読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

松隈洋さんの「残すべき建築」

建築関連書籍

「残すべき建築 モダニズム建築は何を求めたのか」
松隈洋 著   誠文堂新光社 刊

老朽化により次々と取り壊されて行くモダニズム建築や解体を免れたモダニズム建築について述べられています。
以下は目次ではなく、取り上げられている各モダニズム建築について、それぞれがどのような運命を辿っているかを示すサブタイトルが次の通りとなっています。

存続が危ぶまれる建築
失われた建築
失われゆく建築
移築・改修された建築
改修・増築された建築
改修・増改築された建築
現存する建築
保存再生へ方向転換する建築
生き続ける記念碑
再生活用された建築
保存再生が待たれる建築
重要文化財として現存する建築

読んでいて悲しい気持ちになってきますが、大変勉強になる本だと思いました。

14頁~15頁にかけて、1961年の「建築文化」に掲載されていたという鬼頭梓さんの文章が引用されています。長いので改めてここには書き写しませんが、空間についての話が書いてあります。シンプルで基本的なことしか言っていないのですが、とても良いメッセージです。

77頁 改修・増改築された建築 国際建築という方法の現在形 日土小学校
これは好ましい実例ではないかと思いました。
愛媛県の日土小学校、設計は松村正恒さんとのこと。改修された建築、大変美しいです。

全体的には、やはり前川國男さんの建築は素晴らしいと思いました。フランス仕込みのセンスを感じます。
他には村野藤吾さんでしょうか。こちらは生物的ですね。

ただ不思議に思ったことは、それ(取り壊しか存続か)を決めている人たちが一体誰なのかという所ではないでしょうか。
こうした本としてモダニズム建築が取り壊されてる現状について訴えることも必要だとは思いますが、最も良いのは、建築に従事する方々が、官僚や政治家、都市計画の方々と強いパイプを作ればこのような事態にはならないのではないかということは読んでいて思いました。すべて取り壊してしまって一から作った方が建設業界の経済が回るなど経済性の追求のためにこのようなことになっているのではないかと思いますし、その他には、壊してしまわないと後進が新たに建築するチャンスを得られないなどの問題もあるのかもしれません。しかし、その辺りを、モダニズム建築の価値を訴え保存する方向で動くには、公的な立場の人たちの力が要るのではないのかと素人考えでは思いました。更には民意も必要になってくるのではないかと思いますので、一般の人たち側の知識としても、建築物についての知識が多少はあった方がいいのではないかと思いました。せめて義務教育の美術の教科書くらいにでも近現代の建築史の概論くらいは載せて教えるくらいでないといけないのではないでしょうか。一般の人々の間に建築そのものに対する関心がそもそも無ければ、保存・改修などの必要性に気が付くことすらできないのではないかと思いました。

『建築から都市を、都市から建築を考える』槇文彦 著 聞き手 松隈洋 岩波書店 - Qu'en pensez-vous?

国立西洋美術館 ② - Qu'en pensez-vous?

前川國男 東京都美術館 これも「下降する」建築 - Qu'en pensez-vous?

東京文化会館(改修後)前川國男 - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする

ユニクロ店内BGMを、楽曲検索アプリ無しで自力で探し突き止めた話

雑談 フランス語

街中で流れている曲が何気なく耳に入ってきて、この曲良いなと思っても、曲名がわからなくて困ったりすることがあると思います。そんな時、スマホの楽曲検索アプリを使って、スマホに音楽を聴かせれば曲名がズバリ出てくるという手段があるとは言え、私は一度たりともそんな器用な芸当ができた試しがありません。そもそも、いいなと思っても、既に曲も終盤に差し掛かっていたり、スマホに聴かせるより自分が聴くことの方に熱心だったり、スマホカバーがバッグや服に引っかかったりして素早く取り出すことができません。結局は自分の耳に頼らざるを得ないということが圧倒的に多いです。

