Qu'en pensez-vous?

空間について考えます

ドキュメンタリー映画『ホイットニー オールウェイズ・ラブ・ユー』を見て戦慄が走った

2012年に急逝した世界的歌手ホイットニー・ヒューストンドキュメンタリー映画『ホイットニー オールウェイズ・ラブ・ユー』が公開中とのことで、早く行かないと終わってしまいそうと思い、見に行ってきました。

劇場内にはすすり泣きの音など聞こえてきていましたが、私自身は泣くというよりも、見終わった後、ぼう然としてしばらく立ち上がれなかったです。衝撃的な内容でした。
ぼう然というか、戦慄が走ったと言ってもいいくらいのショックでした。もう少し、エンドロールを長くして、最後ホイットニーのステージ映像などをもっともっと長くして、我々観客のショックを和らげてから(クールダウンの時間を設けてから)映画館を出て行けるように映像を構成してほしかった、と、このドキュメンタリーの監督に対して思ったくらいです。

本当にびっくりです。

映画館を出てからも、ず~っと考えてました。どうしてこうなったのか、死因というか、ちょっと変じゃないか、とか。

人にはそれぞれ与えられた宿命がある、なんて軽々しい言葉では片付けられないです。重いです。

しばらくしてから急に思ったんですが、ホイットニーの家族や周囲のスタッフの証言で、「ホイットニーの娘が『母親に自分がやったと気付かれずに母親を殺したい』と言っていた」という話があったのを思い出し、ん!?ってことは、娘がひょっとしたらカップケーキに薬物か毒物を混入させて殺害したのかもしれない!?などと思いました(ホイットニーは取り巻きの人に、バスルームにカップケーキ2個を持って来させたそう。そのカップケーキは誰が食べても具合が悪くならないものだったのだろうか?)。娘も、2015年に母親と全く同じ状態でバスタブで溺死状態で発見され、意識を取り戻すことなくその半年後に22歳の若さで亡くなったそうですので、もしかすると娘が・・・ということもあるのかも・・・・・。いえ、これはあまりにも不幸過ぎますので、そんなこと考えたくもありませんが。でも、あの親族のおばさんが、ホイットニーの娘のことを語ろうとした時、激しく泣き崩れたのは変だと思った。何か、核心に迫ることを知っているからあんなに泣いたのでは、と思った。ホイットニーはマイケル・ジャクソンとも晩年交流があったとありましたので、麻酔薬の入手など、娘などでも可能だったのかもしれません。
公式には、バスタブでの溺死は、薬物による心臓発作が原因となっているらしいです。

死因はともかく、ホイットニーの幼少期からの深刻なPTSDと成り得る体験が語り尽くされています。

しかし、それと引き換えに、天からのギフトとも言えるあの歌声と歌唱力。

でも、このドキュメンタリーで触れられていなかったのは、「ボディガード」テーマ曲の後は大きなヒット曲に恵まれなかったということではなかったかと思います。
薬物中毒になったから売れなくなったのか、売れなくなったから薬物中毒が一層ひどくなったのか、どちらが先なのかわからないですが、でも、最後の最後には、リハビリ施設に入り、しわがれていた声を最盛期の声にまで戻し復活を遂げた、となっていて、順調に行っていた矢先の死去だった、という流れになっていました。

悲しいです。とても悲しいし、ショックだし、まだこのドキュメンタリーの衝撃が消えません。
でも、ホイットニー・ヒューストンはスーパースターに違いないですし、亡くなった今でも、世界的歌手として君臨し続けていると思います。

