Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

伊東豊雄さんの「21世紀の建築をめざして」を読んでみました

「21世紀の建築をめざして」
伊東豊雄 著
株式会社エクスナレッジ

建築家の伊東豊雄さんの、今年4月に出た「21世紀の建築をめざして」をこの度読んでみました。

新国立競技場設計者の隈研吾さんは、木や竹や石といった自然素材を好んで用い、コンクリートを忌み嫌い、ル・コルビュジエも大嫌い、さらにはテニスラケットも大嫌い(確か、「負ける建築」にそんな話があったと思います)、という特徴をお持ちの建築家であるのに対して、伊東豊雄さんの方は、コンクリートが大好きでむしろ得意とする素材であり、ル・コルビュジエも否定はしていない、むしろ伊東豊雄さん自身が、「東洋のル・コルビュジエ」らしき特徴を兼ね備えた巨匠となってきていると言えるのではないでしょうか。

建築家と一口に言っても、信念の上でこのような大きな違いがおありです。

本の内容としては、ル・コルビュジエとミース・ファン・デル・ロ―エの違いや空間が均質化に向かっていることの問題、というお馴染みの議論から始まりますが、わりとすぐに伊東豊雄さん自身の近年の作品の重要な基盤となっている幾何学についての解説へと話が移って行きます。近年の作品コンセプトの傾向を通して未来の建築への提案が浮かび上がってきています。

幾何学のお話や、渦を巻くような、とか、形態がプリントされた2枚の板を引き延ばした時に間に貼ってある布が広がることによってできる空間、など、近年の作品の成り立ちについて伊東豊雄さん自身が詳しく解説されていますので、スケッチや図版を見ながら「そうだったのか」と感心することしきりでした。
常日頃GA JAPANなどの建築雑誌で伊東豊雄さんの作品は見てきているのでどれも既知の作品ばかりなのですが、正直言って、建築写真と名称・所在地をチェックしていただけで肝心の論文の場所を読んできていませんでした(建築雑誌は定期購読しているわけでなく、借りるなどして短時間でパパっとめくって見ているだけなので)。せんだいメディアテークとかも、これまでは単にチューブが建築内を貫いている建築、などという表面的な理解でした。この本で初めて近年の建築の成り立ちや意図、伊東豊雄さんが目指す建築の姿を理解することができ、読んでみて良かったと思いました。ミニ作品集のようでもありますが、新しい空間作りのために次々と繰り出される新たな提案にボリュームを感じる建築理論紹介を重視した構成となっています。

伊東豊雄さんの作品はより生物的でより造形的になってきているように見えます。
自然を模倣しているようでもあります。建築内部に、自然のエッセンスを凝縮した第2の自然を作り出しているようでもあります。
渦を巻くように、そして幾何学、と言っても、一歩間違えるとカオスにはまりかねないものも、伊東豊雄さんの手にかかると大変美しくまとまります。
あまり特定の人のことを書くのはどうかとも思いますが、例えば藤本壮介さんなどが同様のことを行うと、まるで「とぐろを巻いた」ように建築が異様な雰囲気を醸し出し、ちょっと私などは「気持ちが悪い」「過剰だ」と感じてしまうことがあるのですが、伊東豊雄さんの生物的で有機的な造形は、常に美を保持していて少しも気持ち悪くありません。気になりません。色彩についても、伊東豊雄さんが使用する赤い色が、大変官能的であると常々思ったりもします。赤色について絶妙な使い方をされるのだなと思っています。
このバランス感覚や美的センスは生来的なものとしか言いようがないのではないかと思い、建築家というのは、一体いつどこで「美」についての感覚を身に着けるのだろうと知りたくもなってきます。

当ブログの過去記事で、私が最も好きな伊東豊雄さんの建築は「White U」だと書きましたが、その「White U」が最後の方に出てきます。ずっと昔、作品集で「White U」を見た時に、「本当に綺麗な建築だなあ」と思ったものです。その後数え切れないくらいの建築が出現して来ましたが、やはり伊東豊雄さんの建築の中では「White U」が最もそれらしい感じがしますし、あの何とも言えない白くてまったりして籠もり感のある異空間は、伊東豊雄さんにしか作り出せないもののように見えます。