日常的に音楽に飢えているのか、良いと思った曲はどこまでも逃したくないという気持ちがあるので、いい音楽が聴こえてくると途端にフォーカスしてしまいます。

先日、ユニクロで買い物しました。ユニクロが安いからと言ってポンポン買っていると結局出費になってしまうので、ここでも財布の紐の固さを発揮して、いつも必要なものだけ1点買いして素早く店の外に出るようにしているのですが、その1点買いをするために棚の前に突っ立っていたその時に、いきなりフランス語で歌うかわいい曲が聴こえてきました。例えるなら、日本で言えば西野カナのナチュラル系の曲の雰囲気に似ています。そもそもフランス語の曲がBGMで流れているということ自体が珍しいと思いましたが、ユニクロはフランス人デザイナークリストフ・ルメールとコラボしていることもあってそうなっているのかなとまずは思いました。単にず~っと流れっぱなしのチャンネルのせいで偶然出てきただけだったのかもしれません。それともその店舗の人が勝手に選曲してかけていた曲なのでしょうか。それについてはわかりません。(その曲の次に流れた曲は英語の男性ボーカル曲だったので選曲はランダムだったと思います。)

とは言え、本来の目的は買い物ですので、目的の商品を手に取り吟味しようと意識を切り替えましたが、それでもやはりフランス語が聞こえてきます。気になって仕方がありません。単純な事しか言っていません。聞き取れました。曲のテンポもゆっくり目でディクテしろと言われたらできるくらいのセンテンスでした。歌詞を一部覚えて帰宅しました。
しばらく忘れていたのですが、またYou Tube民になって無為な時間を過ごしていた時のこと。覚えて帰ったフランス語のセンテンスを、You Tubeの検索に書き込んで調べてみました。次々といろんな曲が表示されます。その曲は、ナチュラル系でアコースティックな感じだったので、それっぽい画像をまずは探します。何曲か再生してみましたがダンスミュージック系ばかりでした。諦めかけていたところ、検索結果3ページ目くらいで、何とユニクロ店内で聴いた曲を発見しました。ヒットしました。確かにその曲でした。間違いありません。デビューしたてらしき無名の女性シンガーの曲でした。
調べがついて嬉しかったです。しかしこれは珍しい成功例です。

過去には失敗もしています。調べがつかなくて、未だに不明な曲がありずっと気持ちが悪いです。
失敗談の舞台は、伊勢丹
遅い時間帯に廊下というか階段に近い辺りで、ジャズっぽい音楽が聴こえてきました。英語で歌っています。しかしいいなと気が付いた時には、もう既に曲も中盤を過ぎている感じでした。かなりのアップテンポで、確かにジャズです。女性ジャズボーカル。英語で歌っている内容は、日曜日の午後に彼が車で迎えに来て緑の中に行くみたいな爽やかな感じの歌詞だったと思います。曲のテンポが速く英語を聞き取っている間にあれよあれよという間に曲は終わってしまいました。曲のタイトルすら歌詞から憶測することもできませんでした。
そこでYou Tubeで女性ジャズボーカルを検索して片っ端から再生して聴いてみるんだけど、ぜんぜん違います。そもそも女性ジャズボーカルっていうのが、アップテンポの曲がありません。ほとんどすべてゆっくり。唯一アップテンポなのがエラ・フィッツジェラルド。他に可能性がありそうなのはビリー・ホリデイ。でも、それらを聴いてみても、やはり何か違います。こんなに古い年代の曲じゃないと思いました。わりと最近の曲のようで、声も割と軽かったです。そこで最近の女性ジャズボーカルも調べましたがこれが全くの見当違いでぜんぜんそれらしきものは出てきません。

困って、ヤフー知恵袋に、同じようなことを考えている人がいないか検索してみた所、これがいらっしゃいました。
伊勢丹、BGM、ジャズ、で検索したと思いますが、確かに私と同じことを考えて質問されてる方がいらっしゃいました。伊勢丹に流れてる曲がお洒落で良くて、でも何なのかがわからない、という方が。
というわけで、伊勢丹にはお洒落~な曲が流れてる、しかし謎だらけ。
三越伊勢丹はジャズピアニストの上原ひろみさんをメンターに起用したそうですから、ジャズに詳しい方がいらっしゃるのかもしれませんね。↓

news.livedoor.com

知ってる曲が街中で流れてくると安心します。後から必死にYou Tubeで調べる必要が無いから。この間は待ち合わせのため突っ立っていたファッションビルからジョン・レジェンド「Love Me Now」が聴こえてきました。いい曲でした。反省しました。過去レビューでこの曲を酷評しました。↓すみません。外で聴こえてきたらめっちゃいい曲でした。

ジョン・レジェンド「ダークネス・アンド・ライト」中の9曲目TEMPORARILY PAINLESSって曲が最高 - Qu'en pensez-vous?

上原ひろみさんのSPARKジャパンツアーライブ行ってきました - Qu'en pensez-vous?