もう少し、ホイットニー・ヒューストンのステージ映像をたっぷり見たかったと思いました。ほぼ、周囲の人達の証言でした。
これでは、ホイットニー・ヒューストンの曲をまったく知らない人が見たら(それは無いでしょうけど。最低でも、映画ボディーガードの「i will always love you」はどこかで耳にしたことはあるはずですが)、ヒット曲一覧が全然わからないまま終わってしまうドキュメンタリーです。私はほとんどホイットニー・ヒューストンのヒット曲を知りません。
実は私は、日頃R&Bが好きで聴くわりには、歌い上げるタイプの歌手が実は苦手で(マライア・キャリーも苦手)、わりとベターっと歌うタイプが好きで、ホイットニー・ヒューストンは盛大に歌い上げるタイプですので実はぜんぜん聴きません。ただ、唯一、「saving all my love for you」という曲だけは大好きで、強く心に残っている曲だったので、今回このドキュメンタリー映画を見る原動力となりました。
たった1曲「saving all my love for you」が好きなだけでも、ドキュメンタリーを見たいと思わせるくらいの影響力があります。他にも、「the greatest love of all」も比較的好きな方ですね。最初期の頃の、歌い上げない控え目なメロディ/声量のパートがほどんどを占める曲の方が、私は好みです。
あと、ドキュメンタリー中でも随所で語られていましたが、本当に、ホイットニー・ヒューストンは美しかったと思う。
言えることは、偉大な歌手だったということ。それは確か。Rest In Peace.

ジェニファー・ハドソンのおかげでビートルズの曲を知った - Qu'en pensez-vous?

ローリン・ヒル全盛の時代から洋楽は少しも変わっていない - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド来日公演2018年3月13日火曜日分ライブリポート JOHN LEGEND LIVE IN TOKYO 2018 Mar 13 Tue - Qu'en pensez-vous?

ニューヨーク発エンパイア・ステート・オブ・マインドでお祭り気分の年越し! - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ、タイガ、セレーナ・ゴメスMVが同じ住宅建築を使用し撮影されている~フィリップ・ジョンソン風建築~

アリアナ・グランデのニューアルバム「thank u, next」の中の1曲、「break up with your girlfriend, i'm bored」を見ていて気が付いたんですが、ちょうど1年前に紹介済みの、タイガ「u cry」という曲のミュージックビデオの舞台になっている住宅建築と同じ建築で撮影されているようだと気が付きました。

ラッパーTygaのバレンタインリリース「U Cry」が良い曲 - Qu'en pensez-vous?
さらに、1年前、タイガの「u cry」を見た時に、これは多分、セレーナ・ゴメスの「hands to myself」の建築と同じ建築ではないかと思っていたので、この度、この3つのミュージックビデオを改めて確認しました。

ラッパーTygaのバレンタインリリース「U Cry」が良い曲 - Qu'en pensez-vous?

多分、合っているのではないかと思います。この3つのビデオ、同じ住宅建築を舞台に撮影されていると思います。(他の2曲のビデオについて敢えてリンクはつけません。YouTubeで曲名で検索すれば出てきます)
中央階段付近のアンバーのペンダントライトが、これら3つのMVに共通して出て来るので、確実ではないかと思いますがどうでしょうか?

ビデオの時系列的には、
セレーナ・ゴメス「hands to myself」がもっとも古いです。
タイガ「u cry」がちょうど1年前(2018年2月バレンタイン)のリリースです。
アリアナ・グランデ「break up with your girlfriend, i'm bored」は最近出たもの。

ラッパーTygaのバレンタインリリース「U Cry」が良い曲 - Qu'en pensez-vous?

この住宅建築、どこの事務所の設計か不明ですが、新手のフィリップ・ジョンソン風と言いますか、フィリップ・ジョンソンを強引に多層バーションにして、「ガラスの家」と「レンガの家」をコラージュしたような雰囲気を持たせた建築ではないかと思いますがどうでしょうか?

円形の窓部分がレンガの家に似ていて、その他の部分はガラスの家を多層にした住宅っぽく見えます。内部にシリンダーのようなものは無さそうですので、実際にはガラスの家とはかなり違うとは思いますが(大幅に俗物感がプラスされているかもしれない)、大雑把にくくればフィリップ・ジョンソン風に見えます。黒フレームのガラスの建築、全体的に茶系でまとまっているなど。

この建築の特徴を最も良く捉えて撮影が行われているのが、タイガ「u cry」ではないかと思います。次にセレーナ・ゴメス「hands to myself」、一番わかりにくいのがアリアナ・グランデ「break up with your girlfriend, i'm bored」と思います。アリアナ・グランデ「break up with your girlfriend, i'm bored」は建築から見える風景というかランドスケープからタイガのMVのものと同じ建築ではないかと気が付きました。

