読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

「巨匠の残像」日経アーキテクチュア編 を見てみました

『巨匠の残像 「建築」を拓いた17人の遺風』日経アーキテクチュア編 2007年刊で、日経アーキテクチュア誌上に掲載されていた「巨匠の残像」をまとめた本だそうです。 取り上げられている建築家は次の方々。一人残らず故人ということで・・・。吉村順三宮脇檀…

磯崎新さんの「日本の建築遺産12選」を読みました

「日本の建築遺産12選 語りなおし日本建築史」磯崎新 著 新潮社 こちらの本、読んでみて大変面白かったです。建築家の磯崎新さんが、垂直方向と水平方向に日本建築の構築スタイルをジャンル分けしながら西洋建築との比較も含めて解説しています。全体的に…

松隈洋さんの「残すべき建築」

「残すべき建築 モダニズム建築は何を求めたのか」松隈洋 著 誠文堂新光社 刊 老朽化により次々と取り壊されて行くモダニズム建築や解体を免れたモダニズム建築について述べられています。以下は目次ではなく、取り上げられている各モダニズム建築について、…

「窓がわかる本 設計のアイデア32」を見てみました

「窓がわかる本 設計のアイデア32」中山繁信・長沖充・杉本龍彦・片岡菜苗子学芸出版社 こちらの本をさらっとですが見てみました。素人の判断ですが、良い内容だと思いました。設計を仕事にされている方だけでなくこれから家を建てようと思っている方も参考…

中山繁信さんの「世界のスローハウス探検隊」を読みました

世界のスローハウス探検隊日本・世界の「建築家なしの住宅」を巡る中山繁信 著 株式会社エクスナレッジ こちら「建築知識」の連載を1冊にまとめた本だそうです。建築を素描してあり、住宅内部の様子を想像しながら興味深く見ることができます。建築家なしの…

林望さんの「思想する住宅」を読みました

「思想する住宅」 林望 著 東洋経済新報社 作家で国文学者の林望さんが、ご自身の家作りや建築に対する考えについて書かれているエッセイで、東洋経済オンラインの連載を一冊にまとめたものとなっています。 林望さんと言えば、確か、能についての本など書か…

「世界に誇れる東京のビル100」

「世界に誇れる東京のビル100」 宮本健次 エクスナレッジ 株式会社エクスナレッジから出ている建築関連の本、最近本当にたくさんあって、パッと目に留まるのは必ずエクスナレッジから出ているものというくらいに豊富です。ただ、以前もエクスナレッジから…

「未来をつくる建築100」マーク・クシュナー

TEDBooks「未来をつくる建築100」マーク・クシュナー 著 牧 忠峰 訳 解説 山崎 亮朝日出版社 マーク・クシュナー(Marc Kushner)さん、Architizer.comというサイトを作っている方のようです。 5000件の中から100選んだということです。SANAAとか坂茂とか藤本…

「現代建築のトリセツ」松葉一清

「現代建築のトリセツ 摩天楼世界一競争から新国立競技場問題まで」PHP新書 松葉一清 著 「新建築」にこの本が紹介されていたため読んでみました。京都大学卒でムサビの先生である松葉一清さんの本。帯には隈研吾さんの推薦文が載っていて、本文中巻末にも隈…

「紙の建築 行動する」 坂茂 著 岩波書店

「紙の建築 行動する 建築家は社会のために何ができるか」 坂 茂 著 岩波書店 プリツカー賞受賞の社会派建築家である坂茂さんの本。こちら、文章だけでなく建築写真も豊富に載っています。 以前、NHK教育テレビの夜遅い番組に坂茂さんが出演されてしゃべ…

「偶有性操縦法」 磯崎新

「偶有性操縦法 何が新国立競技場問題を迷走させたのか」 磯崎新 著 青土社 建築家磯崎新さんの本。新国立競技場問題についても取り扱われています。 私が磯崎新さんの書籍でかつて読んだことがあるのは「磯崎新の建築談義」のシリーズ全12巻。五十嵐太郎…

『世界で一番美しい名作住宅の解剖図鑑』

エクスナレッジムックから出ている『世界で一番美しい名作住宅の解剖図鑑』という本を見てみました。 巻末に、無断転載の禁止や、インターネットなどに載せるなと厳しく書いてあるので、ただ感想のみ書きますね。 手描きの絵というか図で、名作住宅が解説さ…

Casa BRUTUS1月号の温泉特集

「カーサ・ブルータス」、もう2月号が発売された直後で時期を逸してしまいましたが、一つ前の号、1月号の特集が良かったのですよ。1月号の特集は『THE BEST HOT SPRINGS 究極の癒しがデザインされた温泉100』ということで、建築家によるデザイナーズ温泉…

「再発見/ル・コルビュジエの絵画と建築」 林美佐 著

旧ブログの記事ストックを見直していたら、こちらの本のレビューがあったので、コルビュジエ建築のまとめとして、新ブログの方にも再掲載します。 『再発見/ル・コルビュジエの絵画と建築』林美佐 彰国社刊 芸術学方面の勉強をきちんとされた学芸員の方で、…