でも、昔と比べて伊東豊雄さんの建築に対する印象はがらりと変わりました。昔はもっと軽いものを目指しているように見えていました。その軽さを私は少々敬遠していました。ところが伊東豊雄さんが元々持っていた軽さのようなものを全て妹島和世さんが持って行ってしまい、より重厚で落ち着きある趣ある造形だけが伊東豊雄さんの元に残ったかのような印象を現在受けています。で、それはとても良いことで、軽々しくない方が良いみたいです。貫禄があるというか、巨匠感が出てきてものすごく良くなっているように見えます。東洋のル・コルビュジエというだけでなく、東洋のオスカー・ニーマイヤーのようにも思えてきます。

おおよその感想は書きましたが、↓こんなふうに借りて来た本に付箋をつけながら読みましたので、付箋が付いている部分の中でも特に印象に残った部分を、少々書き出して終わりにしたいと思います。

8頁「当初イメージしていたストリートコンサートの楽しさが実現・・・・・もっとも感動的な出来事でした。」
18頁「・・・・・野外で本を読んだりコンサートを聴くような自由な楽しさをどうやって建築空間として実現できるのだろうか・・・・・」
89頁「・・・・・自然の中と同じような場所の違いを作り出すべきだと考えます。人が自由に場所を選べるような余地を残しておくべきなのです。」
141頁「彼らは矛盾を一方向で解決するのではなく、二律背反のままに統合する術を心得ているのです。」
141頁「理性と五感への訴えかけを共存させた建築、・・・・・」

f:id:jaunecitron:20181006162255j:plain

伊東豊雄さんの「日本語の建築」を読みました - Qu'en pensez-vous?

「建築」で日本を変える 伊東豊雄 著 - Qu'en pensez-vous?

あの日からの建築 伊東豊雄 著 - Qu'en pensez-vous?

新建築6月号建築論壇より - Qu'en pensez-vous?

「紙の建築 行動する」 坂茂 著 岩波書店 - Qu'en pensez-vous?

「再発見/ル・コルビュジエの絵画と建築」 林美佐 著 - Qu'en pensez-vous?

『小さな建築』 隈研吾 著 - Qu'en pensez-vous?

方丈という不思議な空間モデルから、ホログラフィック宇宙論へ - Qu'en pensez-vous?

本庶佑特別教授のノーベル医学生理学賞受賞とオプジーボから思うこと

本庶佑特別教授がノーベル医学生理学賞に決まり、オプジーボががんに効果があり、がん治療に第4の選択肢がもたらされた、ということで大ニュースとなっていますね。
本当に驚くべきことです。全世界の研究者たちが寝る間を惜しんで研究と新薬の開発を急いでいるのではないでしょうか。もう少ししたら、がんは治る病気となるかもしれませんね。これは凄過ぎます。
研究の過程で自己免疫疾患の症状がマウスに出た(ループス腎炎)ことでがん薬として使えるとわかった、との経緯を新聞で読みましたが、ということは、自己免疫疾患の特効薬もひょっとしたら今後出て来る可能性があると考えても良いのでしょうか。がん治療薬とは逆向きのものとなりますが。たぶんそれも研究者たちが必死に見つけようとしているところなのだと思います。
オプジーボが自己免疫疾患の仕組みを利用して作られたとすると、オプジーボにはやはりそのような副作用があるということなのかと思いました。実際テレビでも、重い副作用が出る場合もある、とは言っていましたね。でも末期がんの人も劇的に良くなるというのは、本当に希望です。抗がん剤は非常に体を弱らせると聞きますから、これは本当に希望ですし、今は皮膚がん肺がん胃がんに効くとの話ですが、すべてのがんが治るということに近い将来なったら、人類の寿命も伸びるかもしれませんね。
今回のこのオプジーボのニュースで真っ先に思ったのは、一体、生命保険会社とか、がん保険とかそういうのは一体どうなっていくのだろうと考えました。生命保険会社は持つのでしょうか。

それから、一般論としては、近未来にはがんが治る病気となるだろう、ということは非常に良いことなのですが、個人的には、というか、世の中の他の人達も私と同様のことを思っていた場合、困ることもあるかもしれないと思います。
以下の記事でも書いたように、

〈性格が悪い人〉悪質な人間性を持って生まれた人について - Qu'en pensez-vous?