上原ひろみ「SPARK」 - Qu'en pensez-vous?

マックブックエアーは素晴らしい - Qu'en pensez-vous?

パウリ効果が起こった時の機器類のリカバリー方法 - Qu'en pensez-vous?

フローリングの床を美しく保ちながら暮らしたい - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする

「建築―あすへの予感 離陸への準備」彰国社 

原広司さんの空間:理論編

「建築―あすへの予感 離陸への準備」彰国社 刊
原広司伊東豊雄石山修武山本理顕高松伸 著

上記建築家さんたちの対談集です。

f:id:jaunecitron:20170218232540j:plain

目次は以下の通り。
――――――――――――――――――――
予告 

相互批評/五つの討論
可能世界への誘導と展開
清浄なる世界風景への誘導
自由への建築的構想
パフォーマンスの記念碑をめざして
精神史としての建築

座談
空中庭園と宇宙船

包括的批評
他者たちの会話への測深
――――――――――――――――――――
相互批評の下欄には、対談で用いられたキーワードに対する脚注がついていて、各概念の詳しい説明があります。

この本、大変な年代物です。
見たら、昭和61年発行と書いてあります。
実際に私がこの本を購入したのはそれよりもずっと後でしたが、当時はこうした概念的なお話が面白いと思い熱心に読んでいたと思います。物持ちが良く、今までずっと持っていました。

建築関係の雑誌の書籍紹介コーナーに、この本が挙げられていたのを見たことがあります。誰が紹介していたかというと、建築家の西沢立衛さんか藤本壮介さんのどちらかだったと思います。それを見た時、あっ、私も同じ本持ってると思いました。ずいぶんと私はオタクですね~、この本を持っているなんて。

現在に至るまで、建築の人たちというのは、何かと言えばシンポジウムだとか座談会をしているというイメージで、建築雑誌などでもやたらと座談会を行っていますが、あれは一体何なのでしょうかね。そんなに数多く語らなければならないものなのかと思ったりして見ていますが・・・。
その座談会の原型がこの本にあるような気がしています。

というか、私としても久しぶりにこの本を見てみたので驚いていますが、昔は皆さん元気があり夢があり、世の中も自由で活気があったのですね。1980年代というのは、皆が夢を持てる時代で、自由な良い時代だったのですね。
こうした恵まれた時代を駆け抜けた建築家の方々が、ポストモダン建築を世に残し、われわれはその夢の残像を見、建築空間を体験しながら生きていることになります。
建築は数十年単位で残存するため、ひとたび作られたら後世の人たちは物質的形骸だけでなくその空間概念共々、心身共にその人工空間からの影響を受け続けることになります。
残念ながら、1980年代に思い描かれた夢と、まったく違った状況が現在生まれていると思います。建築空間は夢があり自由でも、そうした建築が林立する都市に生きる我々には、夢や自由がありません。舞台は優れていても、そこに生きる人たちが以前に比べて格段に精神的に疲弊しているのではないかと思います。明らかに建築的な舞台と現代人の置かれた状況との間に乖離があります。

現代は、多くの人が夢や希望を失っていると思います。多くの人たちがとにかく生活を維持することに必死。途方もない夢など抱けない。この世界、この社会の中で何とか生き残っていくように努める、それしか考えられない。そういう状況になってきていると思います。
ゆとり世代とかさとり世代とか、それくらいならまだ良かった。正社員になるのが夢だ、とかでもまだ良かった。
もっと若い世代だと、将来ロボットやAIに仕事を奪われることを想定して、20年後30年後でも人間が就いていられる仕事を予め選択しておかなければならないなど、学校の先生からもそのように教えられ、ますます厳しい状況に追い込まれていると思います。全てにおいて余裕が無く、経済全体も悪く、世界的に政治状況もますます不安定化しています。そして広がる貧困と格差。

とにかく何もかも良くない。何もかもが良くない方向に進んでいる。でも、私たちは、何とかして、良い世界を後世に残す努力をしていかなければなりませんね。少なくとも建築やデザイン、美的なものに関しては、残すべきもの選ばれるべきものの取捨選択、淘汰は自ずとなされるだろうし、大事なものが一体何なのか、本当に大切で、本質的に価値のあるものだけが残っていくことになるのだろうと思います。

