Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

2020年度からの大学入試センター試験に代わる新テスト、英語について

本日昼のNHKのニュースで、大学入試センター試験に代わる新テストの最終案が文科省によりまとめられた、と伝えられました。
個人的に特に注目していたのは英語の試験がどうなるかということで、早く決定事項を知りたいと待ち望んでいたため、真剣にニュースに聞き入りました。
何と、センター試験としての英語は廃止されるとのことです。その代わり、英検その他の民間検定試験が活用されるとのことでした。
これは驚きました。
なぜこんなにこのニュースが気になるかというと、当家の者は、新方式での試験を受けなければならない世代に相当するためです。
少し前からこの話題についてネットで調べていましたが、もう新方式に切り替わった後の子供たちは良いのですが、ちょうど切り替わり時期より一年前の世代の人たちなどは「浪人できない」などと書いてあるサイトまで目に入り、そこのところ一体どうなるのだろう、と不思議に思っていました。なぜ浪人できないかというと、センター試験で英語の科目があった時は良かったけれども、浪人したら、どうしても民間の何らかの英語検定試験を受験しなければならなくなるため(恐らくそういうことではないかと思います)、浪人生には負担がかかるということになります。このあたりの救済措置はどうなるのかな、と疑問に思いましたが、良く良くニュースを見てみると、大幅な変更となるため、新試験導入後数年間は従来型の試験も続けることを検討している、とあります。これに関してはまた後日決定してさらに詳細の発表があるようです。
ただ、当家の者はハッキリとこの切り替わり以降の世代ですので、浪人できない問題には無関係なのでその点は問題ありません。
高校三年生の時に2回、民間の英語の検定試験を受験できるのだそうです。良いスコアの方を提出できるということでしょうか。
疑問なのは、高校3年生以前に取得していても良いのかということ。高校3年よりも前に良いスコアを目指して何度でも受験しても良いと言うことなのだろうか。そして、指定の級などはあるのだろうか。大きく飛び越えた級を取得した場合などどのように評価されるのか、など、より詳細情報が知りたいところです。詳細情報がわからなければ、勉強や検定試験受験の計画も立てることができません。こういうことはもっと早く決めて公表してほしいものだと思います。
それとも明日辺りの新聞に詳細についての解説が載るでしょうか。
でもようやく、英検が、従来型の採点方法を取りやめ2016年からスコア方式に変更になった理由がこれでハッキリわかりました。センター試験の制度が2020年度から大きく変わるということで、それに対応した移行措置だったのですね。やっとわかりました。