Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

エル・デコ8月号の隈研吾さんインタビュー記事 

インテリアデザイン雑誌『エル・デコ』8月号に、『隈研吾が目指すスローで小さな東京』という特集がありました。

一般向けの雑誌の方がわかりやすい気楽なお話が読めるのですごくいいなと思っています。日本の木材を用いる、日本には木造建築文化があるということ、優しい建築を作る、などのお話があります。
丹下健三さんの時代の価値観は現代においては見直され、『東京は小さくゆったりとした街を目指す時代を迎えている』とのことでした。少子高齢化などもありますし、コンパクトシティは当然の流れとしても、隈研吾さんのようなスター建築家がそのように発信することで、社会全体が確実にそのように動いていくだろうと予想されますね。スター建築家の役割ってそういう方針を提示することなんでしょうね。

コンパクトシティについては『モダンリビング』2018年5月号にも同様のインタビューがありました。 

こちら、238号は、豪邸特集の他、スター建築家としては、田根剛さんと隈研吾さんが登場されてました。隈研吾さんてどこにでも出ているんですね。隈研吾さんのスペシャルインタビューがありますが、これ結構内容が良いと思いました。『負ける建築』『自然な建築』『小さな建築』を一気に凝縮したようなお話が読めると思います。GA JAPANとかで語っている内容とかよりも良い感じがしました。

ML モダンリビングの豪邸特集が面白い - Qu'en pensez-vous?

『エル・デコ』8月号168頁の下の方、小さめの写真ですが工事途中の新国立競技場の写真が掲載されています。
これを見ると、スポーツ施設にはあまり見えないというか、何となく、お寺のような競技場になりそうな気配がしないでもありません。少々、完成した状態が本当に大丈夫かドキドキするような気持ちはしました。基本、機能面とかは大丈夫としてもディテールが『お寺』だったとしたら・・・。スポーツ施設/スタジアムのみなぎる雰囲気はちゃんとあるのか、出来上がったら全然問題なくカッコイイ、大丈夫だった、というのを期待しています、もちろん。

建築家の作風というのを考えてみると、普段の作風とは違うものがスポーツ施設になると果たして突然出て来るだろうか、というのを考えてみて、何例か、頭の中にスポーツ施設/スタジアムの設計経験のある数名のスター建築家の作品群と、彼らの通常の作品とを思い浮かべてちょっと比較してみました。

どうでしょう、読者の方々も色々イメージすると思いますけれど。

結構、槇文彦さんとかは変幻自在に見えます。施設のスケール、用途に応じて、簡単に、作風というよりもディテールを化けさせられる腕前をお持ちのように見えます。どんなものも器用にそれに適したデザインでこなされている。それでいて、文化施設もスポーツ施設もコンベンションセンターも集合住宅も商業施設も、全体的に見れば統一感があって同一のアーキテクトのものとわかる。

丹下健三さんはそういう意味で言ったら、すごく上手いのかもしれないと思いました。施設の用途と自分のデザインが上手い具合に合致している。一度毎に違うことをやっているように見えても、どれをとっても丹下健三の作品とわかる。

原広司さんなども、札幌ドームとか、ものすごくスポーツ施設っぽかったですね。原広司さんが好んで用いる宇宙的なモチーフはスポーティーなものと意外なほど親和性がありました。そうした宇宙的なモチーフや色彩感覚を携えつつ、近年では幼稚園、かなり前には教育施設なども多数手掛けられていますが、そのような場面ではスポーティーさは陰を潜めており、幼稚園では温かみやポップさ、教育施設ではシャープさだけでなく柔和さなども感じられる作品が多いように思います。京都駅なども宇宙的モチーフは多いものの、どちらかというと渋さや伝統を感じさせるのが不思議なところです。あずまや風ディテールによるものでしょうか。

内藤廣さんとかもスポーツ施設ありますけど、木を使ってますけど全然違和感無い。和風とも思わないしスポーティーでないとも思わない。上手。綺麗。木を使っていて落ち着きがあるのにちゃんとスポーツ施設。建築自体に落ち着きがあるというか貫禄がある。