「同じ建築で撮影してるからって何なの?」という意見を持つ人もいるかもしれませんが、1949年の作品であるフィリップ・ジョンソン「ガラスの家」と透け透け感が酷似した住宅建築が、2010年代の今こうしてミュージックビデオの舞台として使用されるということは、今になってもその美しさや先端性に変わりがないということを示しているとも言えるかと思いますし、さらには、建築とランドスケープとの一体化という大きな特徴もあるのではないかと思います。ランドスケープとの調和による美が、これほど連続して音楽動画の撮影現場となる理由かもしれません。

あ、それから、セレーナ・ゴメスのことでずっと書いてこなかったことがあったのでこの機に書きますと、セレーナ・ゴメスは命に関わる難病を患っていて・・・というか正確には、ザ・ウィークエンドと交際したことでその病気が悪化したものと思われ(女性ホルモンが関係すると言われる病気)、結局二人は破局したのですが、それで良かったと思いますよ。命に関わるそうですので。別れた直後に出た曲も、その病気の症状を象徴する曲名が付けられたということで、現在は、本当は芸能界をやめた方が良いくらいの深刻な病状なのではないかと思われます。
ですので、上記に紹介の「hands to myself」は刺激的な映像を含んでいますが、そのような映像を面白おかしく楽しんでいる場合でない程の大病をセレーナ・ゴメスは現在患っているため、セレーナ・ゴメスに対してはそっとしてあげておいてほしい、ということを男性の読者の方々には強く念を押してお願いしておきたいと思います。 

ラッパーTygaのバレンタインリリース「U Cry」が良い曲 - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ、早くもニューアルバム「thank u, next」をリリース - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ、早くもニューアルバム「thank u, next」をリリース

アリアナ・グランデのニューアルバム「thank u, next」が2月8日に発売されました。

管理人はCD購入しましたが、まだ開封もしてません。
でも既にYouTubeで4、5曲くらいは視聴しているのがあるのでだいたい雰囲気はわかる感じです。

だんだんアリアナ・グランデも当ブログには貼り付けられないレベル&内容のミュージックビデオが増加してきています。

「7rings」は私が知る限りでは2パターンビデオがある模様で、オリジナルと、ニッキー・ミナージュが客演してるのがあるようですね。
「7rings」かなり良い感じですけど。映像ピンクっぽくてかわいいです。また頭の猫耳位置に、ファーお団子?×ビジューが下がってるのもかわいいです。ボディスーツみたいな衣装もかわいい。
何でも、アリアナ・グランデがまたタトゥーを入れたとかで、それが、『七輪』と彫ってしまい、それ指輪じゃなくて日本のグリル!との指摘が入ってしまったらしいですね。

私は、「imagine」の、ジミー・ファロンの番組内で披露してる動画が好きです。「thank u, next」についても、前にも書いたように、エレンさんの番組内で披露してる動画が好きです。
テレビ番組で歌ってる方が、ものすごく作り込んだビデオよりも普段の様子がわかるので好きです。いずれもYouTubeにあります。

「break up with your girlfriend, i'm bored」のビデオについては、撮影舞台の建築について書くべきことがあるので、別の記事で書きます。↓

アリアナ・グランデ、タイガ、セレーナ・ゴメスMVが同じ住宅建築を使用し撮影されている~フィリップ・ジョンソン風建築~ - Qu'en pensez-vous?

「thank u, next」のアルバム全体のレビューについては、何か思うことがあったなら、また後ほど感想挙げます。

それから、別のアーティストの情報となりますが、ほんの数時間前に、ジョン・レジェンドの新曲「preach」がYouTube上にリリースされました。ジョン・レジェンドについても、本当は2018年12月中に、とある1曲についてコメントしたいことがあったのに忘れて過ごしてしまったので、また様子を見て後ほど書くかもしれません。

新曲ラッシュのアリアナ・グランデ、曲がどんどん良くなっている - Qu'en pensez-vous?

〈引退回避を願う〉アリアナ・グランデの行く末を案じながら聴く何気ない3曲 - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデに再び衝撃的な悲報がもたらされる - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ「get well soon」の作曲者本人(ファレル・ウィリアムス)が歌うバージョンが聴きたい - Qu'en pensez-vous?

実力派歌姫アリアナ・グランデが試みるラップ「the light is coming」 - Qu'en pensez-vous?