私が「死んでほしいほど憎い」と念をかけている人が仮にがんになったとして、今までは「思い知ったか。天罰だ」と思えたかもしれませんが、自分が恨みを抱いている相手が簡単にはがんで死ななくなってしまう、ということになると思います。
それは本当に困ったことだと個人的には思っています。(!?)
個人的に深い恨みを抱いている人は1人か2人くらいで、その他の世界のほとんどの人達は皆、無関係の良い人たちで何の恨みもありませんし、良い人たちは苦痛なく長生きするべきだと思いますが、性格の悪い嫌な人間たちの集団もまた苦痛から逃れ、長生きすることができる世の中が近未来にやってくるのだなあと思うと、そういう悪い人たちには別の復讐方法を考えなければならない事態になった、と考えを巡らせているところです。(わりとマジで)

〈性格が悪い人〉悪質な人間性を持って生まれた人について - Qu'en pensez-vous?

何を食べるべきかがわかる本など、健康関連本4冊ご紹介 - Qu'en pensez-vous?

三越伊勢丹が3店舗を閉店するというニュース

三越伊勢丹が3店舗閉店するというニュースがありました。
これはかなりびっくりしましたし、こんな状態で本当に日本は大丈夫なのだろうか、東京オリンピックなんて開催しているような経済状態なのかな、と疑問に思いました。

toyokeizai.net

↑こちらの記事にはコメントが80件ついています。多くの方々に衝撃が走っている模様。

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」を購入しました - Qu'en pensez-vous?

 ↑この本の中でも、百貨店が消えるという話が書いてありましたが、早くも現実になってしまいました。
大変恐ろしいです。

正直言いまして、どうなんでしょう。

私は百貨店の化粧品売り場が大好きなんです。言う相手にもよりますが、大抵、周囲の人に百貨店の化粧品売り場が好きだというと驚かれます。で、買い物を頼まれたことまであります。全体の何十%くらいの人がそうなのかというのは不明ですが、百貨店の化粧品売り場が恐いみたいです。気後れする女性たちがいるのは事実のようです。ところが私は好きなんです。どういうわけか。
化粧品だけは、私は百貨店で買わないと気が済みません。これはどうしても。と言っても高価なためごくたまにしか行きませんが、必ず百貨店買いです。ドラッグストアとかでも化粧品は買えるじゃない、と言われても、絶対に百貨店が良いです。おもてなし感というか、直接人から買いたい、というのもあるかもしれません。化粧品カウンターで丁重なサービスが受けたいんです。私と同じようなこと考えている女性は行っているように思います。年配の女性も多く見受けられます。年を取った女性はお金がたくさんあるでしょうから。

ただ、言いたいことはあります。新宿伊勢丹の化粧品売り場は非常に覚悟がいる場所です。買いに行くときは、一応予算を決めて欲しいものをリストアップして、それだけ買いたいと思って行くんですが、新宿伊勢丹化粧品売り場はそれでは許してもらえません。必ずこちらを予算オーバーして帰らせます。ブラックです。自分が必要とも思わない口紅などを最後にもう一押しで勧めて買わせようとしてきます。必要でないものまで買わなければいけません。
ところが、郊外店舗に行くとどうでしょう。大変売込みが穏やかです。郊外百貨店の化粧品売り場は商売っ気が希薄で、必ず予算内で帰してくれます。自分が希望した商品だけを買うことができます。従って、常に私は百貨店は郊外へ郊外へ、田舎へ田舎へ、と流れます。気楽だからです。過剰に買わせられることが無いからです。
それが閉店となりますと、非常に困ったことだと思います。

最近は、洋服も、比較的きちんとしたものを着るべき状況が出てきたりもしているため、「オンワード樫山」あたりがきちんとして見えるかなあということで、買わなければならない時はオンワード系列で探したりもしています。オンワードは生地が立派で良いと思いました。でもやはり高いと感じます。本当に洋服なんてたまにしか買いません。

でも自分の状況が標準的とは決して思いませんし、他の方々がどのような消費活動をしているのか、どのような消費傾向にあるのかというのは、まったく知る由もありません。ただ一つ言えることは、子育てに非常にお金がかかると言うこと、ほとんどのお金が子供のため、その大部分が教育費に消えていること、それだけは確かだと思います。

でも百貨店が消えるなんて良いことであるわけがないと思います。ユニクロが悪いんじゃないの?ああいう画一的な洋服を全世界にばらまいて、飽和状態。着られれば何でもいい、という世の中になっているんじゃないの。安くいつでも着られるものがある、それは有難いことでもあるんだけど、誰も、品質の良いものを長く使うとか、そういう価値観が無くなって、何でも使い捨てで、購入の仕方も販売員の人との会話を楽しみながら買うなんてことも無くなってしまった。百貨店が無くなるなんて1つの文化が無くなるに等しいくらいの出来事に感じる。 

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」を購入しました - Qu'en pensez-vous?