施設のスケール、用途に応じて、1人の建築家でも多少ディテールに幅があり、デザイン上のヴァリエーションは多岐に渡り、人に与える印象も作品ごとに異なる場合の方が多いのではないだろうか、と思うのですが、隈研吾さんに関しては、ルーバーが登場して来た時代の辺りから、全ての作品が見事なまでに同一の要素、雰囲気でまとまっているのが特徴と言えば特徴となるのかな、という気がしてきています。
最近、隈研吾さんのちょっと違ったものが出て来たなと思ったのは、海外の作品で、あれは英国のV&Aだったのではないかと思うんだけれど、ああいうのが本来の隈研吾さんの形態なのではないかと建築雑誌で見た時にまず思いました。ず~っと昔、M2というのがあったと思うんですが、あれを貫いても良かったのに、とずっと思っていました。きっとM2は世間的には色々言われたのかもしれないけれど、別に悪くないんじゃない?何か悪い?と思いました。あれが隈研吾さんの本来の作風なのではないのかなあ。ジャイアント・オーダーの時代と言うの?わかりませんが、今だったらそれに戻っても誰も文句は言わないんじゃないのかな、と思った。

槇文彦さん設計、テレビ朝日社屋 - Qu'en pensez-vous?

朱鷺メッセ その2 - Qu'en pensez-vous?

丹下健三さん設計の、国立代々木競技場第一体育館 - Qu'en pensez-vous?

札幌ドーム - Qu'en pensez-vous?

JR京都駅ビル - Qu'en pensez-vous?

内藤廣さんの、とらや工房 その1 - Qu'en pensez-vous?

隈研吾さん設計、日本平夢テラス (1) - Qu'en pensez-vous?

『ナショナルジオグラフィック日本版』2018年6月号特別付録に札幌ドーム登場 - Qu'en pensez-vous?

ML モダンリビングの豪邸特集が面白い - Qu'en pensez-vous?

芦原義信さんの『隠れた秩序』を読みました

『隠れた秩序 二十一世紀の都市に向って』
芦原義信 著
中央公論社

読んでから少し時間が経ってしまったので上手く書けるかわかりませんが、以下の記事↓を書いた時に、本当はこの内容で書こうと思っていたんですが時間が無くて今に至ってしまいました。

テニスのマリア・シャラポワ選手の自邸が陰翳礼讃な日本風 - Qu'en pensez-vous?

  

マリア・シャラポワは、自邸内で裸足で過ごしていました。行動面でも日本風ということで更に驚き。

テニスのマリア・シャラポワ選手の自邸が陰翳礼讃な日本風 - Qu'en pensez-vous?

芦原義信さんの『隠れた秩序』で最も印象に残ったことは、日本人は靴を脱いで家の中に上がる、靴を脱いで家族が密接な生活を送っている、というお話です。
西洋の視点から見て、日本の家屋はまるで大きな寝台のようなもので、ベッドルームの上で人々が大変寛いだ生活を送っているように見える、ということが念を押して書いてあったと思います。

どうやら芦原義信さんは、玄関で靴を脱いで家の中に上がって過ごす日本の住宅について、家屋内がワンルーム仕様の寝台空間であるが故に、他人を自邸に招き入れ歓談したりする社交の場に成り得ないことをあまり好ましいことではないと考えているように読めました。

165頁に『わが国の一戸一戸の住いがそれぞれ大きな寝台で家族がその中で仲よくごろ寝していると仮定すると、これはとんでもない都市構成をもたらすことになる。』
とあります。

これを考えていて、また思い出したのが、原広司さん設計の反射性住居のシリーズでした。建築雑誌の写真でしか見たことはありませんが、『住居に都市を埋蔵する』というコンセプトの下、反射性住居は住宅内部が都市さながらの景観と空間を有しており、このシリーズは、芦原義信さんが懸念を示す日本的な寝台空間とは明らかに異なり、住宅中心に『廊下』という概念に属するものではなく『ストリート』に属する空間が通っており、頭上のトップライトはただの天窓としての機能以上のヨーロッパ風アーケード様の仕掛けとしてあり、それらの左右にシンメトリーにプライベートゾーンが配されるという、非日本的な空間となっていると言えるようにも思います。反射性住居のシリーズは、実はとても西洋的な空間性を有しているのではないかと常々思っています。

これは少々古い本で昭和の時代に書かれたものですから、その時代にはそのように考えられていたのか、とタイムトラベラーになった気分で読んでしまうんですが、165頁から169頁の部分の文章が21世紀へ向けての提言になっていると思います。
まさに現実にここに書かれた通りにほぼなっていると思いますが、幾つかこの時代には思いもよらなかったこととしては、少子高齢化と地方の深刻な過疎化、そして災害の多発だったのではないでしょうか。

これ以外にも、第一章建築の外観について3遠目の建築・近目の建築、第二章3足算と引算の形態ー部分と全体4緑化の哲学、なども大変面白く読みました。

「見えがくれする都市」を読みました - Qu'en pensez-vous?

『くうねるところにすむところ 04 家族をつくった家 芦原太郎』を見てみました - Qu'en pensez-vous?

「住居に都市を埋蔵する」 原広司 著 - Qu'en pensez-vous?

個室についての考え方、書斎やスタディルームを独立して設けるべきか - Qu'en pensez-vous?

竹中工務店による、名古屋市営金城ふ頭駐車場 - Qu'en pensez-vous?

暑い夏は、火を使わなくて済む料理を作るべきだったのだ!

少し前に、人生で初めて「冷や汁」というものを作ろうと思ったのだけれど、作り方がわからなかったのでネット検索しました。そして最も美味しそうに見えた冷や汁レシピのあるサイトが、『白ごはんcom』だったのですが、そこの料理写真がものすごく美味しそうで、本格的で、プロの料理研究家の方が運営しているサイトだとわかりました。『白ごはんcom』最高です。

で、そのレシピで自分で作ってみた冷や汁がこちら。

f:id:jaunecitron:20190914205906j:plain

すごく美味しかったです。
味噌をあぶる、というのは知りませんでした。こくが出るんですって。クックパーのホイルの上に味噌を平らに広げてグリルで焼きました。

冷や汁が食べたかったというよりは、ここ数か月、火を通したアジを食べていなかったので(アジの刺身は良く食べた)、焼いたアジが食べたくて仕方が無かっただけかもしれないですけれど。アジの塩焼きとかって、何となく手抜き料理に思える上に、小骨をたくさん取り除かなければならないのが、遅い時間に疲れ切って夕ご飯を食べなければならないうちの受験生には過酷で可哀そうに思ったので、アジの塩焼きやアジの干物を出すのを避けていました。

しかし冷や汁なら、アジの干物を予めほぐして出せるので、すぐに食べられて便利です。

それに今更気が付きましたけど、味噌をあぶって干物を焼くだけで済むので、冷や汁ってキッチンが暑くならずに済む料理だったんですね。

今年の猛暑の中、何度もBBQ味のチキンをオーブンで焼いたりしてキッチンを熱帯化させていたことを猛反省しました。

もう夏も終わりで徐々に秋の気配がしているところですが、また来年に備えて火を使わずに済む料理を幾つかレパートリーに加えておく必要がありそうです。でも、電子レンジは極力使いたくないんですよね~。となるとローフード系かな。

スカッと爽快、自家製ジンジャーエール - Qu'en pensez-vous?

朝日新聞に掲載されていた土井善晴さんのコメントから思ったこと - Qu'en pensez-vous?

電子レンジで作るホワイトソースを使ったほうれん草入り『ナポリのラザーニャ』で祝うクリスマス - Qu'en pensez-vous?

グルテンフリー食の一時休止期間中に作った小麦を使ったお菓子~バニラシフォンケーキとシナモンロール~ - Qu'en pensez-vous?

マキノ出版『最強の野菜スープ』のおかげで小松菜の用途に光明がさした - Qu'en pensez-vous?