今週末発売アリアナ・グランデのニューアルバムが出ます - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド来日公演2018年3月13日火曜日分ライブリポート JOHN LEGEND LIVE IN TOKYO 2018 Mar 13 Tue - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンドの音楽との出会いは2006年のことだった - Qu'en pensez-vous?

2019年グラミー賞、当ブログのおすすめも幾つか含まれていました

2019年グラミー賞、当ブログで話題に挙げた楽曲、アルバム、歌手など、受賞していましたので過去記事と照会してみたいと思います。

まず、2019年グラミー賞司会はR&B歌手のアリシア・キーズが行いました。アリシア・キーズについては、こちらの記事で取り上げてありました。↓

ニューヨーク発エンパイア・ステート・オブ・マインドでお祭り気分の年越し! - Qu'en pensez-vous?

最優秀R&Bソング賞は、こちらの記事で紹介済みの、エラ・メイ「boo'd up」が取りました。↓

2018年の洋楽シーンを振り返る - Qu'en pensez-vous?

2018年はエラ・メイの年と言ってもいいくらいのヒットだったと思います。

2018年の洋楽シーンを振り返る - Qu'en pensez-vous?

同じく、↑この記事では、ドレイクについては「in my feelings」のことを書いていましたが、ドレイクは「God's Plan」で最優秀ラップ楽曲賞を取りました。
個人的に「God's Plan」があまり好きではなく、「in my feelings」の方が好きと思っていたら、MCのアリシア・キーズも、メドレーでドレイク「in my feelings」の方をカバーしていました。「God's Plan」はミュージックビデオに問題がある気がする。要は、富の再分配に関する考え方の問題なんだけど、ドレイクのこの宝くじ方式ってどうなの?という気がした。もっと行き渡るべきところにお金が届くようなやり方でお金を配るべきではなかったのかと、見ていて釈然としないミュージックビデオ。もっと経済などの専門家に意見を聞いたら良かったのでは?とか、最悪マイケル・サンデルに聞きに行けば?とか思った。

最優秀ポップ・アルバム賞(ボーカル)をアリアナ・グランデ「sweetener」が取りました。アリアナ・グランデについては2018年のブログでたくさん書きました。↓

新曲ラッシュのアリアナ・グランデ、曲がどんどん良くなっている - Qu'en pensez-vous?

〈引退回避を願う〉アリアナ・グランデの行く末を案じながら聴く何気ない3曲 - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデに再び衝撃的な悲報がもたらされる - Qu'en pensez-vous?

アリアナ・グランデ「get well soon」の作曲者本人(ファレル・ウィリアムス)が歌うバージョンが聴きたい - Qu'en pensez-vous?

実力派歌姫アリアナ・グランデが試みるラップ「the light is coming」 - Qu'en pensez-vous?

今週末発売アリアナ・グランデのニューアルバムが出ます - Qu'en pensez-vous?

というわけで、昨年音楽系雑談カテゴリで書いた内容がグラミー受賞作品を含む結果となり嬉しく思います。

〈お知らせ〉次回以降の更新となる内容は以下の通り

少々、旬な話題の記事の方を優先して更新するために、予告していたTMネットワーク関連の記事(CAROLと、好きな曲)についてはまた次回以降の更新とします。本当は書きたくてまたらないんですが時間が限られていることもあり、またの機会にせざるを得ません。

TMネットワークはやはり偉大だった~DVD「TM NETWORK 30th FINAL」を見て感激した~劇場版「シティハンター」エンディングテーマ曲はもちろん「GET WILD」 - Qu'en pensez-vous?
建築についても、哲学系書籍ではなくて、今度は建築関連書籍の資料不足のため、次回以降の更新となります。
今回の更新で、ミュージックビデオ内の住宅建築についての言及は行います。↓

アリアナ・グランデ、タイガ、セレーナ・ゴメスMVが同じ住宅建築を使用し撮影されている~フィリップ・ジョンソン風建築~ - Qu'en pensez-vous?

本記事は後ほど削除予定です。

アリアナ・グランデ、タイガ、セレーナ・ゴメスMVが同じ住宅建築を使用し撮影されている~フィリップ・ジョンソン風建築~ - Qu'en pensez-vous?