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が半端ない恐さ - Qu'en pensez-vous?

WOWOWを再契約しました、もちろんテニス観戦のために - Qu'en pensez-vous?

テニスクラブ/テニススクールにお子様を通わせるメリット - Qu'en pensez-vous?

ローリン・ヒル全盛の時代から洋楽は少しも変わっていない

33歳を過ぎると新しい音楽を聴かなくなる、と言われているそうですが、常々当ブログ音楽カテゴリにいろいろ記事を書いていて、多分、「ここの管理人は年齢不相応の音楽を聴いている」ときっと読者の方々から思われているんだろうなあと、自分で薄々思っていたところです。

そこで、なぜ私がいろいろ耳慣れしているのか原因を考えてみていました。そうすると一つ思い当たったのは次の曲です。

www.youtube.com

ローリン・ヒルの「Ex-Factor」という曲なんですが、たぶん、これじゃないかと思うんです。ちょうどブリトニー・スピアーズが全盛だった頃とローリン・ヒルの黄金期は重なっているはずなんですが、当時住んでいた住居がケーブルテレビをつけると、ずらりと音楽チャンネル数局が充実していて、ある時期などは、ローリン・ヒル「Ex-Factor」ばかり繰り返し流れているような状況が確かにありました。
当時も良い曲だなあと思っていたものの、結局、アルバムは買わず終いでした。ローリン・ヒル「ミスエデュケーション」というアルバム、アートワークも有名ですけど、めちゃくちゃ売れに売れまくったアルバムのはずなんですけど、とにかく私はあまりに毎日ケーブルテレビでミュージックビデオでさんざん見て聴いているので買いもしませんでした。今もたまにCDショップに行くと、R&Bの棚に「ミスエデュケーション」が名盤として紹介されていますが、もう聴き飽きたくらいの勢いで、結局買うに至りません。

今回思い返してローリン・ヒルの何曲かをYouTubeで視聴して、やっぱりいい曲だなあと思って結局何回も「Ex-Factor」を繰り返し聴いていたところ、どんどん気持ちが沈んで行き、鬱々として、最悪の精神状態に落ち込みました。この曲、なんか精神衛生上悪いです。めちゃくちゃ暗い気持ちになる。

でも、思ったんですが、この時代から、少しも音楽が進歩していません。現在の洋楽の原型がすべてローリン・ヒルのアルバム「ミスエデュケーション」の中にあります。

結論としては、ローリン・ヒルによって若い頃の私の耳がソウル~R&B~ヒップホップ~ラップに適応するようにもう耳が基礎を得ているので、それ以降の音楽も自然に入ってくる、そういうことではないかと思いました。
90年代の最後に大ヒットしたローリン・ヒルの頃から、特に黒人音楽の世界は何一つ大変革は起こっていません。全部ローリン・ヒルの変化形・進化形でしかありません。なので、平然とどんどんと現代の音楽が聴けます。
皆様、謎は解けましたでしょうか?

なお、ローリン・ヒルが今何をしているのかと思ってウィキペディアを見ましたところ、脱税で服役との文字がありました。まったく困りましたね。
でもこれで理由がわかりました。ローリン・ヒルのコーラスをやってた人が、ジョン・レジェンドのコーラスに引き抜かれたそうなんですが、ボスが逮捕されてしまったので、再就職先がジョン・レジェンドの所だったんだ、ということがわかりました・・・。

いろいろありますね。でも音楽って、「音で、楽しい」と書くのに、「Ex-Factor」聴いて鬱々としてくるのでは、これは音楽と呼べるのか!と、若干怒り始めてしまいました。

というわけで、鬱々した気分を吹き飛ばそうと思って聴いた別のアーティストのチョイ懐メロ曲(有名)があるんですが、それはまた後日紹介すると思います。

ジョン・レジェンドの音楽との出会いは2006年のことだった - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド来日公演3月13日火曜日分ライブリポート JOHN LEGEND LIVE IN TOKYO Mar 13 Tue - Qu'en pensez-vous?

ブリトニー・スピアーズ来日公演初日代々木第一体育館行ってきました! - Qu'en pensez-vous?