危機的に時間が無い

本当に大変になってきて、ブログを書く時間が無い、一人で考え事をする時間が無い状態なので、あまりにも読者様をお待たせするのも申し訳ないので、ブログ休止に入ろうかどうしようかと考えていました。

結論としては、やめずに細々と続けます。

しばらくするとまたちょっとゆっくりできる時間が取れるのではないかと思うのだけれど。

今回、新たに3本書いてみて、やっぱり気分転換になって精神衛生上良いみたいなので細々と続けます。

凄く今、人生が大変で辛いです。

コメントを受け付けていない理由 - Qu'en pensez-vous?

citronとして復帰します - Qu'en pensez-vous?

ブログタイトルについて - Qu'en pensez-vous?

うっとりしてしまう上流階級の人々

今週のお題「夏を振り返る」

今年の夏は自分にとって今まで考えたことも無いことを考えさせられる出来事が幾つもありましたが、最も大きかった体験は、とても華麗な人たちが世の中にはいて、そういう人たちがいるべき場所にはちゃんといるのだ、ということを知ったことでした。

華やかさ、麗しさ、知性の高さ、思考力、優雅な物腰、立ち居振る舞い、気品、優しさ、多分それは育ちの良さから来るものではないかと思うのだけれど、男女共にため息が出るくらい素晴らしい人達がいるのだと感心しました。
華麗な人たち、華麗さから漂う育ちの良さの正体とは一体何から来るのだろう、と考えて、ネット検索したりして調べてもみましたが納得できるような回答やまとめはありませんでした。外見のことでは無いんです。その人がまとっている雰囲気がまったく違うというか、表現し難い違いです。単に教養というのとも違う気がする。全体的に良い生活を送っていることから来る何か?つまり上流階級?

あんな風になれたら良いと思うけれど、彼らとは元が違っているのかもしれないとも思い一瞬悲しくなります。

これまでそういう方々に全く出会わなかったと言えば嘘になりますし、確かに身近でもそういううっとりするような方々はこれまでも少数ですがいらっしゃいました。

とても自分と同じ世界に住んでいる人たちとは思えなかったけれども、自分自身の振る舞いや、特に子育てにおいても、常にそのように意識して、華麗さのある人物に育てようと思えば育てられるのではないか、育てられたのではないか、と今更ながらに思いました。

こう言ってしまうとかなり差別的な言い方になってしまうのだけれども、学歴というよりも、どういう内容の学校を出て大人になって行ったのかも家庭環境以外でもその人の人間形成にとってかなり重要なことのように思うのですが、身近にいる立派な方々を見ると、トップの方の私立を出た方々はどこから見ても華麗です。うっとりするほど華麗。優雅。
対して、国公立出身の方々は華麗さに欠けるのは仕方ないかもしれない。しかし人にもよりますが、立派な地位に就いている方々などからは特に、知性の高さや心の余裕、目配りの良さ、バランス感覚の良さ、反射神経の良さのようなものを感じます。

これまでの人生で自分は、悪い人たちばかりに惑わされ過ぎたような気がします。立派な人たちの方に意識を向けて生きると良いことがあるのではないかと思うし、見習いたいです。何か悪い人たちに毒されたり侵食された場合は、すぐに理想とする人たちのことを思い出して心を良い状態に保っていかなければと思いました。

うっとりとするこの気持ちを忘れずに過ごして行けたら、と思います。

朝日新聞に掲載されていた土井善晴さんのコメントから思ったこと - Qu'en pensez-vous?

マインドフルネスが脳にとって良いらしい - Qu'en pensez-vous?

映画「メッセージ」を見ました - Qu'en pensez-vous?

キャッシュレス決済ってどのくらい浸透しているのだろう? - Qu'en pensez-vous?

パリのノートルダム大聖堂 - Qu'en pensez-vous?

個室についての考え方、書斎やスタディルームを独立して設けるべきか - Qu'en pensez-vous?