TMネットワークはやはり偉大だった~DVD「TM NETWORK 30th FINAL」を見て感激した~劇場版「シティハンター」エンディングテーマ曲はもちろん「GET WILD」 - Qu'en pensez-vous?

TMネットワークはやはり偉大だった~DVD「TM NETWORK 30th FINAL」を見て感激した~劇場版「シティハンター」エンディングテーマ曲はもちろん「GET WILD」

ちょうど1年前小室哲哉さん引退について以下の記事を書きました。↓

引退表明した小室哲哉の新曲「Be The One」が全盛期を彷彿とさせる名曲で心に響いた~TMネットワーク時代からのファンが語ります~ - Qu'en pensez-vous?

1年前、2018年の1月2月小室哲哉さんの曲「be the one」をYouTubeで見て過ごしました。
どうやら私は1月2月になると小室さんの曲が聴きたくなるらしく、2019年1月はほぼ丸々TMネットワークを聴いて過ごしました。

小室さんの引退宣言によりTMネットワークのいろんなものを買っておかないと後々入手困難になるかもしれないと思い、とりあえず1枚購入して置いたこちらのDVD(↓)を、見事に1年間放置して、ようやく2019年1月になって見たことがきっかけでした。

f:id:jaunecitron:20190206005905j:plain

買って1年間も放置してどうして見る気になったかと言いますと、以下の記事に書いた出来事が大きいです。↓

いじめやハラスメントの加害者に対して被害者が反撃しても罪に問われない復讐システムを確立すべきだ - Qu'en pensez-vous?

苦しく辛い現実を目の当たりにすると、人間はその出来事が起こる以前の、今の困難な状況が生まれるずっと以前の、まだ自分が安全だった日々に戻りたくなるものです。つまり、TMネットワークを聴いて楽しく過ごした幼い頃の安全な日々に退行して身の安全を確保しようとしているんだと思うんですが、理由は何であれ、2019年1月はTMネットワークを聴いて過ごしました。

↓こちらの「TM NETWORK 30th FINAL」というDVDを見たんですが、本当に感動しました。

f:id:jaunecitron:20190206005905j:plain

大感激!
TMネットワーク、最高です。

昔は、「children of the new century」という曲があまり好きではなかったんですが、今回DVDで見て「こんなにいい曲だった?」と急に大好きになりました。DVDでは「children of the new century2015」となっていたので、多少リニューアルされてるのかもしれません。
children of the new century」は「humansystem」というアルバムに入ってるので、またこの曲ばかり再生してました。何度も聴いているうちに、華原朋美の「keep yourself alive」って「children of the new century」によく似ているな~と思いました。
他にも、「electric prophet/電気じかけの予言者」がだんだんglobeの「feel like dance」や「precious memories」に聴こえてきたりもする。

↓アルバム「humansystem」!なんと懐かしい!!!私が中学生の頃に聴いていたものです。失くしたのかと思っていたら、親の家に置いてあっただけだったので持ち帰りました。

f:id:jaunecitron:20190206005920j:plain

DVD「TM NETWORK 30th FINAL」、買っておいて本当に良かった!

衝撃だったのが、昔は、小室さんは、ステージ向かって右側にいたのに、最近は左側にいること!このDVDを見る前に、YouTubeavex公式のTMネットワーク2014年ライブ動画なども1曲ずつ挙がってたので、それを見て、小室さんの位置が昔と違うことはわかってはいたものの、やはりどう考えても気持ちが悪い。木根さんと小室さんの位置が昔とは逆転してます。どうしてこうなっちゃったのか、私は不信心なファンなので経緯がさっぱりわからないのですが、今はそうなってしまったようです。昔みたいに、木根さん左、小室さん右がいいな~。
他にも、メンバーの序列というか、昔は宇都宮隆さんが筆頭に書かれるのが常でしたが、今となっては「小室哲哉」とTMネットワークの中で一番目立って言われる人なんだ、と驚きました。それは功績から言って当然か。

