Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

塗り製品を普通の器として食品を盛り付け普段使いしてみる

こういった和の塗り物が好きです。

f:id:jaunecitron:20170429032306j:plain

重厚感があって、大袈裟な仰々しい演出ができるのでは、と期待させます。普段使いにもっと登場させたいといつも思っています。
以下、これまで約2か月の間に作って塗り物にセットした食べ物たち。

おはぎを作りました。こんな感じでどうでしょう。

f:id:jaunecitron:20170429032335j:plain

次は稲荷寿司。

f:id:jaunecitron:20170429030802j:plain

最近は堕落して、自分で油揚げを甘辛く煮なくなってしまって、市販の煮付けてある油揚げのパックを買ってきてしまっています。
中身のご飯だけ自分で詰めてます。酢飯にしらすと白ごまを混ぜてから油揚げの中に詰めて、こんな感じで盛り付け。酢飯をぎゅうぎゅうに詰めるので、いつもはち切れんばかりの稲荷寿司になってます。

f:id:jaunecitron:20170429030834j:plain

こちらは、ヨーロッパの揚げ菓子ベニエ。フランス料理が専門の料理研究家若山曜子さんのレシピで作りました。
これちょっと失敗ですね。色が濃過ぎ。もっと色が淡い段階で引き上げないといけなかった。
ヨーロッパの揚げ菓子も、塗り物と相性が良かった。

f:id:jaunecitron:20170429030638j:plain

そして、カットパイン。
パイナップルもこうして入れてピタリと蓋を閉めれば、冷蔵庫にそのまま入れておけて便利。塗り物の色合いとパイナップルの鮮やかな黄色が良く合って見た目にも綺麗。
 
もう見事に食べ物が糖質の連続でしたね~。肥満や生活習慣病が気になる方はあまり真似しないようにして下さい。
広告を非表示にする