Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

偉大なるコメディアン没す

コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスで亡くなったこと、ものすごく衝撃的でした。これ、かなりショック大きいですね。だって小さい頃からテレビで見て来た人なわけだし。本当に幼児の頃から「8時だよ全員集合」とか当たり前のように見て育ったわけですし。その後「バカ殿様」とか、最近では「志村どうぶつ園」とかで、長年ずっと絶えることなくテレビに出続けていた人なわけだから、衝撃は絶大です。志村けんさんは愛犬家であるという印象が強いですが、犬好きに悪い人は絶対にいないですもの。
少し前には、コロナではなくて、心不全で元ヤクルトスワローズの野村監督が亡くなっていますけど、野村克也さんの訃報もかなり大きいニュースでしたが、それでもまだ野村監督には弟子たちがたくさんいるので引き継がれている感がありましたし、十分生きられた感もありました。それに比べて志村けんさんの死はより堪える感じがします。喜劇をやってきた人が亡くなると、こんなに悲しい気持ちになるんだ、ということと、小さい頃からテレビで見てきた人がこんな形で、まさか新型コロナウイルスで亡くなるなんて想像もつかなかったし、可哀想だし、驚き以外の何物でもありません。今回入院の報道があった時に、志村けんさんのことを真っ先に「タレント」ではなく「コメディアン」という職業名が私は思い浮かんで、その通り日本でも海外の報道でもコメディアンと書かれていますが、それは本当に誇るべきことだし素晴らしい功績だったのだと改めて思いました。ただのテレビタレントではなく、コメディアンだったのだ、という事実。人を笑わせる仕事、人を笑顔にする仕事。今、芸人やタレントの中で、コメディアンと呼べる人がどれくらいいるか、そう考えたらものすごく限られてくると思うから。コメディアン、と呼ばれることの凄さ。「今日何も面白い番組無いよ~。どうする?」って時、番組表を表示して「あ、馬鹿殿があるじゃない、馬鹿殿にしよう。」と言って見たりもしていました。あの殿様の変装だけでも十分目を引くけれど、あれじゃなくって、腹巻姿でとび職みたいな建設作業員風の紺色の衣装を着て、頬を丸く赤く塗って、その変装でするコントが直近では記憶に残ってます。その姿で寄りかかったらパイプが折れて、また寄りかかったら折れて・・・という感じのコントだったように思うんだけど、あの変な建設作業員の変装も、馬鹿殿に並んで良く見るように思うんだけど、そんなにヘビーウォッチャーでは無いのでそこまで語れませんが。でも、飼い犬がさぞ悲しんでいるだろうな~と思う。ご主人様が帰って来ないんだから。第2のプロフェッサー上野だな~。・・・というのは、お正月にWOWOWアメリカ版「忠犬ハチ公」を見たところだったので、本当に犬って飼い主がいなくなると追いかけちゃうので、さぞ、志村さんの犬は動揺しているだろうと思う。

・・・そんな感じで、もはや事態の切迫感が半端極まりなくなって、身の危険を感じるレベルです。

スペイン風邪の時の日本国内の死者数は数十万人に上ったそうですから、今回の新型コロナウイルスでもそれと同じかそれを上回ることになるのではないでしょうか。
こんなことになるなんて思いませんでした。まったく思いもよりませんでした。東日本大震災原発事故以上の悪いことが起こるなんて予想もしませんでした。

これはまたオカルト系サイトからのトンデモ系知識ですが、ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガが、2025年のヨーロッパについて予言してるそうですが、今までは一体それって何だろう?核戦争とかそんな非合理的なことを現代の文明人がする?と思っていましたが、それは新型コロナウイルスによる結果なのかな、と思って不気味に思っているところです。フランスの人口だけはすぐ思いついたので書くと、フランスの人口は確か日本の半分しかなかったはずですから、今時点でもう死者が3000人出ているとすると・・・。恐いからもう書きません。
今日はテレビで、WHO上級顧問の日本人の方が終息には数年かかると語ったことが出ていたようです。恐ろしいです。

最大限自分で自分の身を守るしかありません。最善を尽くしましょう。

物資の不足 最も困っているのはハンドソープの不足 - Qu'en pensez-vous?