他ブログ様の影響で作ってみた蒸し野菜料理 - Qu'en pensez-vous?

キャッシュレス決済ってどのくらい浸透しているのだろう?

キャッシュレス決済が推奨されて来ていますが、当ブログの読者様方は日頃どのような決済方法をされているでしょうか?

管理人はぜんぜんよくわかっていないのだけれど、辛うじて非接触IC決済は好きなので以前から使っていますが、少々困ることもあります。

大抵、交通系ICはどこでも使えると思いますが、それ以外の本当は使いたい銘柄の決済は店舗によって使える所と使えない所があるため一回店舗レジで表示を見てみないとわからない、ということがあったりします。

チャージ型の電子マネーなど、お店毎にどんどんカードの枚数が増えて荷物も増えるしチャージも面倒だしで、たった1枚で日本全国のあらゆる店をカバーできないんだとしたら電子マネーすらものすごく不便だな~と思います。

ただ、キャッシュレス決済だと、レジの人の負担が劇的に軽く見えます。お釣り無しで素早く会計が終わるしこっちもすぐに去れるし。コンビニでこちらがキャッシュレスでやろうとしていて前に並んでいる人が小銭を探してレジで時間を食っていると「キャッシュレスにすれば早いのに」とか思ってしまう。でも、どうしても現金でなければならない場面もあるでしょうし、こちらもやむなく現金という場合はあるので(払い込みなどは特に)、それはケースバイケースとなりますけれど。あとキャッシュレスだと一々お財布をカバンの外に出さずに済むので有難いし、最悪お財布持たずに外出して買い物ができるため、その点安全性は高そうと思ったりします。

f:id:jaunecitron:20190901221348j:plain

こちらはやむを得ず交通系ICで購入した、映画「ファンタスティック・ビースト」に出てくるニフラーのマウスパッド(ニフラーはキンキラキンに光るものが大好きなカモノハシ似の魔法生物)。本当は交通系ICだけは使いたくなかったのだけど、その店(新宿)では使いたい銘柄の決済が使えなかったので仕方なく(その決済でポイントが貯めたかったので。消費税が上がったらより一層その銘柄を使うようになるかも)。どこでも自由に使えないのは本当に不便(その銘柄は成田空港では使えました)。言う程、世の中の普及が追い付いていない気がする。

ところでキャッシュレス決済から一気に話は飛びますが、最近いよいよプラスチックストローが禁止になって来ていますね。プラスチックによる海洋汚染という環境問題によるもので、当ブログでも関連記事書いてます。↓

『ナショナルジオグラフィック日本版』2018年6月号よりプラスチックによる海洋汚染について - Qu'en pensez-vous?

ファミリーレストランのドリンクバーからストローが姿を消していてびっくり(こう書くと、多分どのチェーンのことかすぐにわかると思いますが)。しかし、それもファミレスチェーンによってはまだプラスチックストローを提供している所もあり、そういう所はキャッシュレス決済も不可となっていました(こう書くと一体どのチェーンの話かきっとわかると思いますが)。社会問題や社会情勢への対応の仕方、早さ遅さ、いろいろあるんだな~、ということを感じた今年の夏でした。

『ナショナルジオグラフィック日本版』2018年6月号よりプラスチックによる海洋汚染について - Qu'en pensez-vous?

レジのタブレット化による無音のお会計 - Qu'en pensez-vous?

TOTOのシステムバスルームサザナの使用感 - Qu'en pensez-vous?

感震ブレーカーにしよう。 - Qu'en pensez-vous?

パリのノートルダム大聖堂 - Qu'en pensez-vous?

宅配便が1回で受け取れないという問題~よく再配達してもらってます~ - Qu'en pensez-vous?

朝日新聞に掲載されていた土井善晴さんのコメントから思ったこと - Qu'en pensez-vous?