それに、これ、横浜アリーナにて開催のライブ、横アリのキャパ1万7千人に、長年のファンが2日間に亘り詰めかけ、その前年、全国ツアーもあったそうですから、やっぱりTMネットワークってファンの数、相当数いますね。全国で数十万人規模?
私みたいな、昔はTMネットワークのコンサートは必ず行っていたけど、大人になってからはすっかり離れてしまっていて、30thのライブは行かなかったけど、実はTMネットワークのファンでしたっていう隠れファンは相当数いるのではないかと思う。そういう隠れファンも含めたら軽くファン人口100万人は越えるんじゃない?と思った。と、考えると、TMネットワークは偉大だ!
(これがまた、J-POPにはかなり宗派対立があって、TMネットワーク派以外に、B’z派ドリカム派ミスチルラルク派とかいろいろあって、拮抗、対立しているものと思われます)
小室哲哉をスクープ記事にあげた週刊文春が総攻撃を喰らう理由も納得が行く。ファンってのは、基本、信者ですので、信仰の対象がいなくなったら困るんですからね。

私などは浮気者で、2000~2010年代は他のアーティストのライブに通ったりしていましたが、TMネットワークの信心深いファンは本当に信仰心・忠誠心が厚い!
というか、私も30thライブ行きたかった!行けばよかった!
人は33歳を過ぎると新しい音楽を聴かなくなるというデータがあるのだそうです。
昔と同じ音楽をずっと聴き続けるということを、私はなるべくしないように、どんどん新しいもの新しいもの、と、刷新し続けようとしているんだけど、そうしないでずっと同じ音楽を聴き続けるのも悪くないものだなあと突然思いました。
なぜ次々と聴くものを刷新すべきと思っているかというと、特定の音楽しか聴かなくなるというのは脳の老化と関係あるのではないかと思い、新しい音楽をどんどん受け入れ、脳を若く保つべきではないか、そうすることによって、考え方全般、知識や考え方も保守的なものや頑固さに凝り固まるのを防ぎ、思考の柔軟性を保ち続けられるのではないか、という、一種の脳の健康法の1つとして常に新しいものを聴いているのだけれど、TMネットワークだけは、いつ聴いても本当に素晴らしいし、ハッピーな気持ちにさせてくれるし、子供の頃の夢見るハートを取り戻すというか、胸がきゅんとして最高です。

DVD「TM NETWORK 30th FINAL」は、アルバム「CAROL」の中の数曲も収録されてて最高です。「CAROL」については、また今度、別の記事で改めて書きます。TMネットワークで好きな曲とかについてもまた別に書く予定でいます。

1月2月は1年の中でも最も寒くなるし日照時間も減るし、全体的に気が滅入る季節、そんな季節、私たちの日常を明るく励ましてくれる音楽があるのは嬉しいことです。TMネットワーク最高!この3人組、国宝級じゃないですか?
しばらく潜伏していて、必ずまた小室哲哉さん出てきてほしいと思いますね。再びTMネットワークで活動してほしいと思います。というか、宇都宮隆さん、ご病気だったらしいですけど大丈夫なのでしょうか。ソロのライブが組まれているようなので大丈夫そうに見えますが心配です。
ところで先程、本日夕刻、2019年2月8日公開、劇場版「シティハンター」の広告を、たまたま街中で見かけましたが、映画エンディングテーマ曲であるTMネットワークGET WILD」の宇都宮隆さんの軽やかな歌声が通りに響き渡っていました。小室哲哉さんが引退を表明したところで、誰もTMネットワークをやめさせることなんてできません!だってTMネットワークは今も熱烈に支持されているんですから!

引退表明した小室哲哉の新曲「Be The One」が全盛期を彷彿とさせる名曲で心に響いた~TMネットワーク時代からのファンが語ります~ - Qu'en pensez-vous?

J-POPの衰退が少子化問題と関係あるとしたら - Qu'en pensez-vous?

2018年の洋楽シーンを振り返る - Qu'en pensez-vous?

ジェニファー・ハドソンのおかげでビートルズの曲を知った - Qu'en pensez-vous?

ニューヨーク発エンパイア・ステート・オブ・マインドでお祭り気分の年越し! - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド来日公演2018年3月13日火曜日分ライブリポート JOHN LEGEND LIVE IN TOKYO 2018 Mar 13 Tue - Qu'en pensez-vous?

ブリトニー・スピアーズ来日公演初日代々木第一体育館行ってきました! - Qu'en pensez-vous?