物資の不足 最も困っているのはハンドソープの不足

作家の本田健さんが、今から約2週間前くらいでしょうか、(私はYouTubeで見ましたが)動画で、日本でもロックダウン(都市封鎖)が起こるでしょうから、賢い皆さんは今から、買い占めではなく備蓄をしましょう、そうすれば本当にそうなった時に行列に並ばなくて済みますし感染も防げます、といった内容で呼びかけておられました。

本田健さんの著書は、私はたった1冊しか読んだことがないんですが、当ブログ中でその著書について記載がある記事はこちら→

映画「メッセージ」を見ました - Qu'en pensez-vous?  )

その動画を見る前は、ちょうどフランスのディオールなどの香水工場で消毒液を製造するというニュースが最初に報道された頃だったので、私としては香水をはじめ化粧品が無くなるのではないかと思い、まずは百貨店の化粧品売り場に急ぎ香水などを購入したりしていました。もちろんトイレットペーパーなどの紙類が消えていて恐怖を感じていましたが、何と、確実に紙類が手に入るお店を1軒発見したため、それについてはかなり安心しました。本田健さんの動画を見てからは、一応、少量の食糧の買い物をするにはしましたが、今ある量としては4、5日分しか持たない程で備蓄と言うには不十分な量の物資しかありません。
マスクについては以前新型インフルエンザが流行った頃かそれより前のSARSの頃のことだったのか、昔、大量購入したマスクが幸いうちにはまだ残っているので(とは言え、使い切れば無くなってしまいそうな量ではありますが)マスクは分量的にあるにはあります。今、困っているのは、手洗いのためのハンドソープです。これは品物が無かったり、あってもお1人様1点までとなっていたりするので本当に困っています。

しかしながら、最初の話に戻りますが、食糧の備蓄をしたとして、備蓄が役に立つ時というのはそれは世の中がどういう状況になっている時かと考えてみましたが、それは恐らく、日本が今のイタリアのような状況になってしまい、そんな大変な状況の中でもなぜか自分や家族は感染せずに死んでいなかった場合、生きるためには食べなくてはならず、それでも外に簡単に出られないため、やむなく備蓄の食糧に手を付けざるを得ない、そういう場合しか考えられません。
今、買い占めするな、という報道で、スーパーに食糧は十分にあるから買い占めたりしないで下さい、となっていますから、多分、当面は供給されるのではないかと思います。しかし日本は食糧自給率が低くほとんどを輸入に依存していることを考えると、あまり楽観はすべきではないのではないかと思えます。

今回、4、5日分の食糧を買うにあたり、品目については少し悩みました。というのは防災用品とはまた少々違った内容になりそうだと思ったためです。災害の時は、ガス水道電気が止まった前提で乾パンや缶詰などの備蓄をしますが、今回はウイルスからの自己隔離ですからガス水道電気が通っていての備蓄というのは、一体どういった品目を買うべきなのか。そこでまず、乾物、と考えました。米の他に、豆、高野豆腐、海苔、とろろ昆布、ふりかけ、インスタント麺、缶詰め、といったラインナップになりましたがこれで適切だったのかどうかは不明です。
今、これを書く前にどう書くべきかと少し考えていた時に、ふと、「じゃがいも」もしくは「さつまいも」を買わなければならなかったのではないか、と思いつきました。
もしも、たくさんの人が亡くなり、自分もきっと死ぬはずだと思っているのになかなか死なず、なぜか自分あるいは家族は自己隔離が成功しまだ死亡していない、そんな時どうするか、4、5日分の備蓄では到底足りない、そんな場合は、自分や家族が所有している余分な土地が遠方にでもあるようならそこで農業を始めながらテントで生活するなどの最悪の状況も想定すべきではないか、と考えました。当面は、うちにあるプランターすべて使用して、イモ類を植えることからサバイバル生活を始めるべきかもしれないと考え始めました。今、冷蔵庫の中に、1袋はじゃがいもがあるので、この記事を公開したことによってもしも買い占めが起きてもその1袋から増やすこともできる。

じゃがいもでサバイバルというのは、こちらの映画で出てきているので思いつきました。→

そう言えば、前に衛星放送で見た映画「オデッセイ」がめちゃくちゃ面白かった - Qu'en pensez-vous?