「建築―あすへの予感 離陸への準備」の書籍中で、現代の若い人たちに対して何かヒントがあるとしたら、次の部分ではないかと思います。
111頁で原広司さんが、ピタゴラス学派について語っている個所があります。
哲学的に正確に記すと、古代ギリシャピュタゴラス教団は、数学の中でも特に数について研究しており天界の音階を聞いたと伝えられます。ハルモニアです。
これについて原広司さんは、ル・コルビュジエはこれを比・プロポーションとして解釈したけれど、自分は音響として捉えたい、それが空中庭園とか宇宙船のイメージである、と語られています。
少々詩的で夢見心地な回答に思えますが、少なくとも、今手元にある岩波の専門書を読む限りピュタゴラス教団の天空や宇宙全体の音響とは、現代物理学の超ひも理論が描き出すモデルとほぼ同一内容のものではないかと思われます。
つまり、真実により近づいて行く方向で物事は動いており、何事においても如何なる分野においても真実や真理を追求する方向で動いて行けば間違いないのではないか、それだけは言えるのではないかと思います。

札幌ドーム - Qu'en pensez-vous?

「空間<機能から様相へ>」 - Qu'en pensez-vous?

『ディスクリート・シティ』 原広司 - Qu'en pensez-vous?

宇宙を織りなすもの ブライアン・グリーン - Qu'en pensez-vous?

ワープする宇宙 リサ・ランドール - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする

丹下健三設計、横浜美術館

建築フォト

横浜美術館 設計 丹下健三

丹下健三さんはデザイン傾向が奇妙でグロテスクでさえあるという印象を私は抱いており、あまり美しい建築を作る人とは思えません。こちらの横浜美術館も外観が多少奇妙で魔訶不思議な雰囲気がありますが、比較的内部空間は良いのではないかと思っています。竣工は1989年ということで、だいぶ時間が経過していますがきちんと維持管理されていて古めかしい建築には見えません。

f:id:jaunecitron:20170218232405j:plain

f:id:jaunecitron:20170218232435j:plain

f:id:jaunecitron:20170218232458j:plain

横浜ランドマークタワーが背後に見えてますが、ランドマークタワーもずいぶんと歴史を刻んだ建築になってきました。

国立新美術館 - Qu'en pensez-vous?

朱鷺メッセ その2 - Qu'en pensez-vous?

SANAAのディオール表参道 - Qu'en pensez-vous?

隈研吾設計、アオーレ長岡のナカドマ(中土間) - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする

トム・ハンクス主演「王様のためのホログラム」を見ました

映画

正直なんじゃこりゃ的な作品でした。突然エンドロールが出てきてこれで終わり!?とびっくりするくらいの、話としてまとまりのない散文的な内容でした。穏やかで、異国の風景や文化を見ることができ、一応楽しめることは楽しめるのですが、少々緩慢な内容だったように思います。
様々な面で、現代の世相を良く写している内容ではありました。中国の台頭、イスラム世界の様子、倒産・失業、離婚、現代が抱える主要案件が映画の中に詰まっていました。
アラン(トム・ハンクス)が運転手に「国を出たら?」と言うシーンがあったのだけれど、この映画の製作中は、移民とかそういうことがわりと簡単にできていた世の中だった。しかし公開時点では、もう世界は変わってしまい、移民とか、母国を出て人生をやり直すということが大変な困難を伴う世界になった。その点が、時事的にそぐわなくなってしまっていた箇所でした。

映画「インフェルノ」でWHOのエリザベス役だった女優さんが、今回「王様のためのホログラム」でデンマーク人女性の役で出てましたね。髪型が違ったのでわかりにくいですが、キャストを見たら確かにそうらしいです。デンマーク大使館のパーティーでトム・ハンクスを押し倒して馬乗りになってるシーンで気が付きました。

リーマンショックによってそのような状態になってしまったというだけで、かなりのエグゼクティブなビジネスマンをトム・ハンクスは演じていました。スポーツカーを運転するシーンとか結構格好良く見えました。

一応、PG12の映画なので、そういうシーンがあります。映画comのレビューに書いてた方の意見で、前半と後半で監督が違うように見えたと書いてる方がいらっしゃいましたが、その通り、本当にそんな感じでした。同感です。後半は急にフランス映画のような雰囲気さえ出ていて、一体どうしたのかと思いました。
でも人生においてパートナーチェンジはあり得ることと思います。そういうことが起こらない人もいるけれど、起こる人には起こるし恋愛そのものがエネルギー源になる人がいる。エネルギッシュで情熱的なのは良いことだ。アランはちゃんと相手を選んでいるから偉い。
というか、海の綺麗さに誤魔化されている間に情事にもつれ込んでいつの間にやらピロートーク的な展開で、見ている方としては唖然としてる間にエンドロール。商談も成立していないのに終わった。まったくもってなんじゃこりゃ、です。