最近の朝ごはんは低糖質高栄養にチェンジ

f:id:jaunecitron:20181006162329j:plain

ミックスナッツは噛むのが硬くてあごが疲れるので必ずしも毎日は食べませんが、でもこの量で200キロカロリー以上あるので、ぜんぜん食べたくないけど外出前に何か食べないとおなかが空くという時には、ナッツだけでカロリーが取れるので安心です。
バナナ、プルーン、ケール、牛乳のスムージーは必ず毎日。
バナナ、ケール、牛乳でグラス1杯、蒸し黒大豆、プルーン、豆乳で、グラス2杯目、という日もあります。写真はほんの一例です。
ヨーグルトは最近はビヒダスが気に入っています。
茹で卵は2個です。別にたくさん食べても悪くないという情報を得たので。それにタンパク質だし完全栄養食だというので2個で。
写真奥は、黒豆茶です。お茶がらとなった黒大豆は夕方になってからおやつに食べる感じです。

アボカドも良く食べますが、これは粒マスタードを付けてます。結局後からケチャップも追加しました。

f:id:jaunecitron:20181006162307j:plain

 塩ヨーグルトならひんやり冷たいヨーグルトがたっぷりいただける - Qu'en pensez-vous?

魚が食べたい。第一希望は煮付け、第二希望はポワレ。 - Qu'en pensez-vous?

何を食べるべきかがわかる本など、健康関連本4冊ご紹介 - Qu'en pensez-vous?

レシピの生地半量分で作るタルトタタン風ケーキ

毎年タルトタタン風ケーキを、藤野真紀子さんのレシピの変化形で作っています。藤野真紀子さんのレシピは、ちょっとケーキの部分の分量が多いので、生地の分量を表示の半量のレシピで作って、りんごがメインになるようにしてます。

必ずしも毎年撮影していないですし、写真自体があまり綺麗な写真で無いので申し訳ないですが、2014年くらいに作ったものだと思います。この年は色がきれい。

f:id:jaunecitron:20181006162147j:plain

f:id:jaunecitron:20181006162156j:plain

次は2016年くらいのタルトタタン。色が悪いです。出来が年によってまちまちです。

f:id:jaunecitron:20181006162220j:plain

今年ももちろん作る気満々でりんごはたくさん買ってあるのだけど、どういうわけかあらゆる店からアーモンドプードルが消えて無くなっていて、材料が揃わないのでタルトタタンが作れない状況になってます。困った。

というわけで今年は未作成です。11月~12月寒くなると特においしく感じると思う。

あけおめことよろⅡ - Qu'en pensez-vous?

卵を味わうスイーツ クレープとカスタードプリン - Qu'en pensez-vous?

お弁当の卵焼き改革「だしみつ」by松本忠子先生

毎日お弁当を作っています。厚焼き玉子に苦情が出ることが多かったので、ずいぶん昔に買った「NHKきょうの料理」のテキストを引っ張り出して来て対策を考えました。というか、前々から「きょうの料理」2002年3月号(2002年!)に載っている松本忠子先生の「だしみつ」というのを作り置きしておいて卵焼きの時に使えば、味が一定になって朝の調理が楽になる、「だしみつを作らなきゃだしみつを作らなきゃ」と思っていたのにずっと面倒臭くて放置していました。やっと「だしみつ」を作る気になって材料を煮詰めて容器に保存したところ、これがもう完璧でした。卵1個に対して「だしみつ」を大さじ1入れてかき混ぜて焼くだけで、まるでお寿司屋さんの卵焼きみたいなおいしい味の卵焼きがお弁当に詰められるなんて感激です。もっと早くやれば良かった!
更に、この「だしみつ」を使って鶏そぼろも美味しく作れます。これもテキストに載ってました。と言っても、2002年3月号ですので今頃言っても遅かった。ここにレシピを掲載するのは無断転載になりますから書けません。もし松本忠子さんの著書があるようならレシピが載っているかもしれません。というかそもそも論としてご存命なのでしょうか?

何だかちょっと詰め方が変ですが、ある日のお弁当の一部。↓

f:id:jaunecitron:20181006162236j:plain

 4月からのお弁当作りに備えて購入したレシピ本3冊 - Qu'en pensez-vous?

作り置きで人生が変わった<お助け食材編> - Qu'en pensez-vous?

塩ヨーグルトならひんやり冷たいヨーグルトがたっぷりいただける - Qu'en pensez-vous?