火星にただ1人取り残され、じゃがいもで生き延びて地球に帰還する話。

それに、また別の動画の最初で本田健さんが、ポテトチップスの話をしていたんですよね。夜中にこっそりポテトチップスを食べてその手でレンズを触ったら曇ってしまったと言ってました。でも、その動画、長くて、その時、私疲れてて眠くて見ながら眠ってしまったんです。だから何言ってたかぜんぜん聞いてない。

その他に、娯楽面では長期戦になることを考えて、マルセル・プルースト失われた時を求めて」を借りてきました。それと、リサ・ランドール博士の宇宙論の本も。時間がかかる本であればあるほど良い。他はもう、ネットで電子書籍かな、と考えています。
見るものとしては、「ザ・シンプソンズ」の録画が溜まっているので見るものはたくさんあります。「ザ・シンプソンズ」の予言が当たったなどと騒がれていたのは、まだ状況が良かった頃(ダイヤモンド・プリンセスの頃)の話で、もうだんだん深刻さを増して来て、「ザ・シンプソンズ」の大阪かぜがアメリカに広がって、などはもはや予言の「よ」の字も当てはまらなくなって来ました。
あとは、WOWOWでジュラシックワールドX-MENのシリーズの放送があるようですから家での楽しみはありそうです。
昨年の増税前に、私は「スタートレックヴォイジャー」を買ったので(というか、買う前にずっと昔に全話見ているので今更見る必要は無いのだけれど)、それを見て過ごしたりもできます。

と、大人はこんなふうに遊びのことを考えてしまうのだけれど、受験生は大変です。そもそも入学試験が行われるのかどうか、本当に困っています。塾の先生まで、自宅受験も考えられるなどと言い始め、本当にお先真っ暗。保護者としては、エントリー制や希望制のようなものになると楽でいいのになどと考えていますが・・・。でも、それよりもまず何よりも、生存していることが大切です。

風邪薬と言っても、イブプロフェンを含む薬を服用すべきでないようです。アセトアミノフェンにすべきだそうです。
山中伸弥先生のコロナ情報のページに書いてありましたし、WHOも当初そのように呼びかけていたようですが、各方面への配慮なのかその注意喚起は撤回されました。
でもイブプロフェンには気を付けた方が良いかもしれません。イブプロフェンと同様の作用のあるオリーブオイルもこの感染症が終息するまで私は口にしないつもりでいます。デマを流してはいけないことになっているので書くべきではないのかもしれないですが、もうオリーブオイルについては有名サイトなどでかなり情報が出回っているので、それを見て、私は避けようと思っています。本来ならば健康に良い油も、この病気には逆の結果を招くということであれば今は摂らない方が良いと思ってそうします。

ワクチンや治療薬については、有名サイト「In Deep 地球最期のニュースと資料」様の3月10日の記事によりますと、これが事実ならば、不可能であるかもしれません。しかし、わかりません。2月27日の記事なども恐ろしいと思います。

ここの所本当に震え上がっています。専門家の方々の意見が聞きたいため、最近はミヤネ屋を毎日録画して、後になってから倍速再生して重要そうな所だけ拾い見をしていますが、先週の村中先生が仰っていた話に震え上がりました。後遺症が残る。人工呼吸器になったら普通の生活には戻れないかもしれないと考えた方がいいかもしれない。だから、やはりこの病気にはかからない方が良い。若い人でも罹患するそうですから、かからないに越したことはありません。

これは未確認情報ですが、未知のウイルスなのですし、もしこれが生殖に影響を及ぼすものだとしたら若い人はかかってはいけないのではないかと思います。これもオカルト板系の怪しい話ですが、ずっと前にあった未来人の予言によると、未来の男女比率が不自然な比率になっているとのことでしたが、こうしたパンデミックを起こすほどのウイルスならそういうことが起こりうることもあるかもしれません。これは放射能汚染よりも悪いかもしれません。ジカ熱では小頭症の新生児が生まれましたし、新型コロナウイルスによって何か起こるかわからないので若い人こそ注意した方が良いと思います。

オリンピックは延期になって良かったと思います。中止でもいいくらいではないかと思います。だって、イタリアをはじめヨーロッパであれほどたくさん死者が出ているのにスポーツの祭典を行うなど不謹慎ではないですか。悲しんでいる人がたくさんいるはずです。

パリのノートルダム大聖堂 - Qu'en pensez-vous?