Architectural Digestより、ファッションデザイナー、マイケル・コースの屋上の楽しみ方など

Architectural DigestのYouTube動画で、有名人のお宅を訪問し建築内部やインテリアを紹介する動画が挙がっています。

きっかけは、Architectural Digestで、シンガーソングライターのジョン・レジェンドのカリフォルニアの旧宅(中古住宅らしいです)や、ニューヨークのペントハウスのインテリアの紹介をかつて見たことでした。

近頃、Architectural Digestを再びチェックしてみたところ、ファッション・デザイナーのマイケル・コースのペントハウスフロアの様子をやっていました。
なんと、これを見て初めてわかったのですが、マイケル・コースはゲイでした。同居するパートナーの性別は男性です。あ~、これはまた・・・気持ちが悪いですが、でも思ったよりずっと、陽気で楽しいおじさんでした、マイケル・コースさん。明るくて、そんなに悪い印象は持ちませんでした。

ボウルが至る所に置いてありました。鉢というか、陶芸作品のような鉢。
マイケル・コースの亡き友人の彫刻作品も置いてありました。

さらに、ペントハウスの屋上テラス部分の使用例を見ることができたので、是非参考にしたいと思い、目に焼き付けました。
ベリーを育てているご様子。ギラギラした感じも無く、ささやかで、爽やかなイメージの感じの良い屋上でした。

マイケル・コースはゲイでも、良い人感は伝わって来たので、今度マイケル・コースの商品見てみるかも。家の内部を見て、実際に本人から話があって説明を聞くと、この人の商品なら買っても良いかもと思わせるものがある。
ゲイでもちゃんと生活してる雰囲気が伝わって来た。
温かくてリラックスしているけれど、同時に、クリエイティブでポジティブな雰囲気もしました。

他にはですね、Architectural DigestでDJのZEDDのカリフォルニアの邸宅が見れました。ZEDDは、アリアナ・グランデ「break free」でフィーチャリングしてたのでわかる人も多いと思います。ZEDDの自邸は、中古住宅購入らしいです。こちらはあまりいいと思わなかったですね~。家に住まわされてるような、まだ引越し間もない様子で工事中の場所もあって、少々ZEDDと不釣り合いに見えました。

インテリアを紹介されると、何となく、人柄というよりも、その人の持つエネルギーみたいなものが伝わってしまうもので結構恐いな~、と思いました。

ちなみに、シンガーソングライターのジョン・レジェンドのカリフォルニアの邸宅と思われる内部空間は、2018年3月の来日公演でのスクリーン映像中に大々的に登場していました。以前Architectural Digestで紹介されていた中古住宅(ケイティ・ペリーかリアーナが住んだ後に入居したとかいう話だった気が)と同じ邸宅なのか、カリフォルニアの更なる新居なのかは不明です。カリフォルニアとニューヨークの家を行き来しているのではないかと思われます。ルナちゃんの誕生祝いで年齢「1」を象った巨大なフラワーアレンジメントが置かれたテーブル。窓から見える植物。奥の方にある寝室。煉瓦色~赤茶系の暖色系の壁紙の部屋。でも、そう言えば、いつもツイッターとかに挙がってる、アイボリーのインテリアで上の方に巨大なテレビが取りつけてあってテレビ前が少々お籠もり空間風になっていてその左後方辺りに白い光が差す大きなキッチンがある家は、あれはどっちの家なんだろう?どっちがカリフォルニアでどっちがニューヨークの家なのか、それぞれ新旧どちらの住居なのかも不明。

ラ・ロッシュ邸 ル・コルビュジエ コルビュジエ財団 その3 - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンド来日公演2018年3月13日火曜日分ライブリポート JOHN LEGEND LIVE IN TOKYO 2018 Mar 13 Tue - Qu'en pensez-vous?

ジョン・レジェンドのクリスマスアルバム「A LEGENDARY CHRISTMAS」から名曲が続々お目見え - Qu'en pensez-vous?

新曲ラッシュのアリアナ・グランデ、曲がどんどん良くなっている - Qu'en pensez-vous?

夏の屋上生活その2 屋上でできること - Qu'en pensez-vous?

夏の屋上生活、夏は夜が格別です - Qu'en pensez-vous?