読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

ほぼ日手帳

暮らしを愉しむ

今週のお題〉愛用しているもの

新しい手帳が出回る季節ですね。

ここ最近は、手帳はこれにしています。ほぼ日手帳です。

f:id:jaunecitron:20151031202142j:plain

使ってみて本当に良かったので、リピーターになってしまいました。どの点をとっても、使い勝手が良くて、離れられません。
こちら、オリジナルの文庫本サイズのものですが、もっと大きいノートサイズくらいのものもあります。一番最初、店頭でサンプルを見比べてものすごく迷って、本当はノートサイズのものが買いたくてたまらなくて、最後の最後まで迷いました。しかし使い終わった後、保管する場合の収納スペースの問題で諦めて、文庫本サイズのものを毎年買うことになりました。
何かわからないことが生じた場合、さかのぼって昔の手帳を調べなければならないこともあるので古い手帳も取っておくんですが、そういう意味で文庫本サイズでないと後々自分が収納面で苦しむことになる、という理由で。

文庫本サイズでも、お値段結構高めです。なので、10月~11月にかけて、うっかり他のことにお金を使ってしまわないように、ほぼ日手帳を買うためにお金を確保しておかなければならなくなります。というのは、結構、飛ぶように売れる商品のようで、「あれっ、今日お金ちょっとしかないから、また後日買いに来る」などと先延ばしにしていると、だんだん品薄になってきて入手できなくなるおそれもあるので、見つけたらその場で買ってしまわないといけません。

ほぼ日手帳を、本当にかわいく、楽しく、使っている人たちっていると思います。用例集の本まで出ています。
私のほぼ日手帳はすご~く汚いです。ほんと、メモ代わりです。全ページTO DOリストだらけになってます。しなきゃいけないことを次々書き込んで、こなしたら斜線で消すか、済マークを付けるという感じで。(これが、心がすさんでくるんです・・・)
こだわりは(というか、心がすさむのを紛らわす唯一の方法は)、レフィルを自由に選べるuniの多色ペンで、カラフルに書き込むことくらい。

この手帳の何が良いかって、パタン、とページがめくれること。めくると手帳の本自体が真っ平らになる。ストレスがありません。書き込みが楽です。そして、紙が丈夫で薄い。デザインもシンプルで邪魔にならないおしゃれ感。私は、カバーもつけずに、そのまま使ってます。

広告を非表示にする