ルーヴル・ピラミッド - Qu'en pensez-vous?

隈研吾さんによる、サニーヒルズ・ジャパン - Qu'en pensez-vous?

隈研吾さんによる、浅草文化観光センター ① - Qu'en pensez-vous?

引き続きブライアン・グリーン著「隠れていた宇宙」 - Qu'en pensez-vous?

ジカウイルス感染症 - Qu'en pensez-vous?

ひとまず良かった、英語民間試験導入見送り - Qu'en pensez-vous?

きんかんマーマレードで大晦日を過ごす - Qu'en pensez-vous?

そう言えば、前に衛星放送で見た映画「オデッセイ」がめちゃくちゃ面白かった - Qu'en pensez-vous?

映画「メッセージ」を見ました - Qu'en pensez-vous?

ゴディバやピエール・エルメなど

今週のお題「卒業」

ブログ再開予定時期はあと2ケ月先くらいの予定でいましたが、新型コロナウイルス対策の一斉休校措置の影響で少しゆっくりする時間ができましたので(申し訳ないです、逆に大変なご家庭も多いのかも?)、一時的に記事を挙げます。ついでにブログを休んでいた間に少し書いて保存しておいたりした記事も挙げておきます。


突然の休校により、今年度1年間仲良くしていたお友達たちとの突然の別れが来てしまったということで、なぜか母親の私が手土産配りに奔走しなければならないということで、急いで買いに走りました。
どこで買おうかな~と思い、最初はヨックモックと思ったのだけれど、プレゼント用の小さい包みが既にできた商品があったゴディバにしました。ヨックモックは確か以前配ったことがあるので、今度はゴディバ。すごく喜んでいただけたようで良かったです。あまおうのクッキー。甘酸っぱくておいしい。

f:id:jaunecitron:20200306224747j:plain

こちらは2月の様子。ミスタードーナツピエール・エルメに吸い寄せられて今年はおうちバレンタインもこれにしました。 

f:id:jaunecitron:20200306224840j:plain

こんなに小麦食の写真ばかりですが、それ以外はしっかりグルテンフリーを実践しているんですけれどもね。

こちらは2019年の冬に横浜中華街で購入した薬膳食材と甘栗。中華街の甘栗は巨大でおいしい。

f:id:jaunecitron:20200306224912j:plain

しかし、2019年の冬には今のような事態になるとは予想できなかったですね~。SARSの時は日本には上陸しなかったから今度も来ないだろうと思っていましたが、やっぱりクルーズ船くらいからですね。

DNAワクチンが開発されているそうですから、それが上手く行くとしたらあと半年~でしょうか?それが世に出るまでサバイバルできるかどうかというところですけれど、とても不安です。

私は結構出歩いてしまっているし、直接の関係ではないのだけれど知人の範囲で経過観察の人までいるし。恐いです。

学校が休校なのはどうでもいいんですが、塾・予備校まで休講になっていることには困惑しています。自習室まで閉鎖なんて困る。使うごとに消毒して自習室を開けてほしい。ただ、学校・予備校が休みになって大変有難かったのは、赤本やセンター過去問(と言ってももう共通テストに変わるんだけれど)をする時間が丸々2週間分もらえたこと。これはすごく大きい。で、2週間後には、予備校が開いていてもらわなければ困る。

トム・ハンクス主演「インフェルノ」見ました。 - Qu'en pensez-vous?

映画「インフェルノ」大ヒットだそうです - Qu'en pensez-vous?

夏のミルキークリームロール - Qu'en pensez-vous?

シャネルのドキュメンタリー『サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ』を見た

ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルドがこの世を去りました - Qu'en pensez-vous?

上記の記事を書いた頃から、YouTubeでシャネルのコレクションや、洋服作りに関する針仕事の様子を追ったシャネルの動画を見ているうちに、こういう針仕事系の手仕事をもっとたくさん見たいな~と思い、『サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ』というDVDを見てみました。手仕事のドキュメンタリー総集編みたいな感じで、見て感動しました。
シャネルというと華麗なランウェイや、ファッション雑誌でカール・ラガーフェルドがモデルさんたちとくっついている写真などしか通常は思い浮かびませんが、それはまったく氷山の一角でしかないことを今回ハッキリと認識しました。洋服作りの真実は全く別の所にありました。
オートクチュールのメゾンって、こういうものなんだ!ということが良くわかったし、フランスという国がいかに手仕事に重きを置いているか、ということを示すものだし、そういうフランス的価値観も感じることができ、心にズシっと響くものがありました。
アトリエのお針子さんたちが、妖精に見えました。「眠れる森の美女」に出てくるようなああいう妖精さんたちに見えた。きびきび動いてキラキラキラっと魔法のように洋服を作り上げる。
そして、デザイナーのカール・ラガーフェルドが描いたデザイン画を見て、それを形にするお針子さんたち、その能力ってすごい、とも思いました。デザイナーと、実際に型紙から縫って形に起こす人との間のテレパシーのようなものが上手く行くからこそ作品が出来上がる。その過程をこのドキュメンタリーで見ることが出来ましたし、やはり手仕事とはそれ自体価値を持つものであるとも思いました。
お針子さんたちだけでなく、靴職人その他、すべての職人たちとデザイナーとのコラボレーションで作品が出来上がる。
う~ん、とにかく感動。見て良かった。
カール・ラガーフェルドが登場する時の音楽が、皇帝が出現するかのような重厚な音楽で恐そうに出てくる。
で、まあ、そのカール・ラガーフェルドは亡くなってしまったのだが、後継デザイナーとなったヴィルジニーが、カールの助手として苦しく働いているのもハッキリ映っているのが痛々しかった。

追記
以後、春夏秋冬コレクション系のファッション誌をよく見るようになりわかったことですが、ヴィルジニー・ヴィアールのデザインする洋服ってめちゃくちゃかわいいです。シャネルは、よりフレンチシックで低年齢化したデザインとなり良くなったのではないかと思います。

ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルドがこの世を去りました - Qu'en pensez-vous?

ファッション界と建築界のコラボレーションについて - Qu'en pensez-vous?

WOWOWの2020グラミー賞を再生して見た

グラミーは2年連続でアリシア・キーズが司会してました。
2020年のグラミー賞ジョン・レジェンドが大活躍でした。というかジョン・レジェンドは基本的にグラミー常連で毎年何かしら役目があるのが常なのだけれど、大活躍する年と、少ししか出ない年があって、今年は大活躍の方でしたね。ちょっと今年というのが意外なのだけれど。

事件後公開のミュージックビデオ - Qu'en pensez-vous?
上記の記事の内容の件で曲を披露してもいましたし、プレゼンターでの活躍というか、しっかりトークできる人というポジションでの登場でしたね。
ジョン・レジェンドがプレゼンターの時に着ていたグレーというか、シルバーの、ジャケット丈がアシンメトリーになっているスーツがすごく新鮮だった。客席の方写されてたクリッシーの淡いオレンジ色のドレスも新鮮だった。
アリアナ・グランデはちょっとびっくりしました。暗闇でハッキリ映っていなかったせいか、アデルかと一瞬見紛うような感じで・・・。歌は素晴らしいんだけれど、ちょっと過呼吸になっている部分もあった気もしました。体調は大丈夫なのでしょうか。
アリシア・キーズアラバマ・シェイクスの人と歌ってた曲が良かった。
と言っても、録画を早送りでサーっと自分の好きなアーティストの部分で止めて見ただけなので、また時間があったら改めて見たいと思います。

2019年グラミー賞、当ブログのおすすめも幾つか含まれていました - Qu'en pensez-vous?

蘇るホイットニー・ヒューストン『Higher Love』がいい曲だな~と思う - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド来日公演2018年3月13日火曜日分ライブリポート JOHN LEGEND LIVE IN TOKYO 2018 Mar 13 Tue - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ「boyfriend」のミュージックビデオが好き - Qu'en pensez-vous?

