読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

「小さな風景からの学び」 乾久美子 著

小さな風景からの学び さまざまなサービスの表情 
乾久美子東京藝術大学乾久美子研究室 編著
TOTO出版

こちら、言って見れば、原広司さんの「集落の教え100」の構成に似ていると言えば似ているのだけれど、観察対象のスケールがより微細で、より身近に存在する小さな建築的表情を捉えた写真が驚くほどの枚数集められていて、グループ別にまとめられています。
一言で言えば、「これだけの数、よく撮った!」とまず思いますし、これだけの撮影をするのどれだけ時間がかかったのだろう、どこまで撮りに行ったのだろう、大変そう、と思います。
だんだん見ているうちに、可哀想というか哀れみの気持ちまで湧いてくるというか、ここまでしなければならないの、と思うくらい。

これ実際の建築の設計には生きるものなのかなあ。建築の設計などとは、何か少し話の論点が違っているようにも思えるけれど、どうなんでしょう。

g-境界のところは、明らかに、実際の設計にも使えそうな感じはありますね。
53薄く構える
52半透明
このあたりはいくらでもありそうな感じで、既存の現代建築にすぐさま見い出せそうです。

各グループ名は
a-並び方 b-スケール c-そっとおいてみると d-集まり方 e-散らばり方 f-内と外
g-境界 h-見せ方 i-屋根 j-架ける k-図案 l-にぎやかし m-占拠 n-同調 o-光
p-影 q-かたちあそび r-色 s-よせあつめ t-みち u-おおらか v-日常

かわいいと思ったのは、d29の双子。
全体的に好きなのはo-光のところ。
私は元々、あまり照明をつけるのが好きではなく、自然光だけで暮らしたいと思っていて、薄曇りの日でもできる限り自然光だけで過ごしたい派です。そういう意味で、多少暗くなる部分が出来てしまっても良いので、自然光への依存度が高い建築が増えてくれれば嬉しいなと思っています。

乾久美子さんの、ルイ・ヴィトン 台北ビルディング - Qu'en pensez-vous?

「集落の教え100」原広司 著 彰国社 - Qu'en pensez-vous?

中村拓志さん設計「おもはらの森」 - Qu'en pensez-vous?

トッズ表参道ビル - Qu'en pensez-vous?

TOTOのシステムバスルームサザナの使用感 - Qu'en pensez-vous?

「非ず非ず」を西洋の言い方に置換してみると? - Qu'en pensez-vous?

「集落の教え100」の補注 1自然 2空間 について思うこと - Qu'en pensez-vous?

可能態、現実態、の取り扱いについて その1 - Qu'en pensez-vous?

少々理解が進んだ「様相」 - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする