの人の見分け方は、小室哲哉のことを小室さんでなくて「てっちゃん」と呼ぶんだったと思います。当時大体クラスに1人くらいは小室哲哉を「てっちゃん」と言う人がいていろいろ教わりました。今思うと、私はどちらかというとウツ(宇都宮隆)派だったのではと思います。TMネットワークのコンサートで結構真近で見ることができた回があって、その時ウツがまるで羽根を広げた孔雀のように華麗に光り輝いて見えたので、それでインパクトが強かったのだと思います。小室さんの方はどちらかというと、逆立った髪の毛で赤いショルダーキーボード姿でたまにゆっくり歩いてくる感じで、それほど派手な人じゃなかったと思います。フワ~っとして白く光り輝いている感じでした。

今思い返して、TMネットワークで好きな曲、と言われたら、
「RAINBOW RAINBOW」
「YOUR SONG」
BE TOGETHER
「DIVE INTO YOUR BODY」
こんな感じで思い浮かびます(曲名とか間違っていたらすみません、思いついたまま書いてます)。一般的には「GET WILD」が一番有名だと思いますけれど。
アルバムは「HUMANSYSTEM」を一番よく聴いたように思います。    
そんな感じで、子供のうちからTMネットワークのコンサート(ライブでなく、敢えてコンサートと書きたい気分。そういう昔でした)に友達同士で通っていた不良でした、私は。今となってみると、ちょっと考えられません。まだ子供なのに夜遅く出歩くなんて、自分はかなり不良だったと思います。

小室さんの音楽って、ちょっとSFっぽくて、かわいい感じがして、ファンタジーっぽい世界観がするところが良かったと思います。
TMネットワークの「CAROL」っていう組曲風のアルバムがあるんだけれど、後年、「tk-trap」(だったと思う)っていう、キャロルの英語版でよりアレンジが壮大になった感じのCDが出たと思うんですが、それがすごく気に入って何度も何度も聴いた覚えがあります。綺麗でした。そういうファンタジー風の世界が良かったと思ってます。
あと、小室さんはソロアルバムも出していたと思いますが、“レタス入りのハンバーガー、カーラジオからジャクソン・ブラウン”っていう歌詞がある「Gravity Of Love」だと思いますが、この曲も好きでした。
そんな風に気に入っていたCD群も度重なる引越しにより行方不明で困っているところなんですが、多分どこかには保管されてるはずです。
小室ファミリーではglobeとか華原朋美とかさんざん聴きました。カラオケでもさんざん歌いました。渡辺美里の「My Revolution」なんて発声練習代わりに今でも歌います。

ですので、文春砲にやられようとも別にTMネットワーク時代からのファンとしては動じないというか、良いものは良いし、小室さんの音楽を享受し恩恵を受け続けて来たのだから、楽しかった思い出を週刊誌なんかに壊されてたまるものかと思います。

他には、現在ゲーム音楽をやってるそうで、どうなるの、今辞められたら困るんじゃないの、みたいな話は身近で聞きました。今受けてる仕事に関しては全部こなすと仰っているようですが。

もう何年も前のことになるのかもしれないですけど、テレビで小室さんが細木数子とか江原啓之とかに相談したりしていたような時期もあったように思います。「昔はあんなに売れていたのに今はね~みたいに言われるのが辛い」とか、「ヒット曲が書けないのが辛い」とか、そういう吐露をテレビで聞くのが、ずっと小室さんの音楽で育ってきたファンの立場としてはものすごくいたたまれなく、悲しい気持ちになるんですよね。聞いてる方だって辛い。
そういう話を聞くよりかは、どんどん女性と付き合って別れて、また付き合って、リア充でいればどんどん名曲が出て来るんなら、スキャンダルもそれほど気に病む必要はないんじゃないの、と思ったりします。仕事の成功を取るなら、プライベートは荒れ放題でもやむを得ないのではないか、そう思います。もっとファンのことを信じて、自由に活動して良いのではないかと思う。

「Be The One」がヒットすると良いですね。本当にそう思います。
近年ではかなり突出した曲になってるんじゃないでしょうか。いい曲です。

ブリトニー・スピアーズ来日公演初日代々木第一体育館行ってきました! - Qu'en pensez-vous?

バク転をきめるブリトニー・スピアーズ、その筋力維持のためのワークアウト動画など - Qu'en pensez-vous?

「SING」を、字幕版吹き替え版両方とも見ました - Qu'en pensez-vous?

味のバリエーションいろいろmeijiR-1ヨーグルト - Qu'en pensez-vous?

TOTOのシステムバスルームサザナの使用感 - Qu'en pensez-vous?

〈食洗機推進派〉食器洗い機が無ければ生きていけない - Qu'en pensez-vous?

隈研吾さんによる、サニーヒルズ・ジャパン - Qu'en pensez-vous?

オープン前なのでフライングですが、GINZA SIXの外観写真あります - Qu'en pensez-vous?

ラ・ロッシュ邸 ル・コルビュジエ - Qu'en pensez-vous?

本棚にしまえるスツール、ブックニチュア/BOOKNITUREの使い心地 - Qu'en pensez-vous?