蘇るホイットニー・ヒューストン『Higher Love』がいい曲だな~と思う

最近どうやら電磁波をストレスに感じるようになってしまった影響か、機械から離れたくて、ほとんどYouTubeとかを見なくなってしまっているんですが、この症状が出る少し前に気に入っていたミュージックビデオが2つほどありました。
ホイットニー・ヒューストンの『Higher Love』を、DJカイゴがアレンジし直した新しいバージョンKygo&WhitneyHouston Higher Love が出てて(というか私は旧バーションを知らない)、すごくカッコイイです。ミュージックビデオは80年代の懐かしい雰囲気。Kygoって若いんですね~。というか謎なんだけれど北欧って音楽産業が発達しているのでしょうか。やけに北欧のDJって実力派が多い印象がありますけど。アメリカとかよりもずっと。
もう1曲は、J-POPですけどCHEMISTRYの『遠影』って曲がジョン・レジェンドがフィーチャリングしていることに今更気が付いて、いい曲だな~と思ってしばらく聴いてました。しかしどこまでジョン・レジェンドが関与しているのか不明。

ドキュメンタリー映画『ホイットニー オールウェイズ・ラブ・ユー』を見て戦慄が走った - Qu'en pensez-vous?

J-POP懐古厨、この頃のお気に入りはCrystal Kay - Qu'en pensez-vous?

J-POPではケミストリーとスキマスイッチは結構好きだ - Qu'en pensez-vous?

WOWOWで放送されていたジョン・レジェンド主演ミュージカル『ジーザス・クライスト スーパースター』を見ました

ジョン・レジェンド主演ミュージカル『ジーザス・クライスト スーパースター』がWOWOWで放送されていたので見ました。
以前からネットに、流血して磔刑になっているショッキングなジョン・レジェンドの画像が挙がったりしているのを見かけていて、ちょっと見るのが恐いなあと思っていました。買って見るのも何だしと思っていたら、ちょうどWOWOWで放送があったので恐る恐る見ることにしました。
このテレビミュージカルの時期、ジョン・レジェンドはコンサートツアーで世界中を回ってたはずだからすごく忙しい時期の収録だったんじゃないのかなあ。そんな多忙さを全然感じさせない内容でした。凄く熱演してましたし、手を抜いているわけでもなく、バッチリ伝わる感じで良いミュージカルでした。
今後、西洋の宗教画など見た時に、このミュージカルのシーンやセリフや歌を思い出してしまうかもしれないと思いました。結構勉強にもなると言うか。
現代的なアレンジでイエス・キリストについて語られていたと思います。
そもそもイエス・キリスト役のジョン・レジェンドが着ている衣装が、どこから見ても私服としか思えないファッションでした。でもその普通の人感が、すごく身近で良かったし、逆にリアリティがありました。そんなにグロくはなかったです。可哀想ではありましたが。
奇跡は起こしたけれどもイエス・キリストが1人のありきたりな人間として描かれていたその素朴さ、集団心理の恐ろしさ、妬み、理不尽さなど、様々なメッセージが込められたミュージカルでした。全般的に音楽が良かったです。演者たちの歌も上手でした。

そうそう、まったく関係ないんですが、ちょうど今これを書いてる時点での、ジョン・レジェンドツイッターのトップ表示画像が、史上最高のセクシー画像に差し変わってました。ジョン・レジェンド本人というよりも(というかどっちも裸体ですが)、妻のクリッシーの方なんですけど、セミヌードになってますけど、さすがですね~。さすがモデルさん。女性の視点からしても、感動モノの美しい写真となってます。ポーズが絶妙でまるで横たわらせたミロのビーナスの背面のよう。ゴージャス・ワイフとは良く言ったもので、まさに、ジョン・レジェンドはゴージャス・ワイフのおかげで株が上がってます。というかセミヌードのインパクトは何物にも勝りますね。威力があるし、何かものすごい人生順風満帆感を醸し出してて凄い。どうよ、って感じで。 

WOWOWで放送されていたジョン・レジェンド、バロワーズセッションを見ました - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド来日公演2018年3月13日火曜日分ライブリポート JOHN LEGEND LIVE IN TOKYO 2018 Mar 13 Tue - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンドおすすめライブ動画3選 - Qu'en pensez-vous?