年末と言えば、これを見ないと年を越せない『ビートたけしの超常現象Xファイル』を若干見逃した - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ「boyfriend」のミュージックビデオが好き

アリアナ・グランデの「boyfriend」、曲もめちゃくちゃ好みですぐに気に入ったし、ミュージックビデオも最高です。これまでいろんな映像見てきましたが、他のアーティストも全部ひっくるめて歴代1位くらいで管理人はこのMVを気に入りました。これ大好きです。内容が面白いし、アリアナ・グランデが弓を引くシーンとかちょっとしたバイオレンスが幾つかある。後半、アリアナ・グランデの胸からビームが出るなんてまるでX-MEN。最後まで見て「ハハハ」とちょっと笑える。
今回「boyfriend」では、これまで裏方プロデューサーでやって来たソーシャルハウスがやっと表に出てきて共演してます。で、一応ミュージックビデオでは、ソーシャルハウスのセクシーな方とアリアナ・グランデが親密になる設定になってますけど、実際に交際中であるかどうかは不明。しかし多分これは交際していますね。ソーシャルハウスのセクシーじゃない方(!?)というかパイナップル頭の方は、すごく歌が上手いですね。
R&Bのプロデュースもできて自分たちでも歌える次世代がちゃんと出て来たな~と思ったりして、何だか安心もしました。ソーシャルハウス、良い感じです。セクシーな方の人は、アイシャドーしてる?アイシャドーというかアイカラー。アリアナ・グランデが水色のアイカラーを上瞼にしているけど、男性の方は淡いピンクのアイカラーを目の周囲に塗ってるように見える。違うかな。元々の仕事仲間だから気心が知れていて良いんじゃないのかな~と思った。お似合いの二人。 

アルバム「thank u, next」は、Social HouseとかTBHitsとかのプロデュースが多いみたいです。彼らすごく良いです。私は好みです。

従来のプロデューサー陣が苦心惨憺して作ったとみられるアリアナ・グランデの新作「thank u, next」 - Qu'en pensez-vous?

他にも、ファッション雑誌数誌で見かけましたが、ジバンシーの広告をアリアナ・グランデがやっているんですね。大人っぽくて美しいです。すごく似合うし。グリーンのジャケットの広告が最も美しかった。

アリアナ・グランデの他にも今年を代表するミュージックビデオと言えば、カミラ・カベロとショーン・メンデスが共演する「senorita/セニョリータ」が挙げられるでしょうか。こちらは管理人は好きでも嫌いでもありませんが、話題の二人による熱いラテン曲ということで。二人は交際中なのかな?だとしたらビッグカップルとなりますね。カミラ・カベロはフィフスハーモニーをいち早く脱退したから私としてはあまり良い印象は持っていませんでした。メンバーを捨てて自分だけ、みたいな。最初からフィフスハーモニーじゃなくてカミラ・カベロのソロで良かったのにと見てる方としては思ってました。フィフスハーモニーのあのわざとらしいアピールが古臭くて逆に新鮮というか面白かったというか、時代錯誤でびっくりしたんだけれど、カミラ・カベロはそうした表現を強要されることを拒絶してソロになったらしいのに、結局ソロになるとそういう仕事をせざるを得ない状況に追い込まれるんですよ。だから女性歌手ってのは職業上そういうことは覚悟しなきゃいけないんじゃないのかなあ。それが良いとか悪いとか古い価値観とかではなくて仕事の性質上やむを得ないという部分はありそうに思う。

こんなところにも アリアナ・グランデの意外な動画を発見 - Qu'en pensez-vous?

従来のプロデューサー陣が苦心惨憺して作ったとみられるアリアナ・グランデの新作「thank u, next」 - Qu'en pensez-vous?

2019年6月時点の洋楽概況 KHALID&TYGA&Juice WRLD&ZAYN - Qu'en pensez-vous?

J-POPではケミストリーとスキマスイッチは結構好きだ - Qu'en pensez-vous?

知らない方が幸せになれる、J-POPの衰退との関係が噂されるコード進行の話 - Qu'en pensez-vous?

ラテンムードの「Mia」&「Taki Taki」 - Qu'en pensez-vous?

ブリトニー・スピアーズおすすめミュージックビデオ3選 - Qu'en pensez-vous?