フランス映画と思って見るといいかもしれません。フランス映画だったらこういうのはある。ハリウッド映画と思って見るから拍子抜けする。・・・と思ってウィキペデアで調べたら、この映画の監督はドイツ人だった!やっぱり。ヨーロッパ臭がプンプンする。

年末年始からこの映画を見るまでの間に、衛星放送でトム・ハンクス作品をたまに放送していたので、今まで見ていなかった作品を見たり、昔見たことのある作品も見返したりしていたんですが、トム・ハンクスって、実在の人物を演じることが多いんですね。
個人的には、2年くらい前の作品「ブリッジ・オブ・スパイ」というのが、実在の弁護士役でトム・ハンクスにはまり役だと思いました。
ソマリア沖で海賊に襲われるという、実際に起こった事件を扱った「キャプテン・フィリップス」ってのは良かったです。これが実話だなんて震撼します。こちらはDVDで見ました。
フォレスト・ガンプ」は、昔友達に誘われて一緒に見ましたが、それ以来ぶりに再び「フォレスト・ガンプ」を見ました。当時も嫌な映画だと思ったけど、再度見て、言葉は悪いですが胸クソ悪い映画だと思いました。本当に胸クソ悪い映画。だって、人生の理不尽さを受け入れなければいけないことを悟らされるなんて、そんなの納得行きません。人生の理不尽さに耐えるフォレストの半生、これ感動とかじゃなくて、本当に哀れな映画。見るに堪えない。でも、知的障害のある青年をトム・ハンクスが見事に演じてます。「フィラデルフィア」に続き2度目のアカデミー賞主演男優賞を獲得したんですよね。納得。
う~ん、あれから相当な時間が経ったんですね。トム・ハンクスが年を取っただけでなく、自分も年を取った!

トム・ハンクス主演「インフェルノ」見ました。 - Qu'en pensez-vous?

映画「ハドソン川の奇跡/Sully」リピート見してます - Qu'en pensez-vous?

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」2回も見ました、2D と3Dで。 - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする

ナショナルジオグラフィック日本版2017年2月号掲載の海洋保護というオバマの遺産

時事問題

近頃マリンスポーツを楽しみ笑顔で弾けるオバマ前大統領の映像をテレビで見かけたりしたところでしたが、意外だなと思っていました。オバマさんはハワイ出身だから海で遊ぶのは普通なのだろうけど、どちらかというとハワイでゴルフをしている映像を見かける方が今までは多かったと思います。
そんな折り、ちょうど家に転がっていたナショナルジオグラフィック日本版2月号をペラペラとめくっていたところ、オバマさんについての意外な記事を発見しました。オバマ大統領本人がシュノーケリングしている写真と共にオバマさんの海に対する想いが、かつて同行した記者を通して綴られています。しかもオバマさんは「史上最も広い海域を保護区に指定した」と冒頭に書いてあり、そうだったんだ、と知った次第です。
オバマさんのこうした側面はあまり報道されませんね。オバマさんと言えば、プラハ演説とか、他には打倒ISILで聴衆を沸かせる姿が印象に残りますが、それだけではなかった。気候変動についてのあれこれの演説のあたりで自然に関する話もしていましたかね。オバマさんの関心は多岐に渡っています。ずっと都会的に見えていたけれど実はナチュラリストだったオバマさん。今度もその動向を注目して行きたいですね。

トム・ハンクス、大統領自由勲章を授与される - Qu'en pensez-vous?

オバマ政権の終盤は慈悲深く愛に溢れていた - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド「ダークネス・アンド・ライト」中の9曲目TEMPORARILY PAINLESSって曲が最高 - Qu'en pensez-vous?

上原ひろみさんのSPARKジャパンツアーライブ行ってきました - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする

フローリングの床を美しく保ちながら暮らしたい

環境内行動

もうかなりのお宅が床はフローリングになっているのではないかと思います。このフローリングを如何に傷つけずに長く使うかというのが、まるで人生のテーマのごとく立ちはだかっているのではないかと思います。
例えば、昔の日本家屋なら畳が敷き詰められていて、畳が痛めば部分的にでも全体的にでも畳を取り換えればいいという発想だったのではないでしょうか。
ところが、現代のフローリングは簡単に張り直しが効かないため、一度住み始めたら神経を尖らせてフローリングの手入れに当たらなくてはいけません。

以前、賃貸マンションに居住中の間、床に見るも無残な傷を至る所に作り続け、退去する時には20万円近いフローリング張り直し請求が管理会社から来たことがありました。
居住中、傷を見つけるたびに「そんなことしたら後で大変なことになるよ。もっと椅子を優しく引けないの?」などと私は良く言っていたのですが、人に注意して言っているのではダメで、自らその問題に予め対処しなければならなかったことに請求書が来てから初めて気が付いたのでした。
嫌がらせかと思うくらいに全体重を椅子の脚にかけながら引きずり床を盛大に傷つける人だけでなく、私自身がしでかしたものは、よくアイロンを、アイロンの尖った先端から床に直撃させて、フローリングに深さ3センチもあろうかというカラスの口ばしのような傷を作ることがしばしばありました。その他にはベビーチェアの周囲には惨憺たる傷ができていました。さすがにこれは責めようがありません。

こうした椅子や家具によるフローリングへの衝撃吸収が重要だとわかったので、現在では家中の全ての椅子の脚に椅子脚専用ソックスをはかせ、さらにソックスの上から紐で縛り外れないようにし、あるいは引越し用緩衝材を買ってきて紐で椅子脚に巻き付けたりして、厳重にやっています。唯一養生していない家具はダイニングテーブルの脚ですね。非常に重いので自分で持ち上げられないのでずっと放置してあります。これも本当はきちんと脚を養生した方がいいのかもしれません。動かしてみるとびっくり、跡が付いていたということになっているかもしれません。ダイニングテーブルは内心買い替えたいと思っているので買い替えた時にわかると思います。

・・・とは言え以前からフローリングそのものに対する手入れを怠っていたわけではなく、水拭きやワックスかけは定期的に行い、掃除に関してはきちんとやっていたと思います。
私は汚れ落とし兼用ワックスで1、2週間に一度、忙しいその他の場合なら最悪でも1ヶ月に一度はフローリング全体を水拭き掃除しますが、その時、雑巾を洗うバケツを見るとその汚さが良くわかります。エアコンクリーニングをしてもらった時の真っ黒の水が溜まったバケツほどひどくはありませんが、想像以上に黒ずんだ汚れがバケツの水に滲み出ます。

フローリングの掃除が電気掃除機やクイックルワイパーだけの方は、一度、バケツに水を溜め、雑巾で水拭きしてみるとどんなに家の中が汚れるものかということがわかるのではないかと思います。びっくりするくらい水が濁ります。本当に汚いです。

というわけで、フローリングはゴミを吸い取るだけなく、水拭きをしてワックスをかけるか、最初から汚れ落とし兼用ワックスをかける、という工程が必要な代物です。

ルンバをはじめとして、ロボット掃除機がありますが、あれは最悪です!頂き物のルンバの悪口を言うのは大変申し訳ないのですが、ルンバはフローリングを傷めます。私は使いません。
ルンバが良い、という人もたまにはいるようなので、それは好みもあるのかもしれないので何とも言えませんが、私が思うにルンバは良くないです。せっかく手入れして、傷つかないようにしているフローリングが見事に傷つきます。ブラシがかなり強力なんでしょうかね。ちゃんとワックスで保護されていたおかげで、ルンバのブラシで擦られた跡は、その上から汚れ落とし兼用ワックスで良く拭いたら見えなくなりました。良かった。
ブラシが強いだけでなく、あれは充電時間がやたらに長く、四六時中コンセントを差していなければ即時使用することができません。
ルンバ嫌いです。

フローリングを長く綺麗に、傷をつけずに、生活したいものです。床が汚いと気分も悪くなります。ピカピカと輝く傷のない床を維持できるように努めたいと思いますが、住居内部を良好な状態に保ち続けるのって本当に労力が要ります。住居メンテナンスって本当に大変。

森田アルミ工業のオシャレ室内物干しワイヤー「pid4M」という商品を愛用する - Qu'en pensez-vous?

無印良品のポリプロピレン収納ラックを新聞ストッカーとして使ってみる - Qu'en pensez-vous?

TOTOのシステムバスルームサザナの使用感 - Qu'en pensez-vous?

広告を非表示にする